ホーム>HOT TOPIC>12月22日 木星と土星が超大接近!397年ぶり!!
HOT TOPIC

12月22日 木星と土星が超大接近!397年ぶり!!

2020年12月21日から22日にかけて、木星と土星が大接近します。(地球からの見かけ上)

木星は約12年、土星は約30年の周期で太陽の周りを公転しているため、約20年に一度は木星と土星が大接近しますが、通常はその接近時の視距離は1度程度だそうです。
今回は約0.1度まで近づいて見える、つまりほとんど重なって見える、まさに超大接近!となります。
ここまで大接近するのは、1623年以来397年ぶりという非常にレアな出来事だそうです。

「水瓶座」0度で木星と土星がぴったりと重なる、いわゆるグレートコンジャンクションです。
12月17日には土星が水瓶座に入りました。そして、19日には木星が水瓶座に入ります。

 

木星と土星が最も接近するのは冬至(12/21)の深夜、12月22日午前3時頃ですが、日本ではすでに地平線の下へ沈んでいるため、その瞬間を観察することはできません。

観察するなら21日か22日の夕方、17:00から18:30頃に南西の空が開けた場所で2つの星を観察できるそうです。望遠鏡を使えば、同じ視野の中に両惑星の姿を収めることができるとのこと。

 

また、昨日(12/17)あたりから、晴れていれば夕方の南西の空に、月と木星と土星が接近している様子が観察できる状況に。
 
世紀の木星と土星の超大接近WEEKが始まりました。
皆さんも、お仕事帰りに、南西の空を見上げてみてはいかがでしょうか。

 

現在、ハナレイ店舗は密集を避けるために「予約制」と「時短営業」を実施しております。

コチラより詳細をご確認の上、「お問合せフォーム」よりご来店のご予約をお願いたします。
皆様のご来店をお待ちしております。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

 

PAGE TOP