ホーム>コラム>2018年8月

2018年8月

頑張らなくてもいいから・・・踏ん張って行きましょう。

みんな一人ひとりに色々なコトが起きていると思います

困難なこと、不条理なこと、身体の不具合、心の閉そく感、家族や友人との軋轢、職場での居心地の悪さ・・・。

2018820163511.jpg

今、世界も日本も大きく変わろうとしています。
新次元の平和な世の中へと・・・。
しかしながら、変化には困難がつきものです。
なので、地球も社会も、もがいてます。苦しんでいます。

それは、人間一人ひとりにとっても同じこと。
しばらくは、さまざまな場面で困難な状況が続くことでしょう。

困難をしのごうとすると、自然と力が入ってしまいます。
歯をくいしばって我慢します。
どうにかこらえようと頑張ってしまいますよね。

でも・・・
頑張ると肩や背中に力が入って、カラダもこころも硬くなってしまいます。
不必要な『緊張』を生むことになってしまいます。
そして、緊張は心身にとってのストレスを生むことになってしまいます。

頑張るのではなくて、踏ん張ってください

頑張ると・・・

上半身に力が入ってしまいます。
歯をくいしばり顎に力が入り、背中がパンパンに硬くなったり、神経がテンパったり、呼吸が早くなったりします。

踏ん張ると・・・

下半身に力がみなぎります。
丹田にパワーが充填されてスタミナと持久力がつきます。
地に足がついて、気持ちが落ち着きます。
気持ちが急くことなく、あせらずに待つことができます。
嵐が吹き荒れても、立っていることができます。

頑張るとは・・・

頑張る・・・頑なさ(かたくなさ)を張ること。

片意地を張ってムリをすること。
自らに鎧(よろい)を着せること。
無理に自分を強く見せようとすること。
自分の内面に目が向いていないこと。
意識が固まってしまうこと。

自分一人で立っていようとすること。

鎧をまとっていると、自分の本質が目覚めることが難しくなります。
意識が固まると、柔軟に物事に対処することができなくなります。
周囲への配慮が薄くなってしまいます。
それが、「我を通す」ということ。

踏ん張るとは・・・

2018820163721.jpg

大地に根を張る大木のように、地球にしっかりと根差すこと。
大地に根を張る大木のように、地球から生きるための養分(エネルギー)を吸収すること。

地球と一体となって、地球に抱かれること。
地球や神羅万象とともに立っていること。

地球は“マザーアース”と呼ばれます。
母なる地球という意味です。
なぜなら地球は、地球上の生命体全てを育むお母さんだから。
人類はいつでも、母なる地球に抱かれています。
お母さんは、やさしく穏やかな存在。

地球と一体となっていれば、安心です。安全です。安泰です。

踏ん張るには・・・

2018820161222.jpg

うまく進まない時は、急がないで、踏みとどまりましょう。
あせりを感じたら、ひと呼吸おいて、ゆっくりと深い呼吸をしてみましょう。
へそ下丹田の位置に両手を置いて、丹田に意識をおろして呼吸をしてみましょう。
静かに呼吸に意識を向けていると、雑念が払われて落ちついてきます。

考えばっかりぐるぐる廻って、頭が忙しくなっていませんか?
首から上が前のめりになっていませんか?
足元が不安定になって、つまずきそうになっていませんか?

足元がしっかりと地球を踏みしめている様子をイメージしてみましょう。

足~尾骨~背骨~頭部までのラインが歪むことなく垂直な状態にありますか?
自らの姿勢を正して、足から頭までのエネルギーのラインを整えてみましょう。

しがみつかないで、手放すことも大切です 

荷物が多すぎるとしっかり立っていることができなくなります。
持ち物、情報量、迷い、我欲、過去への執着、過去のトラウマ・・・。

不必要なあらゆるコトを手放して、身軽になった方が踏ん張りやすいと思いませんか?

踏ん張っていれば・・・

周囲がどんなに慌ただしくても、落ちついていることができます。
自分の中心がぶれずに、安定していることができます。
気の迷いなく、ムダのない歩み方ができます。
苦難のしのぎ方がわかります。
苦難の意味を客観的に捉えることができます。
落ちついていれば、呼吸も深く、緊張することもなくリラックスすることができます。

あなたらしくいられる“居場所”はどこ?

