ホーム>コラム>2019年7月

2019年7月

2019年8月1日 獅子座新月~未来のあなたはどんな風に輝きたいのか?目標設定を!!

目指したいのは、自ら光を放つ恒星「太陽」のような存在

恒星とは、自ら光を発し自分のエネルギーで輝く天体。
服装やお化粧、肩書きなどの外見の輝きではなく、内面から光るオーラに輝きのある人になりたいものです。内面の光は心の美しさや素直さから発せられるもの。外見ではない人の内面の光を見出せる眼も養いたいですね。

8月1日 12:12頃に獅子座の位置で新月が起こります

2019731193359.jpg

ホロスコープのてっぺん(天頂)で起こる新月です。
占星術では天頂のことをMC又は南中点とも呼びます。MCは天空の最も高いポジションを意味し、社会的な活動や人生での到達目標などを表します。

また、この新月では獅子座には月の他に太陽、金星、火星の影響力の強い4天体が集結します。
新月と言えども、大変ホットな新月になります。

太陽は獅子座の守護星であるので、百獣の王ライオンのごとく気高く・・・自らの本拠地で張りきって輝きます。火の性質を持つ火星もいますので、エネルギッシュでイケイケなエネルギーが満ち溢れます。なので、いつもより大胆に積極的に行動して『吉』。自己アピールも派手目にしてみると効果が上がるでしょう。
とはいうものの、やり過ぎるとやけどする可能性もあるのでご注意を!

獅子座を守護する星は「太陽」~明るく寛大でシンプル

獅子座(太陽)は、「火」のエレメント(元素)を持っており、「陽性」のエネルギーに属する「固定宮」です。

太陽の示す象意

物事の中心・自我・情熱・喜び・華やか・リーダーシップ・プライド・自己アピール・自己表現・ドラマチック・公明正大・寛大・寛容・遊び・創造(クリエイト)・父親など。

獅子座のテーマ・・・自分の内面の輝きが周囲までをも照らす

太陽は自ら光を放ち輝いています。
太陽は、太陽系の中心にあって光を周囲の惑星に与えています。
太陽の恵みによって、地球上のあらゆる生命も生かされています。

獅子座のテーマは自らの輝きが周囲を照らし、周囲を活かすこと。

しかし、それは押しつけがましい輝きではありません。
寛大な存在であり、寛容な存在であり、純粋無垢な存在でありながら・・・
その光る存在が知らず知らずの間に人々や社会にプラス(陽)の影響を与えることになります。

そんな存在を目指すことが獅子座のテーマです。
それには、まずは自らの内面の輝きに磨きをかけましょう!

どんな自分が素敵に輝くと思いますか?

MC(天頂)の獅子座で輝く太陽&新月です。人生の天頂であなたはどんな風に輝きたいのでしょうか?
社会の中であなたはどんな光になりたいですか?
天体の配置があなたをサポートしますので、この機会に人生の目標を明確に設定してみましょう。
目標は明確な方が実現しやすいものです。

新月には願い事の宣言を!

新月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に願い事や目標を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を達成しました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

8月1日の新月は12:12に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に願い事を書いてみてください。
8時間以内となると8月1日の20:11までです。

8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(8月2日05:49〜22:22)は避けましょう。
ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

恋愛や愛に関するお願い事も!

新月の近くに“愛”の星、金星(ヴィーナス)が寄り添っていますので、今回の新月は恋愛や愛に関するお願い事も大変お奨めです!その他にも、趣味や楽しみ、お仕事、表現力、創造力、父親との関係性についてのお願い事をすると良いと思います。

自らの内なる太陽と繋がる太陽神経叢《第3チャクラ》の活性化を!

