ホーム>コラム>店長コラム>2020年5月23日双子座新月~情報・コミュニケーションの取捨選択&断捨離を!!
店長コラム

2020年5月23日双子座新月~情報・コミュニケーションの取捨選択&断捨離を!!

水瓶座(風)時代の予行演習をサポートする双子座新月です

5月23日AM02:39頃に双子座3度の位置で新月が起こります

今年(2020年)の年末を皮切りに本格的に地球が移行する「水瓶座の時代」。水瓶座と同じ「風」のエレメントを持つ双子座新月を先生に迎えて、風の時代の予行演習をスタートすることがテーマとなります。

双子座を守護する惑星は「水星」。風のエレメント(元素)を持ちます。

20196318358.jpg

守護惑星:水星(=情報・伝達・言葉)
エレメント:風(=思考・知識・客観性)
属性:男性宮《陽性》(=外交・行動・主導)

宮:柔軟(=調整)
キーフレーズ:I think(私は考える)

水星の示す象意

情報、伝達、コミュニケーション、言葉、会話、知性、思考力、社交、交通網、ネットワーク、通信、文筆、柔軟性、移動(旅)、神経、友人、兄弟姉妹など。

双子座(水星)は、しなやかさと柔軟性を象徴します

守護惑星“水星“の「水」も、エレメント「風」も流れて行くものです。垂直(縦)ではなく、水平ライン(横)の動きを取ります。つまり、宇宙に向かって上を向くというよりは、地球の上を川が流れるように、自らを起点にひたすら横方向にエネルギーがつながって行くような作用を持ちます。

水も風も固定した形を持たずに自在に変化しながら柔軟に流れて行きます。
そんな在り方を示してくれるのが双子座です。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』
ダーウィンが進化論で唱えていた説を思い出しました。種の存続には柔軟性が必要なのですね。

縦社会(ヒエラルキー/三角形)から横社会(並列/丸・円)へのレッスン

本年(2020年)の12月22日に水瓶座で木星と土星が同じ角度でぴったりと重なることで、「グレートコンジャンクション」という現象が起こります。ここから本格的な水瓶座(風)の時代に突入します。

このグレートコンジャンクションを機に、『地の元素』(地の時代)から『風の元素』(風の時代)に切り変わります。「グレート・ミューテーション」と呼ばれる、おおよそ200年間~250年に1回起こる地球上での元素の切り替えです。

過去の時代は『地の時代』=「統制の時代」。人民が権力者に守護され、統制されていた時代です。
「物質・地位・安定・経済活動」に意識が向けられていました。

これからの時代は『風の時代』=「自由の時代」。個人個人が自律してそれぞれの力を連携して価値を生み出して行く時代です。このありさまを『自由』と呼びます。
「非物質・個性・改革・精神活動」に意識が向くようになります。

この元素の切り替え(シフトチェンジ)によって、地球上の価値観や意識がガラッと変わっていきます。
西暦2000年~2020年まではその準備段階の時代。そして、本年(2020年)はその最終章。

意識の目覚めと大宇宙(地球・自然界)との同調が必要です

私たちは来年以降、統制(依存)の図式から自由(自律)の図式へとシフトしたエネルギー状態の中で生きて行くことになります。自由という言葉は「楽」というイメージが強いと思います。楽しむことはとても大切なことですが、真の自由を勝ち取ることは生半可なことではありません。自由というものは自律の上に成り立つからです。

自律とは自分自身で自分をコントロールできている状態のこと。
確実なグラウンディングとセンタリング、そして意識の目覚めが必要です。
天・地・空の全てにしっかりと繋がっている状態です。

個人個人が真の自由を得るには、一人一人の意識の目覚めが必要です。
権力者に依存している構造から脱却し、様々な宗教のしばりから解放され、個体として自律することが促されるでしょう。

意識を目覚めさせるには、宇宙や地球、自然界と繋がっていることが必須です。
自らも自然の一部であるということを忘れずにいてください。

宇宙や自然の声を聞いて、一人一人が神々と繋がって暮らしていた古代の人々のように、これからの人類も自然と親しみ、自然を敬い、地球を愛し、自然の法則に従って生きていくことが求められます。
自らが宇宙の法則から外れることなく、地球のリズムと同調した存在でいなければなりません。

自然(=宇宙)の法則に従っていれば、皆で共に共存共栄することが容易になります。

ITと現実面のバランスを保つことが必要です

水瓶座の時代に入ることで、今後ますますIT化に拍車がかかり、リモートコミュニケーションが進む方向に行くことは必至です。れも宇宙の法則に乗っ取った在り方です。水瓶座の守護惑星「天王星」の働きの中に「IT・通信・ネットワーク」というものがあるからです。