心とからだの力が抜けて、リラックスしたとき、そのときに、ようやく様々なことが見えてきます。
あなたのあるべき本来の姿がわかります。

自分が本当は何をしたいのか・・・?
心は何を求めているのか・・・?
自分らしさを発揮できる場所はどこなのか・・・?

頑張らないことが大切です。
踏ん張っていれば、自らの本質が目覚めてきます。

自分らしくいられる場所では、頑張らなくても、のびのびと自らを表現することができる筈です。

決してあきらめないで!

踏ん張って、地に足つけて、あせることなく、一歩一歩直実に前進して行きましょう。
基礎がしっかりとした建物こそ、災害にさらされても倒れません。
人間も同じです。

これからしばらくは、地球上では様々な嵐が吹き荒れることでしょう。

すぐに良い結果が出なくても、困難なことや不条理なことがあっても、
決してあきらめないで、自分の信じた道を歩んでください。

逆境の時にこそ、光が見えてくるものだから・・・。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

只今、火星が逆行中。。。8月27日まで。

獅子座を運行中の火星は、6月27日から逆行しており、8月27日に順行に戻ります

火星の逆行期間 : 2018年6月27日〜2018年8月27日
起こる星座 : 水瓶座(6/27~8/12)山羊座(8/13~8/27)

火星は6月27日から水瓶座で逆行を始めています。8月13日には逆行のまま山羊座に戻り、8月27日に順行となります。

201881320599.jpg

火星は火のような「パワー」を象徴し、行動力・実行力・積極性・エネルギッシュ・闘争心・情熱・やる気・攻撃性・紛争・戦い・勝利・スポーツ、勝負事などを司ります。

また、火星は火の性質を持ち、「陽=男性性」のエネルギーを持っています。

火星の逆行運動が起こることで、本来の軌道から逆に進んでいるようなエネルギー状態となり、火星が象徴する事象になんらかの障害が出やすくなります。

数ある惑星の中で、逆行の頻度が最も少ないのが火星であることから、火星逆行の期間は注目すべき期間となります。

201881323357.jpg

火星は地球に近い惑星なので、個人レベルへの影響が強く現れます。
現在、火星は地球に非常に接近しているため、その影響力は大きく、さらに、火星の逆行期間には、様々な困難が浮上しますので、慎重かつ冷静な判断と行動が必須となります。

火星の逆行が順行に戻る8月27日までは、様々な混乱や障害が出やすく、気の迷いも多くなりますので、新しいプロジェクトを開始するなどの思い切った行動や決断は控えた方が無難でしょう。

火星逆行中に起こりうる現象

・積極的なエネルギーを象徴する火星が逆行するので、「パワー不足」になる
・行動力や実行力がにぶる
・決断力がにぶる

2018813234114.jpg

・やる気や情熱がおきない
・思う通りに物事が進まないので、焦りや焦燥感がつのる
・勝負事やスポーツなどで勝てない
・モチベーションが上がらない
・自己嫌悪に陥る
・目的とは違う方向にエネルギーを使ってしまう(無駄骨)
・前に前進できない
・自立し辛くなり、依存的になる
・夏の酷暑が拍車をかけ、体力を消耗し、気力も失せてきます

火星逆行中の対応策としては

・今はこのような現象が起こって然るべきと、何事に対しても焦らずに落ちついて、慎重に対応する
・火星の持つ「情熱やパワー」を溜める充電期間にあてる
・思い通りにコトが運ばなくても焦ったり、イライラせずにのんびりと構える
・現状を悲観しないで、天体の流れと同調できている自分のことを素直に「凄い!」と思う
・来年以降の未来に向けての“目的意識”をしっかり持つ
・ゴール地点を強く意識した上で、これからの身の振り方を考える
・主張するよりは受け入れる
・周囲の意見に耳を傾ける
・身体を動かす、スポーツをすることでエネルギーを発散する
・肉体のメンテナンスやダイエット、肉体改造にチャレンジ

