ホーム>コラム>店長コラム>2019年3月21日春分&天秤座満月~ひとつの段階が終わり、新たなステージが始まる
店長コラム

2019年3月21日春分&天秤座満月~ひとつの段階が終わり、新たなステージが始まる

春分&満月の日~本気で新しいステージが始まります。新時代の幕開けです!!

2019年3月21日午前06:58に春分、そして午前10:43分に天秤座の位置で満月を迎えます。

春分の日に同時に満月が起こることは大変珍しく、2000年の春分以来の19年ぶりのことになります。

ナント!平成最後の新嘗祭(2018年11月23日/勤労感謝の日)も19年ぶりの満月。

ナント!平成最後の天皇誕生日(2018年12月23日)も19年ぶりの満月。

※満月カレンダー参照⇒リンク

平成最後の春分の日、新嘗祭、天皇誕生日。。。日本国にとって大きな意味を持つ、これらの日が、
どれも19年ぶりの満月であるということは大変興味深いことですね。

「19」という数字には・・・
『新しいモノゴトの始まりが訪れるが、そのためには何かひとつのモノゴトが終わりを迎える』という意味があり、「1」と「9」の組み合わせは、古いものを手放し、新しいものを取り入れることを示します。

驚くべきことに、今上天皇(現天皇陛下)の時代が終わり、新天皇の時代に移ることを暦(こよみ)が確実に示唆しております。まさしく、新たなステージ(次元)の幕開けを意味しています。
現天皇陛下と皇后陛下が築かれた揺るぎなき礎が昇華して、新たなステージ(次元)へと繋がっていきます。

因みに、この度イチロー選手が現役を引退いたしましたが、イチロー選手の大リーガーとしての経歴も19年で幕を閉じました。イチロー選手にとってもひとつの段階が終わり、次のステージが始まるのですね。

新嘗祭(にいなめさい)とは

新嘗祭は天皇陛下がその年の最初の収穫に感謝する宮中祭祀で、最も重要な祭事のひとつとして古代より行われてきました。現代では神道における最も重要なお祀りでもあります。

春分&満月の日を皮切りに「統合&調和の時代」の幕開けとなります

春分とは

2019320222353.jpg

春分は「太陽が牡羊座の位置に入る日」で占星術においては『宇宙元旦』とも呼ばれ、牡羊座から始まる12星座の新しいサイクルが始まることを意味します。

春分の日は、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。
つまり、昼と夜という陰陽のバランスが整う日⇒統合・調和を示唆します。

春分の日は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨としている国民の祝日であります。

全てのものに感謝して、自然とともに調和して生きるコトを念頭に置いて、ひとりひとりの新たなサイクルを開始したいものです。

春分の日はお彼岸の中日でもあるので、ご先祖様を始めとする、自分をこの世に繋いでくれた先人達に感謝の意を伝えに、お墓参りに行くのも良いですね。

満月は

2019320222631.jpg

まん丸の満月は統合調和完成を表します。

満月のときには、氣(生命力、プラーナ)がたっぷりと満ちていて、エネルギーが最高潮に高まります。
地球上のあらゆる生命は、満月の影響を受けます。

まずは、自らの統合と調和へと意識を向けてみましょう。
自らの調和が完成されてこそ、自分をとりまく全体との調和が実現します。

では、天秤座満月のエネルギーはどんなエネルギーなのでしょうか?

天秤座のキーワード

バランス、公平、調和、秩序、センス、品位、洗練、美意識、愛、社交性、パートナーシップなど

天秤座満月はバランス&調和のパワーが全開

2019320223044.jpg

男性性と女性性、右脳と左脳、身体の右側と左側、天と地、仕事とプライベート、肉体面と精神面、スピリチュアルと現実世界、経済的側面と奉仕的側面・・・など。

自らの様々な「陰陽のバランス」を整えて行きましょう。
そのことで、本来の自分自身の中心としっかりと繋がることができます。
自分の中心としっかりと繋がっていれば、迷いや不安がなくなります。
自信を持って次の次元、次のステージへとシフトアップできるでしょう。

よりアクティブに活動しましょう

春分の日に太陽が引っ越しする「牡羊座」、そして満月が起こる「天秤座」、どちらの星座も「活動宮」です。
思い立ったら、積極的に行動することで運やチャンスを引き寄せることができるでしょう。

美しいもの、洗練されたものにふれましょう

天秤座を守護する惑星は『金星』です。金星の守り神は愛と美の女神「ヴィーナス(アフロディーテ)」です。
天秤座の満月の日には、美的センスや豊かな愛情、洗練された感性などをパワーアップさせる絶好のチャンス。
美や愛を意識して一日過ごしてみるのもおすすめです。

約束事や契約が円満に結ばれます

天秤座には契約を円満に結ぶという働きもあります。
3月21日の天秤座満月の前後には思い切って、新たな契約を結ぶと幸せや豊かさに繋がっていくことでしょう。
結婚や婚約、お付き合いしましょう!なんてことも契約の一種ですね。
約束事も一種の契約です。誰かとの約束もさることながら、自分自身との約束も忘れずに・・・。

満月から新月に向かう期間は排出する、捨てる、削ぎ落とすパワーが高まります

自らの統合や調和に向けて妨げになるような一切のことを、次の新月(4月5日)までの間に、思い切りよく、潔く手放して行きましょう。

削ぎ落とせるものは、落とせば落とすほど、シンプルな自分、無垢な自分、本来の自分に近づくことができます。

新たな自分のステージに立つためには本来の自分と繋がる必要があります。

新月に種をまき、満月に開花する・・・というのが月のサイクル

満月には新月で願ったことが結果として現れてきている筈です。
さて、あなたの願い事や決意は開花していますか?実っていますか?
新月に書いた決意や願いごとがあれば、それを改めて読み返してみるのもいいですね。

まだ、あまり進捗していないな・・・と感じるならば、
満月という節目に、新たな気持ちでさらなるアクションを起こして行きましょう!

良い感じに進んでいるなと感じるならば、次なる一手を展開して行きましょう!

※新月の日には、叶えたい望みや決意を紙や手帳に書き出すと、叶いやすいといわれています。

満月には願い事の宣言を!

満月を過ぎて新月に向かうまでの期間は、月が欠けていくのと同じように、手放したり削ぎ落すための策を積極的に進めると良い時期です。

なので、満月の日におすすめの願い事は、手放しやリリースについての決意表明です。

手放しやリリースするものは、不必要な習慣・人間関係・モノ・考え方・生活スタイル・トラウマ・環境・体重など。

満月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に決意や願い事を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。決意や願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を手放しました。」「私は〇〇〇を辞めました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

3月21日の満月は午前10:43に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に決意や願い事を書いてみてください。
8時間以内となると3月21日の18:42までです。

8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(3月23日03:13 ~ 3月23日11:17)は避けましょう。
ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

春分の日、天秤座満月からのメッセージ

ひとつの段階が終わり、新たなステージが始まる。

分離から調和の時代へ。

 


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

PAGE TOP