ホーム>コラム>店長コラム>2014年"四緑木星"の年・・・縁が運を繋ぐ~コミュニケーションの年
店長コラム

2014年"四緑木星"の年・・・縁が運を繋ぐ~コミュニケーションの年

四緑木星の特性

交際・縁・コミュニケーション・世間・風・癒し・穏やか・個性

2014年“四緑木星”の年をスムーズに過ごすには・・・?

20142615294.png

九星気学によると、2014年は「四緑木星」(しろくもくせい)の年にあたります。

正確には2014年2月4日(立春)から2015年2月3日(節分)までの一年間です。

この一年間に生まれた新生児の星は「四緑木星」となりますが、この一年間は「四緑木星」の星の影響、つまり四緑木気が日本国中、全ての人に影響を及ぼします。誰もが皆、四緑木気という「気」の中で生きていることになります。


 

2014年「四緑木星」の年は「縁が運を繋ぐ」一年となります。

縁とは・・・人と人、人と物、人と事、人と場所、人と仕事、人とお金、人と情報、 人と神仏など、さまざまな繋がりや関わりをもたらす事で人生に広がりを与えてくれるもの。「縁」にも「良縁」「悪縁」「鎖縁」などがありますが、今年は、ぜひ「良縁」を繋いで、良き人間関係を紡ぎ、運の繋がりを構築しましょう。

「縁」作りに重要な事は、「コミュニケーション」と「人間関係」です。この一年間は、良くも悪くも「コミュニケーション」と「人間関係」の作用が大きく出て来ます。

得意な方はさらに長所を伸ばして、相手を選ばない柔軟なコミュニケートが吉。好き嫌いを基準にした交際の選り好みは運気を低下させることにも・・・。

不得意な方は積極的にトライして、短所を克服する絶好のチャンスとなります。世間との関わりを億劫がっていては、社交性のなさを加速してしまい、ますます世間との接点が薄れていってしまいます。

いずれにしても、開運のポイントは、できるだけ外や社会に出て行き、世間と関わり、さまざまな人間関係を結び、社交を楽しむことです。また、新しい「縁」だけではなく、家族や親戚付合い、疎遠になっていた古くから交流のある交友関係を再開、深める事も見逃せないポイントです。
新しく得た「縁」も、古くからの「縁」も続けて行くことで価値が生まれるものです。
 

201426153757.JPG

その時に重要なのは「流れに沿う」こと。
自分にとって必要な縁や出会いが、必然のタイミングで起こりますので、それを見逃さないことが大切です。自然に回って来た縁、示された縁は必ずゲットしましょう。例えば、回転寿司のように・・・回ってきて「好き!」とか「これ!」とか思ったネタには、気後れせずに、出遅れずに、すぐに手を出して手に入れるような感覚です。流れに乗ってチャンスをつかむ事が成功への架け橋となります。

自然に回って来た縁とは・・・?このように捉えるとわかりやすいでしょう。
用意されていたかのように自然の流れの中での出会いであったり、相手と波長が合うなと直観したり、その縁の先が繋がって未来が見えるような気がした時、また、相手先から望まれて呼ばれた時、そんな時です。

 

201426154329.jpg

逆に、自然に逆らっている無理やりの縁は逆効果となります。波長が合わない人や場所、会社などに無理につっこんでも、良き縁は期待できませんし、長続きしません。大切なのは、良縁なのか悪縁なのかを見極める能力です。

 

それには、自らの直観力や千里眼が磨けているか・・・?が重要なファクターとなります。

第三の目(眉間のチャクラ)やオーラをますますクリアーに整えて、「良縁の波」に乗って行きたいものですね。

 2014年のキーワード

交際(交流・紹介)
心の広い交際、交流を心がけ、なるべく選り好みしない事。
自らのアンテナや交流は外部や世間に向けて吉。
人でもモノでも情報でも、積極的に「紹介」して吉。
交際費はあまりケチらずに。仕事においては、営業費や広告宣伝費は計画性を持って使って吉。

コミュニケーション(会話・連絡・相談・報告)
一方通行ではない、往来が重要。返信や返答は忘れずに。
確認や相談を密に行い、確実なコミュニケートを心がけましょう。うやむやのままで放置するのは 危険です。自分の言いたいことがしっかりと相手に伝わっているのか?相手の会話を自分は適格に理解しているか?中途半端で終わっているコミュニケーションはないか?確認が重要です。