逆行中なので、過去に焦点があたります

逆行している時は過去に焦点があたる=過去の見直し・清算・点検・復習・再認識をする絶好のチャンスです。

・過去を振り返って、これからの未来にそぐわないあらゆるコトを洗い出し、反省、補正、修正に励みましょう。
・過去から続いている修正できていない「悪習慣」を、このタイミングに正しましょう。
・過去から引きずっているトラウマの解消にはもってこいの期間になります。
・肉体の健康を見直す良いタイミングなので、改めて健康作り(食生活・運動・睡眠・ストレス解消等)について検証してみましょう。
・これから訪れる未来での自己実現、社会の中で自分らしく生きるコトを目標に掲げて、将来に向けての確固たる計画を立てる時です。

男性性を象徴する火星が逆行するので・・・男性性が低次元化してしまいます。

火星の象意の悪い面が明るみになってしまいます。

201881323508.jpg

例えば、こんなコトです、
・ストレスを他人や周囲にぶちまけてしまう。
・怒りが我慢できなくなり、暴言を吐いたり、きれてしまう。
・権威や権力を誤って使用していたツケが来る。
・暴力的になる。
・パワハラ、セクハラ問題が浮上する。
・性犯罪が増える。

このようなコトが起こらないようにするためには、自らの男性性を『高次元の男性性』にチューンナップする必要があります。

高次元の男性性は、目標に向かって前進する勇気だったり、周囲を明るく照らす光だったり、何かを生み出す創造力だったり、人々と共に歩む真のリーダーシップだったりします。

地球が次元上昇しているので、当然、自らも次元上昇して高次元の価値観を持った人にならないと、世の中や社会とますますマッチしなくなってしまいます。

2018年火星逆行の期間中は「冥王星」も逆行しています

冥王星は、破壊(死)と再生(誕生)を暗示する星。また、太陽系の星のなかで最も太陽から遠い星。
この世とあの世(次次元)との境にある星でもあります。

冥王星は破壊や崩壊を起こすことで、過去の低次の次元を刷新し、高次元に向けての変容やリノベーションを促し、新らしいシステムを構築する役割を持ちます。

冥王星は火星のハイオクターブ的エネルギーを持っており、火星と冥王星のコンビネーションは、非常に強い攻撃力と破壊力を発揮します。

また、冥王星は集合意識レベルでの影響力を持つといわれています。
そのため、社会や世の中全体、地球レベルでに大きな影響が出る可能性があります。

火星と冥王星の逆行が重なる「2018年6月27日~8月27日」の期間中には、攻撃的・衝動的行動、低次元の男性的な欲望、執着心、争いごと、破壊などの事象が大きく強調されて起きやすいので要注意です。
しかし、それは次なる時代、次なる次元にとって不必要なものが壊されるためのことなので、創造的破壊と受け止めましょう。いずれにしても、浮足立つことなく、落ち着いて冷静でいることが大切です。

8月13日、火星は逆行したまま、水瓶座から山羊座へと移行します

20188140545.jpg

火星は山羊座に位置している時は通常以上の力を発揮します。
逆行している火星が山羊座にいる期間=2018年 8/13~8/27

火星のエネルギーがさらに強くなり、しかも逆行しているので、あらゆることが暴走しやすく、過激的、衝動的になることが多くなり、争いやトラブル、事件、事故が起きやすい状況になります。この時期はケガや病気にも注意が必要です。

8月19日までは、水星の逆行も重なっていますので、言い争いや認識のすれ違いなど、コミュニケーションにおけるトラブルも非常に出やすくなります。

また、山羊座は“土”の性質を持っており、「頑固さ」や「こだわり」のエネルギーを生み出すので、頑固になりすぎたり、こだわるあまり、柔軟に時代の波に乗ることができなくなりかねません。
執着心や独りよがり、自分さえ良ければ良いという考えは手放す必要があります。

“協調性”がこれからの時代に生き残るための重要なキーワードになります。

201881401340.jpg

これからの時代では、権威や権力が世の中を牛耳る「ピラミッド構造」が終焉を迎え、自他ともに活かしあい、皆で繁栄していく「丸(円)」の時代に移行します。

協調性といっても、自分らしさを消して他者や組織に無理やり合わせていくというものではありません。

自分の欲求を我慢することでもなく、他者を排除したり脅かしたりするということでもありません。

周囲や外界に対する壁を外して、全てを受け入れ、許容することが“協調性”です。

“協調性”を持つには、自らを縛っているこだわりや「あり得ない、許せない、嫌い、ムリ」という思いを解放することが必要です。いわゆる「自らを許す」とはこういうことです。

