ホーム>コラム>店長コラム>2020年4月23日 牡牛座新月~目の前にある豊かさに私は満たされる!そして財運革命を!
店長コラム

2020年4月23日 牡牛座新月~目の前にある豊かさに私は満たされる!そして財運革命を!

4月23日午前11:26頃に牡牛座4度の位置で新月が起こります

まずは、サビアンシンボル4度の説明から

サビアンシンボルとは、占星術の「12星座」と「ホロスコープ(360度)」の1度1度全ての意味から割り出すメッセージのこと。

4度のサビアンシンボルは⇒「エネルギーの安定と定着』の度数

これはあらゆる星座の4度に共通の意味です。

牡牛座4度のサビアンシンボルは⇒「虹のたもとの金の壺」~The rainbow’s pot of gold.

キーワードは Faith(=信念・確信・自分を信じる)

自分が信じるものに向かって進むことで、金の壺に辿りつくことができることを物語っています。

牡牛座の持っている特徴的なエネルギーの中に『優れた五感』があります。
牡牛座4度で安定・定着(4度の意味)したものは、自らの五感の感度です。
五感を駆使して、自らを信じ、確信するパワーです。

自分が信じるものとは、自らの『五感』で価値あるものと確信したモノやコト。
五感とは、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚のことで、現実を認識するための自分ならではのセンサー。
見て、聴いて、触って、味わって、嗅いで得た情報を、実感を伴う確かな価値観として信じ切ることが揺るぎなき金の壺(=豊かさ)への道。
人が良いと言ったとか、ネット上で話題になっていたからということではなく、自分自身の感覚で確実に嗅ぎ取った価値観を重んじるということの大切さを「虹のたもとの金の壺」は説いています。
牡牛座は「自分自身の価値観」を尊重する星座です。

五感で世界を捉える喜び

目で感動して、音楽を楽しんだり、自然界の音に癒されたり、触った感触にぬくもりを感じたり、美味しい食事を味わったり、かぐわしい香りに心がほぐれたり・・・五感という肉体の機能があるからこそ、目の前の現実を楽しむことができる。絵空事だけでは真実の感動はつかみにくい。
そんなことを教えてくれる牡牛座新月です。

「虹のたもとの金の壺」の意味とは・・・?

虹の祝福(=天からのインスピレーション)と共に五感が開花し、金の壺というお宝を与えられました。
金の壺とは「安定した豊かさの象徴」であり、「この世を楽しむ幸福」でもあります。

豊かさや幸せの定義は十人十色。金の壺の中身はあなた次第。
金の壺を金運や財運ととっても良いし、ありあまる才能ととっても良いし、安定した健康ととっても良いし、天職ととっても良いし、永遠の美ととっても良いし、又はその全てととっても良いのです。

ただし、金の壺の中身を埋めることができるのは、あなた本人に他なりません。

「虹のたもとの金の壺」は、自らに備わっている『五感』でこの世を認識して自らが信じる道を行くことが、安定した豊かさや幸せを引き寄せることを物語っています。

本来は五月というと、新緑の季節であり、様々な植物や花々が活気づき、鳥たちもさえずりを楽しみ、自然界が華やぐ季節です。人の感性が刺激され、一年の中で我々の五感が最も開花する季節でもあります。
現在、自粛要請が出ている状況下では、自然界との交流もままならない現実がありますが、エネルギー的には「金の壺」が出現するという、明るい兆しが水面下では起こっていますので自分を信じて進みましょう!

⇒豊かさをサポートする「アバンダンス・エッセンス」はこちらから

牡牛座は物質的な価値&優れた五感の星座

守護惑星:金星(=愛と美の象徴)
エレメント:地(=安定・堅実・グラウンディング)
属性:女星宮《陰性》(=内向・受動・協調)
宮:不動宮(=持続させる)

キーフレーズ:I have(私は所有する)  

牡牛座は現実面をサポートします~収入・身体・愛など

牡牛座の象意

豊かさ・五感・富・収入・愛・美・スキル・才能・潜在能力・粘り強さ・持久力・安定感・芸術・快楽など

牡牛座のテーマは何を所有したら満たされるのか?を感じ抜くこと

お金、モノ、能力、友達、技術、恋人、家族、仕事・・・何を得たらあなたは豊かになれる???

★五感や身体感覚を研ぎ澄ませて、「本当に欲しいものは何か」「自分にとって本当に価値があるものは何か」を見出す。

★あれこれ欲しいではなくて、選りすぐって欲しいものだけを手に入れる。

★一つ一つ丁寧に吟味した上で「心地良いもの」「好きなもの」だけを手元に残して着実に定着させる。

★自らの才能やスキルを発展させることを、焦らずに粘り強く続けて行くことが豊かさにつながる。

あなたの社会での役割に意識を向けてみて!

