ホーム>HOT TOPIC>2021年4月27日蠍座満月~ココはしばらく静かに動かず自らを見つめよう~周囲のためにも
HOT TOPIC

2021年4月27日蠍座満月~ココはしばらく静かに動かず自らを見つめよう~周囲のためにも

4月27日 12:32頃に蠍座8度の位置で満月を迎えます

風の時代でのサバイバルをかけて究極の変容を促す満月

真実のあなたを生きるためのテーマや仕事、活動を深堀する
◇変化への恐怖や頑固さを手放して、より自由に
◇自分らしく生きるための改善、改革を起こす
◇過去に執着しないで、なりたい自分へと脱皮する
◇他人を信頼することで、自分自身を信頼する=自信
◇魂レベルでの関係性や身近な人々、親族との絆や信頼関係を深める

蠍座満月は尋常ならざるパワフルなエネルギーを持ちます

蠍座のパワーは人知を超えた、超能力、超自然的でサイキックな“毒にも薬”にもなる極端なもの。
一方で、真実を見極める確かな目と現実を生きるための強力なグラウンディングを与えてくれます。

冥王星を守護惑星に持つ蠍座での満月。
蠍座は12星座の中でも最もパワフルなサインです。

蠍座の支配星「冥王星」は天界と冥界のゲートとなる惑星。
破壊と再生、根源的な大変容を司ります。

極端な陰と陽の両極のエネルギーを持ちます。
過去と未来を強力に繋ぎ、現在に統合をはかるパワーを持ちます。

しかも、全惑星順行期間中の最後を飾る満月
さらに、この満月の翌朝には蠍座の支配星「冥王星」が山羊座で逆行開始

天体が逆行するその前後2~3日はその天体のエネルギーが拡大されますが、今回は蠍座満月と冥王星の逆行が重なるため、蠍座(冥王星)のエネルギーがとてつもなく強調される満月となります。感覚的にはその影響が満月の前後1週間、つまり2週間程度は続くように思います。

ちょうど緊急事態宣言さなかの冥王星の大介入。
果たしてどんなエネルギーになるのでしょうか?

蠍座は破壊と再生を司り、次の次元への変容を余儀なくする星座

守護惑星:冥王星(=破壊と再生の帝王)
副守護惑星:火星(=勇気・行動力・情熱)
エレメント:水(=感情・感性)
属性:女星宮《陰性》(=内向・受動・協調)
宮:不動宮(=持続させる)
支配部位:生殖器 泌尿器

キーフレーズ:I desire(私は欲する=深く探求する)

蠍座を守護する惑星は根本からの大変容を促す「冥王星」です

冥王星の示す象意極端さと劇的な変化が特徴

➡キーワードは

2021427142213.jpg

根本的な大変容、破壊と再生、生まれ変わる、秘密、隠されていたこと、魂、ソウルメイト、深層心理、遺産、先祖、セクシャリティ、サイキック、ものごとの神髄、絶対的な意志、超越、こだわり、執着、嫉妬、執念・・・など。

ヒンドゥー教の最高神である“シヴァ神”にも通じる惑星です。

銀河系の中において、太陽から最も遠い惑星。
太陽系の外宇宙に最も近い惑星。

次の次元にステップアップするために、今ある不必要を壊して、次なる必要を再生させます。

実は、冥王星の表面にはハート型の模様があります。
怖い惑星のイメージもありますが、冥王星は最高の愛を持った惑星でもあるのです。
破壊と愛は表裏一体であることを示しています。

覚醒、悟り、アセンション・、ワンネス、愛・・なども彷彿させる。冥王星はそんな惑星です。

冥王星はサードアイの働きとリンクする

冥王星は、サードアイ(第三の目=アジナチャクラ=眉間のチャクラ=第6チャクラ)にも通じる働きを持っています。

サードアイも破壊⇔愛まで真逆の振れ幅を持っています。
サードアイの働きが曇ると破壊の方向(不運・闇・過去に捉われる)に行きますし、サードアイが活性化すると愛の方向(幸せ・光・未来が開ける)に行くことができます。