しかし、忘れてはならないのは水瓶座の副守護惑星が「土星」であるということ。天王星、海王星、冥王星という3天体は地球から遠く離れた距離にある天体たちです。つまり、地球から見ると、地に足がついていない作用を持っています。そのため、この3天体にはバランスを保つために副守護惑星(副支配星)がついているのだと思われます。

土星は忍耐、抑制、制限といったとても現実的な作用を持ちます。変化のためのグラウンディングを強化する惑星でもあります。

IT化、オンライン、バーチャルな世界というものは非現実をけん引する「地に足がついていない世界観」を創造します。経済活動のためにも、今後、地球上ではその方向性がとてつもなく奨励され、人々の意識を席捲していくようになるでしょう。

しかし、そのことでグラウンディングが弱くなるということが大きな懸念材料になります。グラウンディングが弱くなれば、地球との結びつきも弱くなり、現実面(心身の健康・お金・異性・家族)などがうまく行かなくなってしまう可能性がありますので要注意です。

天王星の作用と同等に「土星」や「地球」「自然」にも意識を向けて、ますますグラウンディングを心がけるようにして頂きたいと思います。

水瓶座(風)の時代をスムーズに生きていくために練習しておくべき事

シンプルで柔軟な思考方法を身につける(ムダを省く)

風のエレメントの特性=客観的・論理的・思考的・シンプル・クール・軽やか

風のエレメントは知性と知識を象徴しますので、幅広い情報を知識として得た上で、それらをどう活用するかを客観的に判断し、冷静に論理的に、悩まずに軽快に判断するテクニックが必要となります。

また、理性的なコミニュケーションや論理的に言葉を操る能力が自らのコミュニケーション能力の精度を高め、その結果コミュニケーションにおける齟齬を遠ざけてくれます。

風の時代においては、1本何か芯を持った上で、あれこれこだわることなく、柔軟に、そしてさっさと処理する能力を持てると楽に生きて行けると思います。

軽やかに 爽やかに さらっと風のように心地よく生きるための要領を今のうちに身に付けておきましょう!

双子座(風のエレメント)新月からの課題

情報を取捨選択して、論理的に思考し、言葉を組み立てて、わかりやすい言葉を話すように意識してみるのが新月の課題です。

コミュニケーション、情報、言葉、思考からムダを省く

コミュニケーションや情報、言葉のムダを省くこと。それを身に付けることが水瓶座の時代をスムーズに生きるためのレッスンとなります。

・コミュニケーションや情報の断捨離(ムダを省く)
・言葉を丁寧に扱う(ムダを省く)
・伝わる言葉使いを選び抜く(ムダを省く)

風のエレメントは「シンプル」を象徴しますので、現在のコミュニケーションや会話、言葉などの在り方を精査して、不必要だと思われるものは断捨離して行きましょう。

皆さんの中にも、ネット上やオンラインでのご縁や人脈が広がり過ぎて収拾がつかなくなってしまっている状況もあると思います。情報過多の中に埋もれてしまっていて、自らにとっての必要と不必要の判別がつかなくなっている現実もあると思います。

双子座新月では、情報やコミュニケーションの取捨選択や線引き、選別をどのようにしていくかが課題になります。膨大な情報量との付き合い方や情報処理能力の高め方などを身に付けて行きましょう。

言霊(ことだま)・音霊(おとだま)を意識しよう!

2020524114825.jpg

最近は言霊(ことだま)を無視した造語や短縮語などが横行していますが、無意味な言葉や乱れた言葉使いというものは、この世の波動を狂わせる働きも持っています。若い世代にはなかなか理解ができないかもしれませんが、知らず知らずに使っている言葉がこの世の悪化を手伝ってしまっているという認識も持って欲しいものです。

そして、伝わる言葉とは、魂のこもった(エネルギーのある)言葉であるということも肝に銘じてください。言葉の「音(オン)」には全てエネルギーがあり、意味があります。エネルギーのない言葉は音としての役割を果たさないことになります。

ひとつひとつの音(オン)を丁寧に発することも大切です。

リモートコミュニケーションにおいては、コミュニケーションや意志の疎通にすれ違いやムダが出ないように、言葉というものをより一層、丁寧に大切に使う必要があるのではないでしょうか。

地球の次元上昇とともに、「波動」が持つパワーがますます影響力を増しています。
波動の低い言葉を使うと、自分に跳ね返ってくるネガティブな力が大きくなりますし、波動の高い言葉を使うと、自分に戻ってくるポジティブな力が大きくなります。

言霊(ことだま)の力を信じて、理想の未来を言葉で表現して行くことが実現化に繋がりますので、ぜひ実践してみてください。

双子座(水星/風)的な何かを新しくスタートさせましょう!