今年は、コミュニケーションのミスは大きなトラブルに発展しかねません。

風(流れ・流行・旋風)
流れに乗り、逆らわない事。
淀まないように風を起こすことが大事。運気が淀んでいるならば、方法や方策を変えてみましょう。
部屋の中では、換気や空調に気を配りましょう。
流行に乗ってみたり、ファッションに気を使うことも吉。流行や旋風を作る仕事も注目されます。

インフルエンザや伝染病なども流行る予測なので、注意しましょう。

柔軟性(しなやかさ)
どんな風がふいても「柳」のようにしなってみましょう。周囲の空気を読み、成行きに従い、しなやかに柔軟に対処したい一年です。

温和(穏やかさ)
樹木のような寛容な穏やかさが今年のエネルギーと合致します。強い、硬い態度や言葉は避けて吉。どんな場面に於いても穏やかにを対処したいものです。

個性
個性こそが武器になります。自らの個性を磨き、活かし役立てて、世間に認めてもらえれば、成功へと繋がります。

四緑木星は「緑」と「木」と「縁」(長いもの)で象徴されます

201426155813.png

四緑木星を象徴する神仏は「弁財天」です。

弁財天は、ヒンドゥー教の川の女神「サラスヴァティー」を原型とし、日本では、川や池、海などの水辺にお祀りされていることが多い。音楽、芸能、財運、言葉(コミュニケーション)等を司り、そのご利益はいずれも、「水」に象徴される、 流れて巡る性質のものである。弁財天の化身は「龍」や「蛇」であるとされ、これらも水や長いものを象徴している。

弁財天や龍神をお参りすることも、今年は開運のポイントとなります。

 2014年のラッキー・アイテム

201426161618.jpg

龍 ⇒龍彫水晶
観葉植物
木製品
繊維製品・紐製品・編み製品  ⇒麻製品
ヘアケア製品
癒し製品
(観葉植物、アロマ、パワーストーン、リラクゼーション・グッズなど)

 

2014年のラッキー・プレイス(場所)

森林、龍神や弁財天をお祀りする神社やお寺

2014年のラッキー・フード

麺類

2014年のラッキー・カラー

緑・ブラウン・ベージュ

2014年のラッキー・ストーン

緑色の石 ⇒心身の癒し、疲労回復、心の平穏をサポート
ペリドットプレナイト、アベンチュリン、グリーンアゲート、翡翠、モスアゲート、マラカイト、エメラルド、サーペンティーン、グリーン・フローライトなど

水色 / 青色の石 ⇒コミュニケーション力をサポート
アクアマリンブルートパーズラリマーブルーレース、アクアオーラ、ターコイズ、エンジェライト、ラピスラズリアマゾナイトコスモオーラブルーアゲートなど

オレンジ色の石 ⇒人間関係をサポート
カーネリアン、オレンジカーネリアン、サンストーン、オレンジカルセドニー、オレンジカルサイト、オレンジアベンチュリンなど

龍彫りの石 ⇒金運・財運、商売繁盛、芸能・芸事、浄化をサポート
龍彫り丸玉水晶龍の水晶台、龍彫りのビーズなど

最後に

来年2015年の三碧木星の年は、『発展・開拓』の年になります。
今年の四緑木星の年には、来年に対する余力を残し、来年に向けてのバネを構築するためにも、「ゆとり」を確保しておきたいものです。自らに休息を与えながら、ゆとりを持って心穏やかに過ごすのがお勧めです。疲れたなと感じる時は休む日、コミュニケーション・オフの日、情報オフの日も必要です。頑張り過ぎは禁物です。

九星気学とは・・・?

九星気学(きゅうせいきがく)は、古くは中国から伝わり、現在では日本でもよく知られている占術で、「東洋占星術」とも言われています。
人間の生まれた時の地球上の気の配置と干支(えと)に陰陽五行説(木・火・土・金・水の5元素が森羅万象に影響する)を加味した理論がベースになってお り、1から9までの数字と白・黒・碧・緑・黄・赤・紫の7色と木・火・土・金・水の五行を組み合わせて、人間の生まれながらに持っている運気を大まかに九つの星に分類して占います。一生の総体的なバイオリズムをふまえて、悪い運命を避け幸運な運命を開く方法論を提示します。

例えば、2014年2月4日から2015年の2月3日までに生まれた人は「四緑木星」の星をもつことになり、
地球上でのこの一年間は、皆一様に「四緑木星」の氣の影響を受けることになります。

 

ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hanalei-stone.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/23

PAGE TOP