第3チャクラはみぞおちに位置し、自律神経や消化器の働きを整える他、意思強化、自己への信頼、自信、自立、外部からのストレス緩和、リラックス、緊張緩和 、周囲に振り回されない、センタリング、安眠などを調整します。

⇒第3チャクラをサポートするパワーストーンはコチラから

⇒第3チャクラをサポートするフラワーエッセンスはコチラから

⇒コラム記事「今一度 太陽神経叢(たいよう しんけいそう)のおさらい」はコチラから

⇒チャクラについてはコチラから

8月1日 獅子座新月からのメッセージ

人生の主役は自分自身。主役は最も輝く存在。

内面の美しい部分をもっともっと膨らませましょう。

シンプルになればなるほど、自分回帰ができる。

本当の自分を表現すればするほど、人生は楽しく豊かになる。

子供のような純粋さをもって、いつもワクワクして人生を楽しもう。

自分の中心を輝かせ、そして社会の中でも輝く恒星になろう。


今回のコラムは通常よりもシンプルなものになりました。獅子座や太陽のエネルギーがそうであるからかもしれません。

このたびも当コラムお読み頂き、ありがとうございます。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

2019年7月17日 山羊座満月×部分月食【超強力】~マンネリからの脱却&新たな生活習慣

7月17日 AM06:39頃 に山羊座の位置で満月が起こります

部分月食を伴うパワフルな満月です

201971614484.jpg

7月3日の新月×皆既日食に続き、今回(7月17日)は満月×部分月食が起こります。

月食とは、太陽・地球・月の順番に一直線に並んだときに月が地球の影に隠れて、月が欠けて見える現象です。
月の一部が隠される現象を部分月食といい、月の全てが隠される月食を皆既月食といいます。

日本では7月17日の明け方に南西諸島、九州地方、四国地方(東部のごく一部を除く)、中国地方(東部を除く)で、部分月食が観測できるそうです。

月食は地球を挟んで太陽と月が一直線に並ぶ現象なので、地球に対しては太陽と月の両方から強力なエネルギーが注がれます。陰と陽、双方のエネルギーを受け、必要なエネルギーを受け取ると同時に不要なエネルギーの放出が起こります。地球上ではこれまた大きなデトックスが起こるでしょう。

月食は1年に1回か2回ほどしか起こらず、2019年の月食は今回が最後となります。(2019年1月21日に皆既月食が起こりました。)

日食・月食のパワーは半端ない!!

日食や月食を伴う新月や満月は通常の新月・満月と比べるとエネルギーが巨大になります。
そのため、
地球上では大きな変化が起こりやすいといわれており、大きな浄化&好転反応が様々な形で起こる可能性が大です。また、新月や満月(日食や月食)の日には、引力の関係で地球の表面が膨張しやすいので天災が起きやすくなるともいわれています。

個人レベルにおいても好転反応が強烈に出てくるので、体調を崩したり感情が不安定になる人が多いと思われます。人間関係や現実面、物質の紛失や破損という形で好転反応が出ることもあります。
しかし、これも毒や膿を出してリセットするためのプロセスなので自らの不具合としっかりと向き合って、自らを振り返り、反省し、手放しや改訂ができる部分には即刻着手しましょう。

このような影響は日食・月食・新月・満月の当日だけではなく、前後3日間くらいかもう少し長く続くことがあります。

月食のパワーは満月の巨大バージョン

月食はこれまでの古いエネルギーを終わらせ、新しいエネルギーをスタートさせるパワーを持ちます。
様々な不必要を浄化・リリースし、さらなる上の波動領域へと歩みを進める良きタイミングとなります。
一人一人が真実の自分を生きるために・・・。

今回の山羊座満月は強力な天体の配置のもとで起こります

今回の山羊座満月は第6ハウスで起こり、満月が冥王星とドラゴンテイルとコンジャンクション(重なる又は接近)しており、隣の第5ハウスには土星が直近に滞在しています。※第6ハウスについては後述します