新月@双子座(風のサイン)と土星@水瓶座(風のサイン)は120度(トライン)という角度をとっています。120度(トライン)は、モノゴトがうまくいく角度です。

双子座新月は金銭、収入、財産を司る第2ハウスで起こっており、水瓶座の土星は天職、職業、仕事、キャリア、社会的地位を司る第10ハウスに滞在中です。土星は現実面をサポートします。

新たなコミュニケーション方法や情報発信が⇒仕事や収入につながる

コミュニケーション、情報、オンライン、インターネット、SNSなどに関わることで何か新しいことを始めてみましょう。

新たな知識を得ること、知力を磨くことが⇒仕事や収入につながる

将来の仕事に繋がる、又は現在の仕事のブラッシュアップになる、知識やテクニックを身に付ける良きタイミングです。

双子座3度のサビアンシンボルは⇒「チュイルリー庭園」The garden of the Tuileries

3度のサビアンシンボルは⇒「生産性」「資質の発展」の度数

基本的な行動原理を確立させる度数です。これはあらゆる星座の3度に共通の意味です。

双子3度のサビアンシンボルのキーワードは⇒ Luxury(豪華な・贅沢な)

「チュイルリー庭園」の意味とは?⇒「シンメトリー効果を味わう」

「スッキリ組み立てる」ことを象徴します

「チュイルリー庭園」は、組み立て能力・数学的思考法・豪華な・機能美・様式美・形式美などを象徴しています。

チュイルリー庭園はパリのルーブル美術館に隣接している庭園で、都会のオアシスとも言える美しい庭園です。この庭園は元々は宮殿が所有していた豪華な庭園で、様式美、形式美を重視した左右対象に造られていることが特徴です。

シンメトリー(左右対称)はムダがない、最も効率的な美しさと完璧な機能を備えることができる形です。モノゴトをシンプルに効率よくすることによって、安心できる環境を作ることができることを「チュイルリー庭園」が物語っています。シンメトリーは私たちに美しさと安心感を与えてくれます。

私たちの脳も右脳と左脳のバランスが良いシンメトリーな状態を好みます。
右脳と左脳を連携させることで、思考回路もスッキリし、脳の情報処理能力も上がると言われています。
脳の使い方が左右対称であれば、思考を論理的に組み立ていくも可能になります。

シンプルだけど、豪華で洗練されている、そして安心できる・・・こんな在り方を「チュイルリー庭園」は示してくれています。

複数天体の逆行を利用して過去を振り返り「今」に統合しよう!

土星逆行    2020 5/11~9/30
金星逆行  2020 5/13~6/25
木星逆行  2020 5/14~9/13
冥王星逆行 2020 4/26~10/4

現在これらの天体が逆行中です。
愛と美の星「金星」、幸運と拡大の星「木星」、制限と忍耐の星「土星」、そして、破壊と再生の星「冥王星」ですから、いささか唸ってしまいますね。

逆の作用を持つ影響力の大きい天体が逆行しているので、その引っ張り合いがどう作用するかは微妙ですが、良い塩梅(あんばい)で相互の逆行を中和してくれることを祈りたいと思います。

天体の逆行開始の前後はその惑星のエネルギーが強くなります。
また、天体の逆行中は、モノゴトがうまく進まなくなったり、過去を振り帰ることを余儀なくされたりします。一見悪い状況のようにも思えますが、過去を振り返り、反省すべきことを見直し、改善、修復することで状況が好転し、レベルアップへと繋げる期間ともなります。

過去のトラウマやカルマを解放したり、今ココを生きるために、過去に置いて来た意識を「今」に統合するには好都合のタイミングとなります。私たちが身軽になって心地よい未来を生きるためには必要な期間とも言えます。

この天体逆行で真逆の作用を持つ天体同志が引っ張り合うことで、中庸のエネルギーがうまく構築できるかもしれません。皆さんも陰と陽のバランスに意識を向けて、過去を今に統合して、そして未来へと繋げるように、自らの過去と向き合ってみてください。

⇒天体逆行についての記事はコチラ

新月には願い事の宣言を!

新月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に願い事や目標を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を達成しました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

5月23日の新月は02:39に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に願い事を書いてみてください。
書き出すのが面倒なら、新月を思い、心に念じて誓いを立てるのでも良いと思います。

8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(5月24日20:11~25日08:10)は避けましょう。
ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。


この度も長い文章をお読み頂いて、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

PAGE TOP