ホーム>変化の現れ方 好転反応

変化の現れ方 好転反応

反応の現れ方

変化の現れ方

変化の現れ方

フラワーエッセンスはとても穏やかに作用していくため、自分自身の変化も少しずつ穏やかに現れ、個人や状況によってもそのプロセスは異なります。
2週間~4週間ほど同じエッセンスを摂り続けることで、徐々に変化が現れます。
一般的な反応としては、ある一定期間摂ってみて、そう言えば「以前とは変わって来たな」「最近は楽かもしれない」「気持ちが楽になってきた」「イライラしなくなった」「気力が充実して来た」「人からの影響を受けにくくなった」など・・・少しずつ実感が現われて来るものです。

慢性的な問題には変化にも長い期間が必要となります。また、一時的なストレスや疲労感を癒すために摂った場合は、短期間で楽になる場合もあります。人によっては摂り始めてすぐに、突然火がついた様に自分自身や環境などに変化が訪れる場合もあります。

フラワーエッセンスの通販はコチラから

好転反応(初期反応)について

好転反応(初期反応)についてフラワーエッセンスを使用していると、使用の初期に一時的に「悪化」したような兆候が生じる場合があります。フラワーエッセンスはネガティブな感情を解放することで、心と体をバランスのとれた方向へと導きます。表面の感情が癒されると、その奥に隠されていた抑圧されていた感情が吹き出てくることがあります。
例えば、不安感や恐怖心が襲ったり怒りがこみ上げたり、感情が一時的にアンバランスになったり。また、肉体に現われる場合は、疲労感に見舞われたり、体調のアンバランスとなって現われます。これは副作用ではなく、好転反応と言われる初期反応で長期間続くものではありません。気づきをもたらし、より成長へと導くプロセスですので、あわてずに受け入れて、自分自身を静かに見つめてみましょう。
好転反応の現れは適切なエッセンスを選択し、よい方向で変化しているというサインでもあります。
好転反応が現われている間はお水をよく飲んで、なるべくのんびりと過ごしましょう。大事なことは、自らのネガティブな部分やトラウマなどにフタをしないで、対峙して静かに受け入れて行くこと。 そうすることで、負担となっている根本原因が徐々に取り除かれ、私たちの内的変化が起こってきます。フラワーエッセンスは私たちに「良き気づき」を与えてくれます。

※好転反応が強く出すぎて耐えられないと感じた時は、使用を数日控えたり、1日に摂る回数を減らしてみてください。緊急用エッセンス(ファイブフラワー・レメディやRQ5など)を一緒に摂ってみるのも、ひとつの方法です。(緊急用エッセンスは、妊娠中の方、授乳中の方はご使用をお控えください)

  • フラワーエッセンスは医薬品ではありませんので、治療薬の代用品になるものではありません。
  • 人間の意識に働きかけ、自然治癒力を喚起することで、心身の癒しをサポートするものです。

 

ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

PAGE TOP