人間ひとりひとりが、それぞれの「個性」を認め合って、共に響きあい、さらなる大きな成果を生み出すことができる社会こそが、丸(円)形の社会です。尖ることのない、円満な世の中です。

円満な社会の到来なんてあり得ない。そんな簡単に実現できるとはなかなか思えないことでしょう。

しかし、まず第一歩を踏み出さない限り、何も始まりません。

少なくても未来の地球の子供たちや子孫のためにも、今、地球に生きている我々が、その礎を創っていく役割を担っている筈です。

頑固さという鎧を脱ぎ捨て、過去への執着やこだわりを捨てて・・・
時代や地球の変化に合わせて自らをアップデート、バージョンアップできた人や組織だけが未来の地球でイキイキと暮らすことができます。

山羊座は「目標・計画・実行」などの現実面の具現化を象徴します

だからこそ、2018年のこの夏、『本来の自分らしく生きていくこと』に目を向けて、そのための目標を立て、計画を練って、今できることを実行に移しましょう。

自分らしくない「あらゆるコト」をひとつひとつ削ぎ落すことから始めましょう。今がチャンス!です。

「自分らしさって何?」という問いを自らに投げかけてみてください。

******************************************

※ここから下の記事は、コラム「只今、水星が逆行中。。。8月19日まで。」にも記載されている共通の内容になります。

惑星逆行の具体的影響

惑星が地球に近いほど、個人レベルに影響を及ぼすといわれています

201881017224.jpg

水星・金星・火星は、個人レベルに直接影響を及ぼします。

木星・土星は、社会レベルに影響を及ぼします。

天王星・海王星・冥王星は、潜在意識レベル・集合意識レベルに影響を及ぼします。

惑星逆行の頻度

水星⇒約4か月ごとに1回、22日前後、逆行状態になります。←個人レベルに影響

金星⇒約1年7か月ごとに1回、40日前後、逆行状態になります。←個人レベルに影響

火星⇒2年2か月ごとに1回、2か月前後、逆行状態になります。←個人レベルに影響

木星⇒約1年1か月ごとに1回、110日前後、逆行状態になります。←社会レベルに影響

土星⇒約1年ごとに1回、135日前後、逆行状態になります。←社会レベルに影響

天王星・海王星・冥王星⇒約1年に一回、数か月間、逆行状態になります。←潜在意識レベル・集合意識レベルに影響

現在、個人レベルに影響が大きい「水星」と「火星」が同時に逆行しております

惑星が逆行している期間中は、ものごとがスムーズに進まなくなったり、未来よりも過去にフォーカスが当たりやすくなります。また、いくつかの惑星逆行が重なる期間は、特に混乱が起こりやすいといわれています。

“水星逆行”の期間は“水星”の持つパワーが滞りがちになり、
“火星逆行”の期間は“火星”の持つパワーが滞りがちになります。

水星は水の性質を持ち、「陰・女性性」のエネルギーを象徴します。
火星は火の性質を持ち、「陽・男性性」のエネルギーを象徴します。

“水星逆行”と“火星逆行”が重なる期間は、陰と陽のどちらのエネルギーにも混乱がもたらされ、天から地、上から下、右から左、裏から表・・・というようにあらゆる角度から揺さぶられることになります。