また、その真向かいにある蟹座では、太陽が金星とドラゴンヘッドとコンジャンクション。
隣の獅子座には火星と水星が滞在しています。

強力なパワーを持った惑星たちが重なり会い、向かいあって激しくぶつかり合う天体模様です。
部分月食を伴うこともあり、強力なエネルギーが降り注ぎます。

ドラゴンテール、冥王星、土星・・・どれも「カルマの解消」に関わる天体です

土星と冥王星は一見凶星。でも本当は・・・

2019716125853.jpgのサムネイル画像

土星は「困難や修行」を象徴し、冥王星は「死と誕生」「破壊と再生」というエネルギーを持っており、満月の起こる第6ハウスに居座り、パワフルでヘビーな圧力をかけています。この二つの惑星は2週間前の蟹座新月の時には真向かいからプレシャーをかけていました。なかなかしぶといです。

土星と冥王星は不要なものを切り離す作用を持っており、ドラスティックな方法での現状打破を手伝います。過去の不必要な自分を手放して、未来に必要な自分を再生するために荒療治を仕掛けて来るでしょう。

しかしながら、土星と冥王星はお父さんとお爺さんのようなどっしりとした年配者の落ち着きと智慧を持っているので、委ねても大丈夫です。仮に荒療治であっても結果オーライにするための懐深い“愛”でもあるのでご安心を!

実は、冥王星の表面にはハート型の模様があります。
怖い惑星のイメージもありますが、冥王星は最高の愛を持った惑星でもあるのです。

ドラゴンテールは「過去」を司ります

ドラゴンテールとは実在の惑星ではなく、計算で割り出された架空のポイント。
月の軌道と太陽の軌道の交差する場所がそれぞれ「ドラゴンテイル(尾)」と「ドラゴンヘッド(頭)」と呼ばれ、それぞれが正反対の位置にあります。インド占星術ではドラゴンヘッドを「ラーフ」と呼び、ドラゴンテールを「ケートゥ」と呼びます。

ドラゴンテールの象意

過去から引き継ぐもの・過去世のカルマの解消・精神的なトラウマの解放・精神性・純粋・ソウルメイトなど

ドラゴンテールは、もともと生まれ持っている「性質」を表わしており、言い方を変えると過去世から引き継いで来た自分自身が慣れ親しんだ行動や考え方を象徴します。人は生まれ持っての性質に安住してしまう傾向がありますが、それは過去から引き継いで来たもの。これからの未来にその性質がそのまま合致するのか、改革、改訂しなくて良いのか?そのようなことを問われることになります。

また、ドラゴンテールは、前世でやり残したことや過去世のカルマなどに気付かせてくれ、現世で取り組むべき課題を提示してくれます。

ドラゴンテールは、精神性の高さや純粋さをも象徴するので、インスピレーションや直観が高まり、自らを内観し気付きを得るチャンスを与えてくれるでしょう。

ソウルメイトとの関係性についても暗示を受け取れるかもしれません。

日食や月食が起きるときは、ホロスコープ上では必ず太陽や月の近くにドラゴンヘッドやドラゴンテールが存在することになります。インド占星術の考え方では、日食や月食の時にはドラゴンテール(ケートゥ)の刺激によって、臍(へそ)のチャクラからプラーナ(宇宙に存在する生命エネルギー)が勢いよく流れ込んでくる現象が生じるともいわれています。 そのことで、自らの深い部分で至福の炎を呼び起こすとされています。月食の当日又は前後はお腹のチャクラに意識を向けて瞑想やヒーリングなどを行うと効果的です。

この7月は惑星逆行の荒波も押し寄せています

7/8~8/1の期間⇒水星、木星、土星、海王星、冥王星の5惑星が同時逆行中

惑星の逆行中は、その惑星が象徴するエネルギーが順調に行かず、モノゴトが進みにくかったり、トラブルが起こりやすくなります。「過去に引き戻される」という現象も惑星逆行で起こる現象です。

ポジティブな面としては、良い面で「過去」にフォーカスが当たること。昔の縁が繋がったり、自分の過去を振り返り、反省、修正するための好チャンスともなります。

なので、過去世のカルマの解消や現世でのトラウマ解消にも好タイミングとなります。

試練の惑星である「土星」「冥王星」が逆行中。コミュニケーションや通信、交通網を象徴する「水星」が逆行中。感受性やイマジネーションを象徴する「海王星」が逆行中。さらに幸せの惑星「木星」も逆行中。