牡牛座の干渉が大きい~五感をフル回転させてサバイバル

満月は太陽と月がちょうど180度で向き合ったポジションで、月が太陽の光を真正面から受けてまん丸に輝いている状態です。

満月の向かい側には牡牛座に位置する太陽があり、太陽の近く、牡牛座には水星・金星・天王星+リリス(MC)も滞在しています。*リリスについては後述

今回の満月では、牡牛座の干渉も見逃せません。

牡牛座は五感を司る星座。
そもそも五感は危険から身を守るために生物に備えられたアンテナのようなもの。

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という5つの感覚で、察知して感じるためのもの。

蠍座(冥王星)は根本からの変容を要求して来ますが、思考で考えているだけでは根源的な変化や変容は成し遂げられるものではありません。五感を駆使して得られる感覚的な情報の中に変化を容易にする気付きがあるものです。

パンデミックに脅かされている現在の状況は、誰しもが身体的、精神的、経済的な危機に直面していると言っても過言ではないでしょう。その中で存続していくためには、知力だけではなく五感をフル回転させる必要があるのではないかと思います。

何が必要で何が不必要なのか?

持ち物、時間の使い方、情報、人間関係、思い込み、食事の量など・・・必要を五感で感じて嗅ぎ取って、シンプル化をはかって行けば、そこに生存(サバイバル)へのヒントが浮かび上がってくることでしょう。

泥沼からの現状打破&大逆転も可能に

天王星@牡牛座(地)と土星@水瓶座(風)が、葛藤や矛盾を示すスクエア(90度)というハードな角度をとっています。

天王星は革命や変化の惑星。一方土星は停滞や制限、忍耐の惑星。
相容れない性質を持つ惑星同志のスクエアは大きな矛盾をはらんでいます。

スクエア(90度)という角度も、噛み合うことのない異質同志が衝突し反発し合う関係です。しかし、激しいパワーがぶつかり炸裂することで通常では乗り越えられないような大逆転がはかれるエネルギーともなります。

それには大概、困難やショック、ぐさっと刺さるような出来事が伴いがちですが、困難あっての変化や変容だということを肝に銘じて、良き気付きを得て逆境をバネにジャンプアップを果たしましょう。

変化の前には葛藤や困難がつきものです。これらは現象面での好転反応(好転するための一時的な悪化現象)なのです。

大きな決断を迫られたり、改革や方向転換を余儀なくされたり、強制的なリセットといった状況が出てくるかもしれませんが、それが何を意味しているのかを感じ取り、次なる道へと舵を切りましょう。

所有欲・独占欲・支配欲の解放が促されます

満月が起こる蠍座も、向かい合っている牡牛座(太陽・水星・金星・天王星が滞在)も、どちらも所有欲、独占欲、支配欲が強いサインです。

あれもこれも欲しくて欲張りになって、頑なに抱え込んで決して放そうとしない状態に、スクエアの配置をとっている土星と天王星が強力に関わってきます。

所有、独占、支配、に対する強制的な改革の力が及びます。

所有すること、支配することに、いつまでもしがみついていては、水瓶座時代の風が吹いてくれないでしょう。土の時代に取り残されたままになってしまいます。

所有や独占、支配はかえってあなたを不自由に追い込むことになります。

強制終了されれば、再起動が起こりますので・・・
この満月を機会に、身軽なあなたへと変身をとげましょう。

頑固さや執着心も脱ぎ捨てれば、より自由になれる

今回の蠍座満月のホロスコープでは、牡牛座と水瓶座に惑星たちが固まっています。

蠍座、牡牛座、水瓶座はどれも不動宮の星座たち。
不動宮は維持、持続の特性を持っているため、全体的に動きが止まるようなエネルギーになります。

言い換えれば、行動的、能動的に動いて進めるのではなくて、落ち着いたエネルギーにもなるので、じっくりと自らと向き合うにも良き時期となります。

緊急事態宣言直後の満月。まさに外出を控えたり、テレワーク、ステイホームといった行いに合致します。

不動宮たちはグラウンディングにも力を貸してくれます。
グラウンディングはやってもやっても,まだ足りない。
地球の変革期にあっては、永遠のテーマなんだと思います。


頑固さや執着心、変化に対する抵抗なども際立つ可能性もありますが、これらを脱ぎ捨てることが出来れば、より自由になることができるでしょう。
自らの頑固さを解放すれば、頑固な便秘や肩こりなどからも解放されるかもしれませんよ。 

自由とは自分勝手にふるまうことでも、自分の意見を押し通して我が物顔でいることでもありません。

人の意見に耳を貸したり、他人の立場を理解したりすることで視野と許容範囲が広がり、その上で自らを振り返り新たな活路を見出す。

その先に、以前よりも可能性が広がり自由度が増したあなたの新世界が広がっていることでしょう。

蠍座8度のサビアンシンボルは・・・?

