ホーム>コラム>スタッフブログ>選ぶ・覚悟を決める・自分を磨く《STUFF BLOG》
スタッフブログ

選ぶ・覚悟を決める・自分を磨く《STUFF BLOG》

ハナレイで「クリスタルヒーリング」と「レムリアンヒーリング」の施術を担当している、林 かおりです。

今朝、多摩の高台にある八坂神社でメッセージをいただきました。
私個人だけでなく「あまねく人」(すべての人)に向けた言葉とのことでしたのでシェアしたいと思います☆

201891513148.jpg

仙人のような風貌のおじいさんからのメッセージ

小柄で頭が縦に大きく、白く長いひげをたくわえたおじいさん

「あなたがたも本来 カミ(神)であったことを思い出しなさい。
私たちを恐れることはありません。
ともに歩む同志です。

今は地球人類の節目のときを迎えている。
行いによって二極化する。
どちらの極に渡るかは人の心次第。
大切なのは選ぶこと。
無意識に生きてはなりません。

天変地異が起きる前に気づきなさい。地球の変化に。
昔はそういう勘をもっていたのに。
自然とともにあった記憶を思い出しなさい。感性を。

気づいたときには手遅れということにならぬように
いつも勘を研ぎ澄ませておりなさい。
虫の音、花の香、自然のなかのすべてにそのサインはある。

これからの地球は大きく揺れる。
各々しっかりと覚悟を決めなさい。
それが、私たちが伝えたいことです」

ご存知の方も多いと思いますが、いま地球は次元上昇の真っただなかにあります。
次元上昇とは、3次元の地球が5次元へと変化するプロセスです。
そして人間は、地球とともに周波数を上げていくか、いかないか、を選ぶ局面にきています。
どっちを選ぶのも自由で、どちらが良くてどちらは悪いということはありません。
大切なのは、どちらにするか意識的に「選ぶ」ことと、それに関して「覚悟を決めること」なのだそうです。

明治天皇の記念碑を見ていたら降りてきたメッセージ

「今地球は混乱と混沌の渦の中にある。
あなたが光を放つことで救われる人がいる。
だからまずあなたが輝きなさい。
自分を磨き、輝かせることに、心を尽くしなさい。」

私自身そうなのですが、「地球のために、人のために何かをしなければ」と思って、ついつい自分自身のことをおろそかにしてしまいがちです。
でもそうではなくて、「まずは自分を磨き、輝かせなさい」という言葉でした。
いま自分の心のうちにある想い(悲しみや苦しみ、怒りなど)にしっかりと向き合い、それを手放したり、癒していきましょう。
そして、本来の輝きを取り戻していきましょう。
あえて人のために何かをしようとしなくても、その個人の輝きこそが地球や人々への最大の貢献になります☆

私個人へのメッセージとしては

「意識散漫になっていることがある。
しっかりと地に足を着けなさい。
波動を上げるごとにそれ相応のグラウンディングを重ねること。
波動を上げていくならば、常にグラウンディングは継続しなければなりません。
それなくして地球に存在することはできない」

・・・耳が痛いです(笑)
がんばります!

グラウンデイングのイメージワークの勧め

下の写真は八坂神社にあるスダジイという大木。
たくさんの叡智を持ったあたたかく力強い存在です。
こうした大木の前に立ってグラウンディングのイメージワークをすると
他の場所でやるよりも深く地球の中心につながれるのでおすすめです☆

2018915131645.jpg

今日も素敵な1日になりますように。
皆さまが安らぎで満たされますように。

林 かおり

《プロフィール》
・ICGT認定 クリスタルヒーリング プラクティショナー
・ICGT認定 プレセリブルーストーンヒーリング プラクティショナー
・レムリアンヒーリング プラクティショナー
(ICGT=英国クリスタル&ジェムセラピスト協会)
・レムリアの森~healing forest~主催
「レムリアの森 ~healing forest~」ホームページ
https://www.lemurianomori.com/

ハナレイでは「ストーンヒーリング」及び「レムリアンヒーリング」の施術をお受け頂けます。
詳しくは下記よりご確認ください。
★クリスタルヒーリングについてはこちらから

★レムリアンヒーリングについてはこちらから

★「グラウンデイングについて」の記事はこちらから

★「グラウンディングを促すためのアイデア」の記事はこちらから


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hanalei-stone.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/82

PAGE TOP