ということは、コミュニケーションやメールや会話でのトラブルに見舞われ、将来へのイマジネーションも湧かず、幸福のイメージも持てずにあらゆることが停滞気味になりかねません。

しかし、現在の天体配置の元では、ある程度は仕方ありません。

これでもかと押し寄せる困難という大きなエネルギーの流れの中でも、山羊座のサポートが入っています。めげないで、コツコツと努力しながら現実に向き合って進路を進めて行けば、現実的に成功へと繋がることを山羊座が教えてくれるでしょう。そのためには、準備、事前計画、目標設定そして実行力が必要です。努力が苦手な人は、地に足をつけ、根本を見直すことで変容を遂げ、成功への道が開かれます。

山羊座を支配する惑星はグラウンディングの象徴「土星」(サターン)

土星は土台、基礎、基盤、ベースをサポートします

2019716112420.jpg
真面目、規律、社会貢献、保守的、分別、組織、修行 、忍耐力、責任感、困難、苦悩、抑圧、障害、遅延、制限、労働、奴隷などを象徴します。

一見、これらは凶星といわれている土星のネガティブイメージを彷彿させますが、根気や忍耐を養い、確固たる基礎を築き、困難や試練を乗り越え、社会の荒波の中でもびくともしない強靭さをもたらす土星ならではの有難いエネルギーです。

山羊座のテーマは、社会の中で現実的に具体的な行動に移していくこと

山羊座(土星)は、「地」のエレメント(元素)を持っており、「陰性」のエネルギーに属する「活動宮」です。

山羊座の象意

野心、現実的な基盤、物質世界、構造、体制、組織、体制、システム、社会性、社会的責任、経済など。

現実感を持って、実生活に即して夢を叶えていくのが山羊座のスタイル

2019715235441.jpg

山羊座は、持続性のある安定を示唆します。安定と言っても、目標値を下げて、あきらめを伴う安定ではありません。夢や希望を持った上で目標を定め、さらなる高みを目指して、一歩一歩着実に前進しながら社会でのポジショニングを構築して行くのが山羊座のスタイルです。結果的には足元がしっかりと揺らぎなきものになり安定と安心を得ることになります。

山羊座は努力や苦労は惜しまずに、現実感を伴って無駄なく着実に夢に向かって前進することをサポートします。夢を見ているだけの非現実の世界での空回りではなく、思い描いているビジョンを推し進めて行く稼働力を備えています。

働き方・生活習慣・ライフサイクルの見直しを!

第6ハウスで起こる月食×満月です

第6ハウスの意味するもの⇒労働、働き方、勤務、職場、奉仕、献身、健康管理、自己管理、生活習慣など

比較的身近なエリアにおいての、対相手を意識させられるハウスです。
労働においては、天職という意味の仕事ではなく、雇用される労働者としての意味合いが強くなります。
他者からの要求に応えること。求められたことを無駄なくきっちりとやり遂げるということを意味するハウスです。献身や奉仕も他者から求められる行為という意味を持ちます。
あなたを求めている身近な人には惜しみなくエネルギーを使うことを学びましょう。


また、良き労働には良き健康も必要となります。
この満月を期に、自らの生活習慣やライフサイクルを見直し、改めて健康維持のための自己管理をしっかりと行っていくと良いと思います。

新月に種をまき、満月に開花する・・・というのが月のサイクル

今回の山羊座の満月/部分月食は、半年前の山羊座の新月/部分日食(2019年1月6日)が満ちたものです。
その時に書いたあなたの願い事や決意は開花していますか?実っていますか?
半年前の新月に書いた決意や願いごとがあれば、それを改めて読み返してみるのも良いですね。

まだ、あまり進捗していないな・・・と感じるならば、
満月という節目に、新たな気持ちでさらなるアクションを起こして行きましょう!

良い感じに進んでいるなと感じるならば、次なる一手を展開して行きましょう!

