ホーム>お知らせ>4月8日はお釈迦さまの誕生日~"仏様の愛"Tシャツを掲載しました
お知らせ

4月8日はお釈迦さまの誕生日~"仏様の愛"Tシャツを掲載しました

約2500年前の4月8日、ネパール国のルンビニーの花園で、お釈迦さまは誕生されました

201948172422.jpg

この時、お釈迦さまの誕生を祝い、周囲の花々は咲き乱れ、空からは産湯代わりの甘露の雨が降り注ぎ、世界中が輝き喜びで溢れたと伝えられています。
この事から、仏教では毎年4月8日にお釈迦さまのご生誕をお祝いする行事「花祭り」又は「灌仏会(かんぶつえ)」 が開催されています。たくさんの花々でお寺やお堂を飾りつけ、お釈迦様の像に甘露の雨を表現した「甘茶(あまちゃ)」をかけるようになりました。

釈迦&仏陀 名前の由来

20194817330.jpg

お釈迦さまは、ヒマラヤ山脈の麓にあったシャーキャ族(釈迦族)という部族の王子として生まれました。しかし、お釈迦さまは、人が生きることの苦しみに煩悶して生家から飛び出し出家し、6年の修行を経た後に悟りを得ました。
釈迦はその悟りの内容を仲間たちに伝え、ここから「仏陀の教え=仏教」が広まっていきました。

お釈迦様は「仏陀」とも呼ばれますが、それは真理を悟った人(覚者)のことを「仏陀」と呼ぶことに由来しています。
釈迦という呼び名は釈迦族に生まれたことに由来しています。

天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ・ゆいがどくそん)

201948173532.jpg

お釈迦さまは、生まれるとすぐに東西南北それぞれに「7歩」ずつ歩まれ、右手は天を、左手は地を指して、「天上天下唯我独尊」と宣言されました。
7という数字は6を超えるという意味合いで「六道の輪廻(りんね)」から解脱(げだつ)したものを意味するとされます。

六道とは、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道という6つの、苦しみを伴う世界のこと。この六道を超越した仏の世界、悟りの境地にたどり着くことを「解脱」と言い、お釈迦さまは生まれた時にこの「6道」を超える「7歩」を歩んだと言い伝えられています。

因みに、右手は陽の手で左手は陰の手です。また、陰陽の考え方では、天は陽で地は陰に分類されます。

「天上天下唯我独尊」には様々な解釈がありますが・・・

東西南北それぞれに7歩ずつ歩んで・・・というトピックも踏まえると、「六道という輪廻(りんね)の中で生きている私たちが、仏になる可能性のある人間道に生まれついたことは大変に有難いこと」であり、それゆえ「私たち人間はこの世では尊い存在である」「この大宇宙の中で、我々人間だけが成し得る尊い目的がある」「世界に存在する人は皆、唯一無二の尊い存在である」など、いくつかの意味を含んでいるように思います。

仏さまの愛

201948181016.JPG

「解脱」とは、仏教においては「煩悩に縛られていることから解放され、迷いの世界、輪廻などの苦を脱して自由の境地に到達すること」と説かれています。

自由の境地こそが、「愛」の境地なのではないでしょうか?
自由とは、一切の葛藤や煩悩のない「心が平安で満たされている」状態。
周囲で何が起こっていても、心が乱されない状態。
束縛のない心の状態。

その境地に至ることができた人こそが、真(まこと)の自由を得、真(まこと)の愛を、周囲に無償で提供できる人になれるのではないかと思います。

私たちも、様々な煩悩や迷い、抵抗や葛藤から解放されて、お釈迦さまの無償の愛、無限の愛に一歩でも近づくことができれば幸せですね。

“仏様の愛”と命名されたT-シャツを掲載致しました。
筆で書かれた「愛」のイラストが左胸についているホンワカするT-シャツです。
ほほえみをたたえた仏様のお顔の「愛」のT-シャツです。

仏教と縁の深い“蓮の花”のT-シャツもあります。
こちらは、癒し&極楽感満載の素敵なT-シャツです。

⇒詳細と通販はコチラからご覧ください

 
ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

PAGE TOP