ホーム>コラム>店長コラム>2018年11月8日(新月)を境に"幸運の星"木星が本領発揮 開始!!!
店長コラム

2018年11月8日(新月)を境に"幸運の星"木星が本領発揮 開始!!!

2018年11月8日に木星の位置が蠍座から射手座に移行しました

2018年11月8日 深夜1:00頃に蠍座で新月を迎え、その同じ日の21:40頃に木星が蠍座から射手座に移動しました。
木星は2019年12月2日までの約1年間、射手座エリアを運行することになります。
木星の蠍座から射手座への移行により、地球上のエネルギーが大きく転換されました。

幸運の星『木星』が本拠地(射手座)で本領を発揮します

陰から陽へ、エネルギーが大きく転換・・・内側に向いていたものが外側に向くようになります

木星は、成長・拡大を象徴する「幸運の星」「大吉星」であります。

2018111018455.jpg

『射手座』は、陽・火・男性的なエネルギーを持っており、
未来、ポジティブ、楽観、自由、希望、ダイナミック、チャレンジ(冒険)、外部、世界、旅行、精神的・哲学などを象徴します。


射手座の支配星は元々「木星」なので、持っているエネルギーがとても似ています。そのため、木星にとって、射手座は本拠地。
射手座はとても居心地の良いエリアなので、木星本来のパワーがのびのびと発揮されます。

両者の相乗効果により、ポジティブでダイナミックな拡大パワーが倍層されます。

一方、木星が今までいた『蠍座』は、陰・水・女性的なエネルギーを持っており、
過去、ネガティブ、消極的、保守的、頑固、内側(内省的)、暗い、などを象徴します。

射手座と相反するパワーです。

蠍座にいた木星は、本来の木星のエネルギーとそぐわない場所にいたため、木星にとってはあまりのびのびとパワーを発揮できませんでした。
そのため、この地球上に於いても個人ベースでも、様々な葛藤や衝突が起こっていたに違いありません。

木星の位置が蠍座から射手座に変わったことで、

今までは、内側に向かっていた自らの視点が外側に向くように変わります。
過去に内省や反省、見直しの時を経たからこそ、皆さん一人一人の本質が徐々に現れてきたのではないでしょうか?
今度はその本質を外部の世界で表現、発揮する時がやって来ました。

11月9日の朝を迎え、流れるエネルギーが明るく、軽く、爽やかなものにガラッと入れ変わったように感じます。
しばらく続いていた深刻で重たいエネルギーからは、これで解放されるのではないかと・・・期待大です。

これからの一年間はポジティブでアクティブな一年にして行きましょう!

射手座の木星という、明るく大らかでポジティブなエネルギーに乗って

新たな何かにチャレンジしたくなるでしょう。
自信が持てるようになり、堂々と自らを表現したくなることでしょう。
行動範囲が広がり、広い視野を持つことができるようになるでしょう。
精神的に高い視点を持つことで、様々な葛藤が薄れていくことでしょう。
内側から芽を出してきた“真のあなた”を存分に外部に向けて発揮することができるでしょう。

行動範囲や活躍の範囲が、がぜん広がるかもしれません。
国内、世界、異国の地・・・未知の場所に行ってみたくなるかもしれません。
運動やスポーツを始めてみたくなるかもしれません。
本来の“自由”の意味を理解できるようになるかもしれません。

動きを起こすことが大切です

動きを起こせない人は、幸運の星「木星」のパワーが降り注いでいても、自らの幸運を手に入れることはできません。
躊躇しないで、まず一歩踏み出すこと。それが勇気というものです。
勇気がないと、どんなにチャンスがやって来ても逃してしまうことになります。

木星が射手座に鎮座するこれからの一年間。
ぜひ、勇気とともに動きのある、アクティブな一年にして行きましょう!


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hanalei-stone.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/91

PAGE TOP