ホーム>コラム>店長コラム>2020年10月2日 牡羊座満月~ありのままの自分こそが輝く自分!他者との比較はもうやめよう。
店長コラム

2020年10月2日 牡羊座満月~ありのままの自分こそが輝く自分!他者との比較はもうやめよう。

10月2日06:06頃に牡羊座10度の位置で満月が起こります

牡羊座ってどんな星座???

牡羊座を支配する惑星は「火星」。「火」のエレメント(元素)を持ちます。

https://www.hanalei-stone.jp/blog/upload-images/20194605320.jpg

支配惑星:火星(=パワー・行動力・実行力・積極性・エネルギッシュ・情熱・やる気・闘争・勝負事・スポーツ・外科手術・事故・怪我・セクシュアリティ・男性など)
エレメント:火(=創造・行動)

属性:男性宮《陽性》(=外向・行動・主導)
区分:活動(=開始)
キーフレーズ:I am(私は存在する)

牡羊座のキーワード

ありのまま・オリジナリティ・自我・シンプル・純粋無垢・ピュアな衝動・先駆者(パイオニア)・スピード感・チャレンジ精神・勇気・前進・希望・リーダーシップ・無鉄砲・生命力・直感力・行動力・決断力・競争・スポーツなど。

どんな満月になるか・・・?

ありのままの自分を自覚して、受け入れ、そして意欲と情熱をもって前に進む

素顔の自分、それは鎧をまとっていない本来の自分。シンプルな自分。最も輝く自分。人と比べての自己評価はもうやめましょう。自分にしかない宝物を誰しもが持っています。その宝物をどう活かしましょうか?図々しいくらいにポジティブに考えてみましょう。最近TVでちらほら見かける有言実行の「新庄剛志」さんの姿が目に浮かびます。

大切なことは、まず動きを作ってみることです。ダメかもしれないとか、失敗したらどうしよう、ということを心配するよりも、何か行動を起こしてみましょう。動くことで次に繋がるヒントが見えてきます。

牡羊座の支配星「火星」がホームの牡羊座に滞在中なので、火星の行動力、積極性、情熱といったエネルギーが強調されます。迷って考えているだけではチャンスが遠ざかってしまいます。牡羊座のキーワード「ありのまま、純粋さ、オリジナリティ、スピード感」などを念頭に置きましょう。

とはいうものの・・・火星は逆行中(9月10日~11月13日)

過去に引っ張られる状況も起こってきます。
過去の出来事にわだかまりを残している人はイライラしたり、怒りが爆発したり、口論が増えて落ちつかないという状況にも陥りがちになります。
満月の浄化作用によってネガティブな感情が噴出するかもしれませんが、リセットのためのことなので、出すものは出し切りましょう。

対処法としてはキャンドルの火を見つめることがお勧めです。
キャンドルの炎には「1/f ゆらぎ」と呼ばれるリラックス効果があるといわれています。火を見つめていると不思議と落ち着いてきますので、イライラがおさまらない方はお試しください。

火星の逆行中は、怪我や事故にも注意が必要です。
気持ちが急くかもしれませんが、あまり前のめりにならずに足元にも注意をはらって行動しましょう。

満月@牡羊座は太陽@天秤座と向かい合います(180度 オポジション)

天秤座はバランスと調和の星座で、「風」のエレメントを持つ活動宮です。
対人関係やパートナーシップ、男女関係などを司りますので、様々な人間関係においてのバランスをもたらしてくれるでしょう。行動力や意欲、やる気に対してもバランス感覚をもたらしてくれます。

牡羊座満月と小惑星「キロン」がコンジャンクション

キロン(=カイロン・ケイロン)は『傷ついたヒーラー』とも呼ばれており、魂や心に負った痛みやキズ、トラウマを示し、そして癒すエネルギーを持っています。

牡羊座のキーフレーズは「I am(私は存在する)」です。
少しシビアなテーマになりますが、自分自身の存在に対してのコンプレックスやネガティブな思いが蘇るかもしれません。例えば、幼少期のトラウマだったり、外見に対するトラウマだったり、差別を受けた心の痛みだったり・・・。

そんな時は自分自身でそれらの思い出を抱きしめてあげましょう。そして「キロン」にそれらを癒してください、とお願いしてみてください。
キロンは心の傷やトラウマを浮上させますが、その後に癒すプロセスまで請け負ってくれます。
癒しが進んでくると、自らのポジティブな面を認められるようになります。過去に成功した事柄や楽しかったこと、嬉しかったことを思い出して、ありのままの自分を認め、自分ならではの光をみつけてあげましょう。

土星と冥王星が順行に戻ります

5月12日から逆行して足を引っ張っていた「土星@山羊座」が9月30日から順行に戻りました。

4月26日から逆行して、根本からの変容のエネルギーでこの世に激震を与えていた「冥王星@山羊座」も10月4日頃から順行に戻ります。

山羊座という現実(社会、仕事、お金など)を司る星座に、重苦しいエネルギーを発する土星(現実と忍耐の星)&冥王星(破壊と再生の星)がタッグを組み、しかも逆行しているわけですから、様々なことが留め置かれる状態になり、過去を反省させられ、根本からの改革を迫られていました。そのため、未来に向かっての新規の事柄がスムーズに進んでいかない状況があったと思います。

土星と冥王星は依然として山羊座に鎮座していますが、この2つの天体の逆行が順行に戻ることで、ようやくモノゴトが進んで行く流れになります。思い描いていた構想や計画が現実化し始めるでしょう。牡羊座の前向きさと機動力を借りてモチベーションを上げて進みましょう。

「外との関りを表現する」を示す10度(牡羊座)の位置で起きる満月です

外部に向かって、ありのままの素顔の自分を表現したり、他者と積極的に交流を持つことが鍵となります。牡羊座10度のサビアンシンボルは⇒「古い象徴を新しい形で教える男」

牡羊座10度のサビアンシンボルは⇒「古い象徴を新しい形で教える男」

A man teaching new forms for old symbols.