ホロスコープの頂点(MC)第10ハウスで起こる牡牛座新月です

第10ハウスは、ライフワーク(天職)・キャリア・ステイタス・社会的立場、社会的役割、社会的使命・社会での自己実現・向上心などを司ります。

MCは自分が「社会で果たすべき役割」や天職(ライフワーク)を暗示します。
天職とは自分が「一生かけて取り組む課題」「目指す最終目標」でもあります。

牡牛座新月がMCの第10ハウスで起こるということは、天職としての仕事や社会的役割に意識が向けられます。

社会での役割と言っても様々な社会があります。
例えば、家庭での役割、仕事での役割、地域での役割、世間での役割など。
社会とは自分が帰属している集まりです。
自らの役割や立場を再認識し、向上心を持って自己実現を目指すことを第10ハウス(MC)の牡牛座新月がサポートしてくれます。

役割がまだぼんやりとしていて曖昧な場合でも、自分自身の価値観を大切にして、自分の得意なことや好きなことを選び抜くことで、新たなライフワークが見つかるかもしれません。牡牛座新月に意識を向けてヒントを貰っても良いでしょう。新月から貰えるインスピレーションは自らの内側に眠っていた潜在意識でもあります。

また、社会での役割といっても堅苦しく考える必要はありません。
人を楽しませること、人々の先頭に立って開拓して行くこと、援護やサポート役に徹すること、閃きとアイデアで新しい何かを創造して行くこと、人の心を和ませること、人を癒すこと、人を育むこと、自然界や地球の環境に貢献すること、この世の役に立つことなど・・・ざっくりとしたものでも良いと思います。

ライフワークは潜在能力を発揮できるものが望ましい

牡牛座は潜在能力やスキル(技術)を司る星座でもあります。あなたの潜在的な能力や生まれ持っての才能を存分に発揮できる仕事や役割こそ、あなたにとって無理のない最良の仕事であり、あなたの魂が歓び、あなたが最も活き活きと輝ける天職である筈です。

⇒関連コラム「人より ほんの少し努力するのがつらくなくて ほんの少し簡単にできること・・・」はこちらから

財運革命・働き方改革にも拍車がかかる!!

牡牛座新月と天王星がコンジャンクション=新しいことが始まる

牡牛座の新月に革命と改革の星「天王星」が6度の角度で重なっています。
いわゆるコンジャンクションです。

新月は新しいことを始めるには最適なタイミングですが、天王星も新しいプロジェクトを始める力強い後押しをしてくれます。
現在、新しいプロジェクトや仕事についての構想がなくても、今まで想像もしていなかったアイデアが生まれてきた来たり、今まで気づいていなかった喜びを見つけたり、新しい何かに向けての「新芽」があなたの中に生まれてくるかもしれません。
そのアイデアや喜びが、やがてあなたの豊かさや喜びに繋がって行くでしょう。

土星@水瓶座第6ハウス=変化・改革のチャンス!

水瓶座の第6ハウスに現実面を司る「土星」が滞在しており、牡牛座新月とは90度という強力な角度で関わっています。第6ハウスは仕事や職業を司るハウスですが、土星が入ることで「規制や制限」がかかっています。まさしく今の状態、仕事や日常のサイクルにロックがかかっている状態を示唆しています。

一方で、水瓶座の守護惑星は革命と改革の星「天王星」です。現状はロックされて制限がかかっている状態ですが、これこそが、天王星が運んできてくれる「変化のチャンス」「改革のチャンス」へと繋がります。

このロック状態が変化を起こすための溜めとなっており、同時に水瓶座が今後のさらなる飛躍のためのバネの働きを担っています。水瓶座が過去の固定観念や常識に縛られない「未来」を連れてきてくれます。

土星は現実的に自分に必要なものと不必要なものを見せてくれるので、自分自身のセンサーを駆使して必要なものを選りすぐった上で「なりたい自分の未来」を意図してみましょう。

木星と冥王星のコンジャンクション=過去と決別して新たな幸せの拡大を!

牡牛座新月の真向かいには破壊と再生を司る「冥王星」を守護惑星とする蠍座があり、土星のホームグラウンドである山羊座には、「木星(幸運と拡大の星)」と「冥王星(破壊と再生の星)」がコンジャンクションしています。
冥王星と木星のコンジャンクションは、古い物を破壊し新しい物に作り変える事を象徴します。
強制的に過去と決別して新たな幸せを得る強力なエネルギーです。

現在の状況のように、強制的に仕事にロックがかかることで働き方への見直しが行われ、また、過去の権威、権力主義の体制に破壊が起こることで、水瓶座の時代に見合う、個人個人の個性や自主性を重んじる働き方や仕事の在り方、収入の得方へと着々と変化が起こっていることを実感します。

個人ベースでの働き方改革、収入の獲得方法の革命も必然となります。今までは財運がないと諦めていた人も、「金の壺」を得て、これからの未来に財運を獲得するターニングポイントでもあるので、新月に意識を向けて金の壺に満杯な財運をイメージしてみるのも楽しいと思います。

身体をゆっくりと労わるタイミングでもあります

肉体のメンテナンスにも気を配りましょう

そろそろコロナによる心身の緊張感がめいっぱい来ているのではないでしょうか?
心配な気持ちや不安感、身を守ろうとする意識が心身を緊張させ、こわばらせてしまいます。
いわゆるコロナ疲れです。