「湖面を横切って輝く月」

KEYWORD➡『静寂』『静観』『静止』『瞑想』『無の境地』『達観』『悟り』『人との穏やかな信頼関係』

8度は⇒「落差の超越」を示す度数
これはあらゆる星座の8度に共通の意味です。

「湖面を横切って輝く月」の意味とは・・・?

無理に推し進めようとせず、静かに優しく見守ることで、真理が浮かび上がる。

水は心や感情を象徴するもので、湖は波風が立たない静かな水の様子です。

心を鎮めて湖のような静かな状態にすることで、心の奥深いところから光明が浮かび上がってきました。
それはまるで、湖面に輝くお月様のような美しく優しい輝き。

瞑想などにより無の境地に入ることで、悟りの境地に入れる。
自らの内面にある落差を超越するためには心静かであることが大切です。
という解釈もできます。

「夢や願望」VS「不安や恐怖」といった落差の間で心が揺れ動いている状態は、あなたの心に波風が立っている状態です。それはまだ心が迷っている状態。それでは、心が消耗するだけでなかなか正しい道が見えてきません。

動いても動いても空回りする時は、アタフタしないで焦らずに「待つ」というメンタルを備えましょう。

頭で考えあぐねても答えが見つからない時は、心を無にして静かに啓示が降りてくるのを待ちましょう。
啓示とは心の奥深いところから発せられるものでもあります。
高次元意識と自らの奥深い部分はイコールなんですね。

雑念や邪念が多い状態では、心の奥深くと繋がることはできません。
だからこそ、瞑想や静観といったことが、自らの邪念や恐怖や執着を手放す助けとなるのです。

「湖面に浮かび上がる美しい月のような真理に出会うためには、心の状態を静かに保つことが大切である」ということを、蠍座8度のサビアンシンボルは教えてくれています。

仏教での「解脱」という概念にも通じます

「解脱」とは、仏教においては「煩悩に縛られていることから解放され、迷いの世界、輪廻などの苦を脱して自由の境地に到達すること」と説かれています。

自由とは、一切の葛藤や煩悩のない「心が平安で満たされている」状態。
周囲で何が起こっていても、心が乱されない状態。
束縛のない心の状態。

自由の境地こそが、「愛」の境地なのではないでしょうか?

その境地に至ることができた人こそが、真(まこと)の自由を得、真(まこと)の愛を、周囲に無償で提供できる人になれるのではないかと思います。

MCのリリスの存在も気になります

「リリス」はブラックムーン(陰性の女性性)とも呼ばれる存在で、実際に存在する惑星ではありません。月の軌道の遠地点で、月が地球から最も離れるポイントです。
リリスは「心理的に最も暗い部分」の担当者です。

今回の蠍座満月のホロスコープでは、そのリリスがMC(天頂)に君臨するわけなので、大きな影響力を持ちます。

蠍座の満月では、徹底的な根本からの変容が促されますので、心の奥底の根っこにある負の遺産が噴き出てくる人も少なくないと思います。

蠍座はエレメントが水で属性が不動宮です。
掘っても掘ってもたどり着けない、底なし沼のような頑固な執着心と粘着質な感情といった性質を持っています。そして、それらをポジテイブに変容させるエネルギーも持っています。

現世での過去の傷やトラウマ、過去世での負のカルマなど、蓋をしてきた感情の部分がむき出しになるような事柄に見舞われるかもしれません。

満月に照らされることで、隠れていたもの(秘密)が明るみになります

蠍座満月では、根本的な変容を促されるので、意識的にフタをして来たトラウマや負のカルマ、悪癖、悪習慣などを手放す良いタイミングとなります。

長年抑え込んでいた負の感情が解放に向かうべく、怒り、不満、悲しみ、寂しさ、執着心といった感情がドカーンと湧いてくるかもしれません。しかし、その感情を認めた上で、落ちついて静かに自らを客観視できれば、そこに何らかの気付きが起こるでしょう。

心の奥底にあるネガティブな感情をここで一気に浄化できれば、後々晴れ晴れとした心持ちで過ごすことができるでしょう。

トラウマや負のカルマの解放にはフラワーエッセンスがお奨めです

⇒「浄化・リリース」にお奨めのフラワーエッセンス

⇒「恐怖心・マイナス感情の解放」にお奨めのフラワーエッセンス

⇒「カルマの解消」にお奨めのフラワーエッセンス

⇒「変容・変化・現状からの脱却」にお奨めのフラワーエッセンス

満月にも願い事の宣言を!