サビアンシンボルとは、「12星座」と「ホロスコープ(360度の丸い円)」の1度1度全ての意味から割り出すメッセージのこと。

10度は⇒外との関わりを表現する度数。

これはあらゆる星座の「10度」に共通の意味です。

「古い象徴を新しい形で教える男」の意味は・・・?

曖昧模糊としていたイメージを自分なりの解釈をつけて表現する

牡羊座の一つ手前の星座は魚座。目に見えない潜在意識や空想、アイデアなどの世界を象徴します。

牡羊座は生まれたての赤ちゃんのような存在。自我やありのままの自分、自分自身のオリジナリティを象徴します。

魂がこの世に降りて肉体を持って生まれた赤ちゃんは、自らの手や足や声を駆使して自己表現することができるようになりました。お腹がすいたら泣いてお母さんに伝えたり、機嫌が良い時はキャッキャと声を出して笑ってみたり。

「古い象徴を新しい形で教える男」は、自分を見て見て!わかって!わかって!という風に「素顔の自分を具体的に周囲に伝え、表現する」ことを表しています。

今回の牡羊座満月を機に、生まれ変わった新しい自分を、周囲に伝わるように具体的に表現してみてはいかがでしょうか?周囲に自分を具体的に発信して行けば、新たな縁やチャンスが巡って来るでしょう。

・私はこんなことが好きです。
・私はこんなことが得意です。
・私はこんな目標を持っています。
・私は今後、こんな風に生きていきたい。
・私は今後、こんな仕事をしたいと思っている。。。など

「古い象徴を新しい形で教える男」は・・・こんなことを物語っています。

・イメージだけ持っていても肉体を駆使して表現、実行しないと実現しない。
・現状に甘んじていては新しい自分(=本来の自分)に変化することができない。
・過去(=古い)からのマンネリ化したやり方や、頑固な固定観念を新しい形に変えてみましょう。

頭部のヒートアップにもご注意を!

牡羊座は肉体の部位では、頭部や脳と関わります。火星の影響で頭部がカッカすることもあるかもしれません。頭がヒートアップ状態にならないように、気持ちが急く時は、ひと呼吸置く習慣を身につけましょう。また、常にグラウンディングを心掛け、気持ちのクールダウンを心掛けましょう。
 
頭皮マッサージやヘッドトリートメントを受けて頭部のリラックスやデトックスに取り込んでみるのもお勧めです。ヘアカットすることは頭部の浄化にもなりますし、気分転換にヘアスタイルを変えて、意識的に新しい自分に生まれ変わってみるのも「牡羊座」らしい行動です。

脳のリラックスとデトックスのためのセラピーはいかがですか?

◇脳の断捨離とデトックスを促す「アクセスバーズ」がハナレイのセッションの新メニューに加わりました。
⇒詳細はコチラから

◇頭部や神経の疲労をスッキリさせる「ヘッドトリートメント」
⇒詳細はコチラから

満月から新月に向かう期間は排出する、捨てる、削ぎ落とすパワーが高まります

今後の未来に本来の自分を生きるために、新たな自分に生まれ変わるために、不必要なモノ・考え方・生活スタイル・習慣・トラウマ・環境・体重などは、次の新月(10月17日天秤座新月)までの間に、確実に手放して行きましょう。
満月は過去のカルマやトラウマを浄化、手放す絶好のチャンスでもあるので、しっかりとリリースして行きましょう!削ぎ落とせるものは、落とせば落とすほど、シンプルな自分、無垢な自分、本来の自分に近づくことができます。仮に雨か曇りで月が隠れていても、満月のパワーは充分に受け取ることができます。

満月にも願い事の宣言を!

満月を過ぎて新月に向かうまでの期間は、月が欠けていくのと同じように、手放したり削ぎ落すための策を積極的に進めると良い時期です。

なので、満月の日におすすめの願い事は、手放しやリリースについての決意表明です。

手放しやリリースするものは、不必要な習慣・人間関係・モノ・考え方・生活スタイル・トラウマ・環境・体重など。心身やオーラの浄化にも適しています。

満月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に決意や願い事を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。決意や願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を手放しました。」「私は〇〇〇を辞めました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

「リセットして原点に戻り、本来の自分に再生する」という願い事も叶いやすいでしょう。

10月2日の満月は早朝06:06に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に決意や願い事を書いてみてください。
書き出すのが面倒なら、満月を思い、心に念じて誓いを立てるのでも良いと思います。

パワーストーンを月光に当てることもお忘れなく!浄化とパワーアップをはかることができます。

ボイドタイム(VOID TIME)に注意

ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

満月の時間は10月2日06:06です。
ボイドタイムは10月3日14:48~4日00:13です。

8時間以内に間に合わなかった場合は、ボイドタイムを避けて48時間以内に誓いを立てても大丈夫です。


この度も長い文章を最後までお読み頂いて、ありがとうございました。


現在、ハナレイ店舗は密集を避けるために「予約制」と「時短営業」を実施しております。
詳細はコチラよりご確認くださいませ。
皆様のご来店をお待ちしております。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

PAGE TOP