※新月の日には、叶えたい望みや決意を紙や手帳に書き出すと、叶いやすいといわれています。

満月から新月に向かう期間は排出する、捨てる、削ぎ落とすパワーが高まります

月食の前後には潜在意識が強力に刺激されるので、自らの内面と向き合うにはとても良いタイミングです。
シンプルな自分にとって何が必要で何が不必要なのかを洗い出してみると良いと思います。


今回の月食×満月で、今まで見たくなかった自分の弱い部分や見てみぬふりをしてきたカルマの蓋が、無理やりこじ開けられてしまうような場面も出てくるかもしれません。しかし、過去のカルマやトラウマを浄化・手放す絶好のチャンスなので、しっかりとリリースして行きましょう!

⇒変容・変化・現状(過去)からの脱却をサポートする『フラワーエッセンス』はコチラから

⇒浄化をサポートする『フラワーエッセンス』はコチラから

満月にも願い事の宣言を!

満月を過ぎて新月に向かうまでの期間は、月が欠けていくのと同じように、手放したり削ぎ落すための策を積極的に進めると良い時期です。

なので、満月の日におすすめの願い事は、手放しやリリースについての決意表明です。

手放しやリリースするものは、不必要な習慣・人間関係・モノ・考え方・生活スタイル・トラウマ・環境・体重など。心身やオーラの浄化にも適しています。

満月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に決意や願い事を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。決意や願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を手放しました。」「私は〇〇〇を辞めました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

山羊座満月でのお願い事は・・・

労働、生活習慣、タイムサイクル、ライフサイクル、健康管理など自己管理に関わる願いごとがお奨めです。例えば、辞めたいと思っている悪癖や悪習慣、暴飲暴食、無駄使い、生活時間帯の見直し、職場での人との関わりや仕事のスタイルなどについての見直しなど。過去世のカルマやトラウマ、マイナス感情などの手放しもお忘れなく。

捨てたいと思っている一切のものを手放して行きましょう。

ボイドタイム(VOID TIME)に注意

ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

今回の満月の願い事は「ボイドタイム」に注意が必要です。

満月が起る時間と同タイムからボイドタイム12時間近く続くからです。

満月の時間は7月17日 06:39です。
ボイドタイムは7月17日 06:39~7月17日18:20です。
本来なら願い事を満月の起こった時間から8時間以内に書き出すのがパワフルであるといわれていますが、
今回だけは8時間以内は無視しましょう。願い事は7月17日 06:39~7月17日18:20は避けて・・・
48時間以内の7
月17日 18:21~7月19日 06:38までに行いましょう。

変化・変容のための最終段階に入りました

今回も大きなシフトチェンジを促される満月でありますが、今年に入ってからは、どの側面から考察しても「変化・変容」そして「真実の自分を生きる」「仮面を脱ぐ」「個を光らせて全体を活かす」というようなキーワードが出てきます。それが今の時に地球人にもたらされる宇宙からのメッセージであり、宇宙にある真実であり、真理であるのでしょう。

変化のためには産みの苦しみも伴いがちです。強烈にショッキングな出来事や心の内側をえぐられるような出来事が起こったとしても、落ち着いて対処しましょう。なかなか変化できない部分や変化することに抵抗感を持っている人に対しては、隠している蓋を無理やりこじ開けられるような状況とともに変化の洗礼が起こるでしょう。

地球上では自然、国家(政治)、社会、組織、そして人々に至るまで様々な混乱や騒動が起こり、リセットと改革、そしてその先にあるシフトチェンジを・・・かなりドラスティックな在り方をもって促されているように感じます。

社会のなかでも、定型化され慣れ親しんだ過去からのルールを見直すために、大きな騒動が起こるかもしれません。根本からの変化を余儀なくされるからです。

天候にしても異常気象が世界各地で起こっております。日本で現在まだ続いている記録的な日照不足や大雨も宇宙からの警告に他なりません。地球の温暖化や自然破壊を地球人が一丸となって食い止めなければなりません。人間ひとりひとりが自分の利益のためだけではなく、全体を思いやる視野と心を養って行くことがベーシックに必要なことなのだと痛感します。

