ホーム>コラム>スタッフブログ>戦いの傷や記憶にもたらされた癒し《スタッフブログ》
スタッフブログ

戦いの傷や記憶にもたらされた癒し《スタッフブログ》

2019423151652.jpg

ハナレイで「クリスタルヒーリング」と「レムリアンヒーリング」の施術をさせていただいている林かおりです。
いつもありがとうございます。

私のサイト「レムリアの森 ~healing forest~」に掲載している記事をシェアさせて頂きます。

201942318534.jpg

今、日本は平和な世の中になっていますが
数え切れないほどの輪廻転生の中で、
誰しもが戦争や戦いを経験しています。

傷つける側、傷つけられる側
守る人、守られる人、

さまざまな立場や状況を経験するなかで学び
魂を成長させてきたんですね。

私たちや宇宙全体の最優先の目的は「魂を進化成長させること」なので、
そういう視点で見ると、
どんな経験であってもかけがえのない素晴らしい体験なのですが、
癒されないまま潜在意識に残っている魂の傷や記憶が、
今世にも影響を与えていることがあります。

また、いま地球は5次元へと次元上昇(アセンション)するタイミングを迎えていて、
その地球に一緒に乗っていくためには3次元的な地球の重い周波数を
手放していかなければなりません。

特に戦争にまつわる重い周波数(悲しみ、怒り、罪悪感など)のクリアリングは
人類共通のテーマと言えるでしょう。

私も先日久しぶりにクリスタルヒーリングを受けて、
自分の魂に記憶されている戦いや分離の記憶、罪悪感などが浮き彫りになりました。
(お友達のヒーラーさんとヒーリング交換させていただきました)

普段戦争のことを考えたり意識を向けることはほとんどないのですが、
ふとそのことがひっかかり、カウンセリング前にお話ししたところ、
「何世紀も輪廻を繰り返すなかで誰もが経験してきていることだよ。
国や家族を守るためだったり、正義のためだったり、いろんな理由があったんだよ」
という言葉をかけてもらったとき、ハートや魂が共鳴して涙がぽろぽろこぼれました。

封印していた記憶、人を傷つけたことへの罪悪感などがあふれると同時に、
「許し」によって溶かされていくのを感じました。

その後クリスタルヒーリングをしてもらって、
その日は「頭がスッキリした~」という体感だったのですが、
ヒーリングの2~3日後に戦争にまつわる後味の悪い夢をみて、
記憶の整理や感情のデトックスが起きているのを感じました。

これは軽い好転反応で、その翌日にはメンタル面もすっきりしました。

ヒーリング後の変化として驚いたのは
昔から長女を抱っこしたり、近くで触れたりすると、
なぜか違和感を感じたり、重い感情が出がちだったのが、まったくなくなり、
普通に抱きしめたり、おだやかに接することができるようになりました。

長女とは性格や体質の傾向が違うせいで
触れたときに違和感を感じるのかなと思って、あまり問題視していなかったのですが、
意識していない部分にこのような変化が起きてとても驚きました。
おそらく戦争やにまつわる記憶と長女とが、何らかの形でリンクしていたのだと思います。

あらためてクリスタルヒーリングの潜在意識レベルに働きかける深い癒しを
実感した体験でした。

最近は寒暖差が激しいですね。
気温差や気圧の変化が大きい時は自律神経が乱れやすいので、
自然のリズムに合わせた生活(早起きして朝日を浴びる、夜はブルーライトを避けて早めに寝る等)や血流をよくするための適度な運動、リラックスタイムをとることなどを、
普段より意識されるといいと思います。

 

2018107153843.jpg

林 かおり

《プロフィール》
・ICGT認定 クリスタルヒーリング プラクティショナー
・ICGT認定 プレセリブルーストーンヒーリング プラクティショナー
・レムリアンヒーリング プラクティショナー
(ICGT=英国クリスタル&ジェムセラピスト協会)
・レムリアの森~healing forest~主催
「レムリアの森 ~healing forest~」ホームページ
 https://www.lemurianomori.com/

 

ハナレイでは「クリスタルヒーリング」及び「レムリアンヒーリング」の施術をお受け頂けます。
詳しくは下記よりご確認ください。
★クリスタルヒーリングについてはこちらから

★レムリアンヒーリングについてはこちらから


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hanalei-stone.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/107

PAGE TOP