このような時期は、客観的な視点を持って慌てず、冷静に、地に足つけて過ごすことが必要です。
また、大きな判断や決断、契約などは避けた方が無難でしょう。


【参考】

⇒コラム記事「そもそも惑星逆行とは何でしょう?」はこちらから

⇒コラム記事「惑星逆行が激しい。だから個人個人も世の中も大変。」はこちらから

⇒コラム記事「陰陽の法則」はこちらから


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

只今、水星が逆行中。。。8月19日まで。

惑星逆行の具体的影響

惑星が地球に近いほど、個人レベルに影響を及ぼすといわれています

201881017224.jpg

水星・金星・火星は、個人レベルに直接影響を及ぼします。

木星・土星は、社会レベルに影響を及ぼします。

天王星・海王星・冥王星は、潜在意識レベル・集合意識レベルに影響を及ぼします。

惑星逆行の頻度

水星⇒約4か月ごとに1回、22日前後、逆行状態になります。←個人レベルに影響

金星⇒約1年7か月ごとに1回、40日前後、逆行状態になります。←個人レベルに影響

火星⇒2年2か月ごとに1回、2か月前後、逆行状態になります。←個人レベルに影響

木星⇒約1年1か月ごとに1回、110日前後、逆行状態になります。←社会レベルに影響

土星⇒約1年ごとに1回、135日前後、逆行状態になります。←社会レベルに影響

天王星・海王星・冥王星⇒約1年に一回、数か月間、逆行状態になります。←潜在意識レベル・集合意識レベルに影響

現在、個人レベルに影響が大きい「水星」と「火星」が同時に逆行しております

水星逆行&火星逆行が同時に起こる期間⇒2018年 7月26日〜8月19日

惑星が逆行している期間中は、ものごとがスムーズに進まなくなったり、未来よりも過去にフォーカスが当たりやすくなります。また、いくつかの惑星逆行が重なる期間は、特に混乱が起こりやすいといわれています。

“水星逆行”の期間は“水星”の持つパワーが滞りがちになり、
“火星逆行”の期間は“火星”の持つパワーが滞りがちになります。

水星は水の性質を持ち、「陰・女性性」のエネルギーを象徴します。
火星は火の性質を持ち、「陽・男性性」のエネルギーを象徴します。

“水星逆行”と“火星逆行”が重なる期間は、陰と陽のどちらのエネルギーにも混乱がもたらされ、天から地、上から下、右から左、裏から表・・・というようにあらゆる角度から揺さぶられることになります。

このような時期は、客観的な視点を持って慌てず、冷静に、地に足つけて過ごすことが必要です。
また、大きな判断や決断、契約などは避けた方が無難でしょう。

獅子座を運行中の水星は、7月26日から逆行しており、8月19日に順行に戻ります

水星の逆行期間 : 2018年7月26日〜2018年8月19日
起こる星座 : 獅子座

201888172512.jpg

水星は水のような「流れ」を象徴し、コミュニケーション、通信、伝達、流通、交通、商売、知性、神経活動などを司ります。(*神経は波動を伝達する働きがあります)

水星は水の性質を持ち、「陰・女性性」のエネルギーを象徴します。

水星の逆行運動が起こることで、本来の軌道から逆に進んでいるようなエネルギー状態となり、あらゆる流れがスムーズに行かなくなります。
よって、水星が象徴する事象になんらかの障害が出やすくなります。

水星逆行中に起こりうる現象

・コミュニケーションの行き違い(メールや電話などの連絡が来ない、コミュニケーションがすれ違い誤解が生じる)
・通信網の乱れ(電話、インターネット、SNS、メール等の乱れが生じる)
・電子機器のトラブル(パソコン環境やテレビ、電話などの故障、破損、データが消える)
・交通機関の乱れ(事故や遅延など)
・旅行中のトラブル(予定の変更、交通網の遅延、旅行荷物が届かない等)
・流通関係の遅延やトラブル(宅急便や手紙が届かない、通販でのトラブル)
・予定していたプランやスケジュールの変更や中止
・商売が停滞する(売上が伸び悩む、顧客数が減少する、契約件数が減る等)

水星逆行中の対応策としては

・今はこのような現象が起こって然るべきと、何事に対しても焦らずに落ちついて対応する
・思い通りにコトが運ばなくてもイライラせずに、天体の流れと同調できている自分のことを素直に「凄い!」と思う
・スケジュールや時間には余裕を持つ(ギリギリ、目一杯の予定を組まない)
・些細なすれ違いから誤解が生まれやすいが、一呼吸おいてから落ちついて対処する
・重要なデータのバックアップなどを行っておく

現在、水星は「獅子座」を運行中です

獅子座は「自己」を象徴する星座・・・このタイミングに自分らしさを確立しましょう!