7月17日山羊座25度で起こる満月・・・変化への「種まき」を完成させましょう

完成を意味する「山羊座」で完成を意味する「満月」が起こります。
25度という度数もまた、完全・完成・成熟・仕上げを意味します。

新時代の地球に根付くために、新しい自分に生まれ変わるための「種まき」を完成させましょう。

7月17日 山羊座満月×部分月食からのメッセージ

山羊座25度のサビアンシンボルは「東洋の布を扱う商人」

自分の属する社会には存在しない異質なもの(西洋人から見た東洋)をよその文化から持ち込み、
自分の社会に対して新鮮な活力を新たに加えようとする商人を示しています。

慣れ親しんだ環境に新しい風を入れてみましょう。
マンネリから脱却して新鮮な空気を吸ってみると、こんなに呼吸が楽だったのかと驚きます。
目の前には無限に色がる新世界が・・・。

既存のシステムや習慣にしがみつくのはやめて、新たな価値観を取り入れて、
未来への変化を楽しんで行きましょう!


長い文章になってしまいましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

土星のパワーを持つパワーストーン

「アメジスト」はこちらから

「ラピスラズリ」はこちらから

 


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

2019年7月3日蟹座新月+皆既日食~現状打破のために感情の大デトックスを!

目指したいのは、全てを受け止めて人に寄り添う、お月さまのような寛大な心

7月3日 AM04:17 に蟹座の位置で新月が起こります

蟹座を守護する惑星は「月」。水のエレメント(元素)を持ちます。

201972195514.jpg

月も水も陰性の性質を持っており、女性性を象徴します

  「受動的」「優しい」「穏やか」 「引く」 「ない」 「隠れている」 「静か」 「暗い」 「内向的」 「見えない」 などの性質が陰性の性質です。

月の示す象意

心、感情、母、母性、女性、看護、養育、住処(住環境)、故郷、やさしさ、おもいやり、胃、胸部、液体など。

月の本拠地「蟹座」での新月なので、月の持つ性質が拡大・倍増します

さらに、皆既日食を伴うスペシャルな新月です

皆既日食とは、月が太陽の前を横切るために、太陽の全てが月によって隠される現象です。
7月3日の皆既日食は日本では観測できませんが、7月3日の明け方(日本時間)に南太平洋~南米で皆既日食が観測できます。

皆既日食は変革・改革・逆転のタイミング

皆既日食では太陽がすっぽりと月に隠されて、一旦暗くなり、そしてまた太陽が現れて明るくなります。
闇の後には必ず夜明けが来るということを表します。

表現を変えると「死と誕生」「破壊と再生」「END&START」ということになります。

つまり、「何かを完全に終わらせて何かを始める」『変革・改革・逆転』というけじめの時になるでしょう。

それは、新しい自分に生まれ変わるために過去を終わらせて未来を始めるということ。

何を終わらせて何を始めるかは人それぞれ。

感情の大デトックス大会~現状打破へと繋がります

心・感情面・女性性・家庭などに関わるテーマが浮き彫りになりやすい

前述のように月も水も女性的な陰性の性質を持っています。
何を終わらせるかは人それぞれではありますが、蟹座の性質から、自らの心の奥にしまい込んでいる未浄化の「心や感情」に関わるトラウマ・カルマが浮上しやすくなります。

「隠れている」「見えない」も陰性の性質ですので、自らが見ようとして来なかった、又は見ることができなかった負の感情があふれ出すような状況や出来事が起こるかもしれません。

不安感、恐怖心、怒り、猜疑心、執着心、依存心、悲しみ、嘆き、寂しさ・・・などなど。

地球は光のエリアを目指しているので、これらの隠されたネガティブな感情はもうそろそろ解放しないとならない時期に来ています。暗いネガティブな感情を持ったままだと、この地球上で過ごしていくことがますます辛くきつくなって来ます。