201957142223.jpg

物質としての「肉体」も牡牛座の範疇に入ります。

牡牛座は「肉体を持つことでこの世を堪能する」サインでもあります。
地球を楽しむために与えられた肉体です。

五感が冴え渡る時なので、いつも以上に肉体の声に耳を傾けてみましょう。
不調和があるかどうかは、自分自身の身体感覚を信じてみましょう。
不調和を感じたら、すぐにメンテナンスを行いたいものです。

肉体に自信が持てるようになれば、健康面での心配や不安もなくなり、精神的にも豊かで落ちついていることができるでしょう。

⇒肉体に働きかける「ジェモセラピー(植物の新芽のハーブエキス)」はこちらから

グラウンディングするには肉体を整えることが重要です

現実生活を充実させるには、グラウンディングしていることが重要です。つまり、金運や仕事運、異性運を上げるためにも「グラウンディング」が不可欠となります。

グラウンディングを強化するには、肉体を万全に整えること、そして、とりわけ自らの下半身のチャクラやオーラを強化する必要があります。

正しい生活習慣、体調管理、食生活、ボディメンテナンスを行うことで、肉体という基盤がしっかりとして金運や仕事運といった面も改善されます。

牡牛座は「地」のエレメントを持っているので、グラウンデイングを強化し、現実生活をサポートします。お金や経済的基盤固めにも力を貸してくれるでしょう。

⇒グラウンディングを促すパワーストーンはこちらから

⇒グラウンディングを促すフラワーエッセンスはこちらから

牡牛座が支配する肉体の部位⇒喉・気管・肩・首・あご

新月の好転反応の影響で、喉~首~肩にかけての部位に不調が出やすくなるかもしれません。また、コロナ疲れによって身体がこわばり、首、肩、腰などが硬くなることも考えられます。深呼吸やストレッチを取り入れて、身体を緩ませてあげましょう。

こちらの記事も参考に⇒急激に皮膚の乾燥が進むこの季節、ミネラルたっぷりの「ヒマラヤ岩塩」がお奨めです!

牡牛座(金星)の守護神は“愛と美の女神”ヴィーナス

201957141726.jpg

ヴィーナスは美しいもの、愛、優美、感性などのパワーを運んでくれます。

植物のパワーと良い香りに包まれるアロマテラピーで豊かな時間を過ごすこともお奨めの行動です。ヴィーナスはローズやゼラニウムなど優雅な花の香りがお好きなようです。芳しいアロマの香りに包まれてゆったりとした至福の時間を過ごしてみましょう。

⇒「愛」を深めるパワーストーンはこちらから

⇒アロマテラピーには「エッセンシャルオイル(ドテラ社)」こちらから

リラックス⇒「ラベンダー」「ウェーブリズム」「アースリズム」がお奨めです。
心身の疲労緩和⇒「シベリアンファー(モミ)」がお奨めです。
心を明るくする⇒「サンリズム」「オレンジ」がお奨めです。
緊張緩和と不安心の解消⇒「グレープフルーツ」がお奨めです。
リフレッシュ⇒「レモン」「ペパーミント」がお奨めです。

最後に

2020423111354.jpg

今、私たちにできることは、目の前にある「豊かさ」に気づき、自分流の工夫やアイデアを加えて、さらに満足感のあるものの仕上げていくこと。目の前や足元にあるものを、味わい、楽しみ、愛おしみ自分を満たすこと。

すぐそばの日常の中に、今まで見過ごしていた「確かな豊かさ=お宝」があるもしれません。目の前のお宝を膨らませて行くことで、「金の壺」も膨らんで行く。

目の前にある豊かさに気づいて感謝して満足を得られるようになれば、物質としての豊かさがついてくる・・・そんな気がします。

実際に世界中で、今できる範囲で仕事の工夫をすること、今ある材料で日々を楽しむことが実行されており、人類のたくましさや力強さに感心せざるを得ません。

また、天体の動きに即した状況がこの地球上で確実に起こって来ることには、目を見張るものがあります。

4月23日の牡牛座新月〜5月7日の蠍座満月までの期間は、五感を働かせてあなたならではの世界観を構築することにいそしみ、そして楽しみましょう。

全惑星の順行は4月25日までです。全惑星の順行中に未来へのイメージを膨らませることがお奨めです。

空からは虹の祝福が、地には金色の壺が用意されています。それを使うか使わないかはあなた次第です!

新月には願い事の宣言を!

新月から満月に向かう期間は、モノゴトを拡大、膨らませるパワーを得ることができます。夢や願望を叶えるパワーも膨らみます。そのため、新月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に願い事や目標を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。願い事の数は2つから10個までが妥当。
「私は〇〇〇を達成しました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。
書くのが面倒なら、心に念じて新月を思って誓いを立てるのでも良いと思います。

4月23日の新月は11:26に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に願い事の誓いを立ててみてください。
8時間以内となると4月23日の19:25までです。

8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(
4月25日09:44~16:21)は避けましょう。
ただ、今回はほとんどボイドタイムには引っ掛かりませんね。

ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

 


長い文章を最後までお読み頂き、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

PAGE TOP