水星が獅子座に位置しているので、この期間は“自分らしさや自分の個性“を強く認識することができ、周囲にもそれを表現したくなってくるでしょう。(水星は自己表現をサポート)

201888184355.jpg

水星が逆行中でもあるので・・・
過去を再度見直して、過去に無理してやって来た「自分らしくない行い」や、周囲に合わせるために我慢しながら演じてきた「仮面の自分」を解放、脱ぎ捨てる絶好のタイミングとなります。
※どの惑星であっても、惑星が逆行している時は過去に焦点があたります。
惑星逆行期間中は、過去の見直し・清算・点検・復習・再認識に最適な期間です!

自分の個性を重んじて、自分らしいコト、自分の好きなコト、自分のやりたいコトを今一度じっくりと内観して、「自分の存在」そのものを再発見しましょう。

獅子座で水星が逆行するこの期間は、未来に向けて、自分らしく生きていくための「自分像」をイメージしながらエネルギーを蓄える充電期間に当てると良いでしょう。

水星は知性や知力も象徴します

知性とは、モノを知っているという知識にとどまらず、直感によって得られる知恵(智恵・智慧)や宇宙からもたらされる叡智によって備わるものでもあります。

なので、水星逆行中はスピリチュアリティ(精神世界)や信仰心を高めて天からもたらされる智恵を存分に受け取りましょう。

瞑想や内観、癒しにも最適な時期!

201888184459.jpg

もし、あなたの心の中に何かトラウマがあったり、心の傷が癒えていない、心がささくれだっている、心に何かが刺さったままになっている・・・と感じるなら、逆行している水星は、過去の心の傷を癒す大きなサポートになります。

自分の内側へ、心の中へと・・・スムーズに入って行きやすい時期ですので、
瞑想や内観を通じて心の癒しへの扉をぜひ開いてみてください。

無理なく過去のトラウマや心の傷を癒す絶好のタイミングともなります。


【参考】

⇒コラム記事「そもそも惑星逆行とは何でしょう?」はこちらから

⇒コラム記事「惑星逆行が激しい。だから個人個人も世の中も大変。」はこちらから

⇒コラム記事「陰陽の法則」はこちらから


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

そもそも惑星逆行とは何でしょう?

惑星逆行とは・・・?

地球から天体を見た時に、惑星が反対方向に進んでいるかのように見える「見かけの天体現象」のことです。
これは、実際に惑星が逆行して進んでいるという事ではなく、逆の軌道を進行しているように見えるだけの現象です。

201883194426.jpg

惑星の動きには、「順行」と「逆行」があります。

惑星は常に恒星(太陽)に対して、反時計回りに公転しており、地球から空を見上げると、惑星は西から東に移動しているように見えます。これを「順行」と言います。
それとは逆に、「順行」とは逆の方向、つまり地球から見て惑星が東から西に移動することがあり、惑星の位置がバックしたように見えることがあります。これを「逆行」と言います。

なぜ、「惑星逆行」が起こるのでしょうか?

それは、それぞれの惑星の公転速度が異なる為、地球が外惑星を追い越したり、地球が内惑星に追い越されたりすることになり、その時、地球から見ると惑星が「逆行運動」しているように見えるという訳です。

つまりこういうことです

太陽系の惑星は太陽から順に、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星(*冥王星は準惑星)で、それぞれの惑星は太陽に近いほど、早い速度で公転しています。

20188518810.jpg

地球よりも内側を公転する内惑星(水星・金星)は、公転軌道が地球よりも小さく、公転速度も早くなります。(太陽に近いほど惑星の公転軌道は小さくなります。)

そのため、内惑星が地球よりも手前にいたとしても、ある時点で内惑星(水星・金星)は地球に追いつき、追い越します。

内惑星に地球が追い越された時、地球から見ると内惑星が「逆行」しているように見えます。

地球よりも外側を公転する外惑星(火星・木星・土星・天王星・海王星)は、公転軌道が地球よりもずっと大きく、公転速度は遅くなります。(太陽から遠いほど、惑星の公転軌道は大きくなります。)

そのため、外惑星(火星・木星・土星)が地球よりも手前にいたとしても、ある時点で地球が外惑星に追いつき、追い越します。

地球が外惑星を追い越した時、地球から見ると外惑星が「逆行」しているように見えます。

これが「惑星逆行」のからくりです。

コラム記事「惑星逆行が激しい。だから個人個人も世の中も大変。」はこちらから
 


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

PAGE TOP