満月を過ぎて新月に向かうまでの期間は、月が欠けていくのと同じように、手放したり削ぎ落すための策を積極的に進めると良い時期です。

なので、満月の日におすすめの願い事は、手放しやリリースについての決意表明です。

手放しやリリースするものは、不必要な習慣・人間関係・モノ・考え方・生活スタイル・トラウマ・環境・体重など。心身やオーラの浄化にも適しています。

満月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に決意や願い事を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。決意や願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を手放しました。」「私は〇〇〇を辞めました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

書き出すのが面倒なら、満月に向かって心に念じて誓いを立てるのでも良いと思います。

ボイドタイム(VOID TIME)に注意

 4月28日 (水) 21:31 ~ 4月29日 (木) 00:42

満月の時間は4月27日12:32頃です。
ボイドタイムは4月28日21:31~4月29日00:42です。
8時間以内に間に合わなかった場合は、ボイドタイムを避けて48時間以内(4月29日 12:30頃まで)でも大丈夫です。

最後に

蠍座満月は人々の潜在意識や集合意識、社会的なものや地球そのものの劇的な変容までをも容易にする「超パワフル」なエネルギーを持っています。宇宙と地球がダイレクトに繋がるエネルギーでもあるからです。

5月の最初の満月はウエサク満月として有名ですが、5月初旬近辺の蠍座満月をウエサク満月と捉える見方もあります。ウエサク満月は天界と地上をつなぐゲートが開き、宇宙からは強力なエネルギーが降り注ぎ、お釈迦様をはじめとする天界のマスターたちから、地球と地球上の全てのものに対してのパワフルな慈愛と無限の祝福を得られる特別な日とされています。

蠍座満月では、強制的なエネルギーが降りることで、未浄化、未消化の部分がある人にとっては様々な葛藤や衝突や落ち込みという形で示されるかもしれませんが、その裏には宇宙の愛が必ず潜んでおります。

宇宙が人々に要求していることは、潜在意識の声を聴き、内面からの根本的な浄化を行うこと。そのことで、あらゆる魂が持っている負のカルマが解消されるからです。人類の集合的な負のカルマが解消されないと、地球上の平等や平和は遠いものとなってしまいます。

水瓶座の時代に入り、地球のアセンションとともに、最近では以前よりも潜在意識の声を聴きやすい状態となっています。降ってくるように受け取る人もいれば、なんとなく浮かぶことだったり、心の奥底から湧き上がってくる感情のようなものであったり、人それぞれの受け取り方があります。

もしかして、潜在意識の声?と思うことがあれば、それを打ち消さずに、ぜひ素直に受け取り従って頂ければと思います。

ひとりひとりの気付きと負のカルマの解放、そして変容が、地球そのものの平和に繋がっていきます。

一日も早く、世界的なパンデミックから解放された自由な日常が戻ることを皆で祈りましょう!


この度も長い文章を最後までお読み頂いて、ありがとうございました。


昨年より長期にわたり、医療の最前線で全身全霊で治療や介護に当たってくださっている、医療従事者並びに関係者の皆様への敬意と感謝の気持ちを表したいと存じます。ありがとうございます。


緊急事態宣言の期間中(4/25~5/11)は、ハナレイ店舗は臨時休業とさせて頂いております。

5/12以降のご来店につきましては、密集を避けるために「完全予約制」で営業いたします。
ご来店のご予約は
コチラよりお申込みください。
感染対策を万全にして、皆様のご来店をお待ちしております。


インスタグラム : @hanalei_crystalshop
インスタグラムは日々更新しております。
皆様のフォロー&いいね!を頂けると嬉しいです。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

PAGE TOP