この機会に湧き上がるネガティブ感情を解放しましょう。
まずは、その感情を封じ込めないで出してしまうことが感情の膿出しになり、解放へと繋がります。
その時に大切なことは、自分に「落ち着く」と言い聞かせながら、冷静な気持ちも同居させてみましょう。
その感情を他人や相手にぶつけるのではなく、噴き出してくるネガティブな感情を水に流すイメージを持って浄化すると良いと思います。

現状に厳しさや生きにくさを感じている方は、自らの心の在り方に原因があります。
現状を打破するためには感情や心の在り方を変えてみることが有効です。

日食あるいは月食の時は、地球上では大きな変化が起こりやすいと言われています。
そのために、大きな浄化&好転反応が様々な形で起こる可能性が大です。

陰性のエネルギーが強調される新月なので「水害」や「水難」など、水の被害も出やすくなります。

パートナーシップや人間関係のもつれが原因で感情のアンバランスが現れてくるかも・・・

自らの変化のきっかけは、パートナーシップからもたらされる

今回の蟹座新月は『自分自身』を表わす第1ハウスで起こります。
自分自身の内面と向き合わざる得なくなり、根源的な自分、素直な自分に回帰することを余儀なくされるでしょう。自分を取り繕うことが今後ますます困難になって行きます。

第1ハウスの向かい側には『パートナーシップ・対人』を表わす第7ハウスがあり、大きな影響力を持っています。
しかもその第7ハウスには「土星」と「冥王星」という手ごわい惑星が滞在しています。

土星は「困難や修行」を象徴し、冥王星は「死と誕生」「破壊と再生」という皆既日食と同じようなエネルギーを持っており、第1ハウスの真向かいから大きなプレッシャーを放っています。
過去の不必要な自分を手放して、未来に必要な自分を再生するために荒療治を仕掛けて来るでしょう。

土星と冥王星は不要なものを切り離す作用を持っており、ドラスティックな方法で現状打破を手伝います。

例えば、上司、同僚、先輩、配偶者、家族、彼氏、彼女、その他様々なパートナーからの強要、摩擦、圧力がかかることで、強制的に自らの感情や内面の弱さ、脆さ、不安定さに対してメスが入るような出来事があるかもしれません。
しかもその相手とはうまく行っていない、又は苦手意識のある相手である場合も想定されます。

結構きついことではありますが・・・。

このような出来事が起こったとしても、これも自分自身が変化するための有難いきっかけです。
憤慨すだけでは、あなたにとって何の成長にもなりません。
仮に腹が立っても、パートナーからの忠告を読み取り、また、パートナーの心を汲み取って、自分に対する気付きを得ることで「感情面」における大きな成長・変容・逆転をはかることが可能となります。

これは周囲に対して大きく心を開き、人に対する不信感、猜疑心、やっかみ、葛藤から解放されて、自分の本心を表現し、相手と本音で向き合って行けるようになるためのこと。そして、心を隠すことなく自信をもって歩んで行けるようになるための大切なプロセスです。

周囲とのしがらみから解放されて、鎧を外し「素直な自分」で生きて行くことができれば、こんな楽なことはありません。

女性性、家庭、母親、母性などに関するテーマも浮き彫りになりやすいのでお見逃しのないように・・・。

新月には願い事の宣言を!

新月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に願い事や目標を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を達成しました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

7月3日の新月はAM04:17に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に願い事を書いてみてください。
8時間以内となると7月3日の12:16までです。

8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(7月3日23:26〜7月4日12:19)は避けましょう。
ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

7月3日 蟹座新月皆既日食からのメッセージ

蟹座11度のサビアンシンボルは、「しかめっ面をするピエロ」

自分の本心を隠すのはもうやめよう。
自分の気持ちや感情を素直に表現してもいいのですよ。
でも、時には気分の悪いことも起こるよね。
そんな時は、ダイレクトに怒りを表すよりは、
その感情をコミカルに表現してみよう。
そうすれば周囲も和んで、共感を得ることができるんだ。

※7月3日 蟹座新月のサビアンシンボルの度数は11度です。
サビアンシンボルとは、ホロスコープの360度の丸い円の1度1度全ての意味のこと。
 


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

PAGE TOP