ホーム>コラム>店長コラム>節分にまつわる「鬼」のはなし
店長コラム

節分にまつわる「鬼」のはなし

節分にまつわる「鬼」のはなし

2月4日の立春を境に季節が春に移り変わります。その前日、2月3日は節分です。
節分は本来、季節を分けるという意味において、春夏秋冬、一年間に4回あるべきものですが、現在では、旧暦の年が始まる日(2月4日)の前日を節分として、豆まきや恵方巻きを食べる風習が行事として残っています。節分は旧暦の大晦日(おおみそか)にあたるので、大払いという意味合いから、禍(わざわい)を払って福を呼び込むために「豆まき」が行われます。季節の変わり目に、厄介事や邪気を払い、福を呼び込む儀式です。「鬼は~そと~」「福は~うち~」というかけ声とともに、私たちは当たり前のように、何の疑いもなく、豆まきを行っています。

節分にまつわる「鬼」のはなし

しかし、この「豆まき」行事に、日本の国を乱すための「あるマジック」がかかっていたとされる説があります。鬼は一般的には、怖い存在で災いや厄介をもたらすものと理解されています。しかし、鬼を守り神として信仰している地方もあり、「鬼瓦(おにがわら)」や秋田県の「ナマハゲ」など、「鬼」を味方につけて、その怖い形相で厄を払ってもらい、福を得るという風習もあります。実際に、古来より「鬼はうち~」「福はうち~」と言って豆まきを行うエリアもあるほどです。
鬼は「恐ろしい怪物」であると同時に「幸せをもたらす、強い守り神」という両面をもっているのではないでしょうか。鬼の他にも、たとえば「不動明王」など、憤怒顔の怖い形相の神様が「厄払いの強いパワーを持っている事も多々見受けられます。

節分にまつわる「鬼」のはなし

「おに」という言葉の語源は「おぬ(隠)」であると推測されています。「おぬ」・・・つまり、「姿の見えない」「この世のモノではない」という意味を持ちます。山岳信仰で有名な奈良県のあるエリアにおいては、「超能力をもっている」人たちの事を「鬼」と恐れ、差別したという歴史もあるようですが、この人たちは今の世なら、「ヒーラー」や「チャネラー」として『師』と仰がれ、良い意味で注目を集めていたに違いないでしょう。鬼には角(つの)が生えていますね。実は、鬼の「角」はアンテナの働きをするものなのです。尖っているものはどんなものでも受信力が高いものです。例えば、仏塔、ピラミッド、水晶の原石、屋根などです。これらは、エネルギーの受信を容易にできる形になっています。一角獣のユニコーンも同じかもしれません。アンテナが受信力の高さ、つまりパワーを表しているのです。

節分にまつわる「鬼」のはなし

また、鬼は「陰陽道」においては丑寅(うしとら)を意味しますが、丑寅とは方角においては「北東」、つまり、「鬼門」にあたります。どうりで鬼は「牛の角」と「虎の牙と爪」を持ち、「虎皮のパンツ」をはいていますね。「鬼門(きもん)」は鬼が出入りする良くない方角と忌嫌われてきました。それゆえ、節分の豆まきでは「悪い鬼は外」と日本人は信じて疑わずに、「鬼」を封印して来たのです。
ここに「マジック」が働いています。
豆まき以外にも、例えば、花嫁衣裳の和装の場合、花嫁さんは角隠しをかぶりますね。これも女性のアンテナ(エネルギー受信や直観のための)を封印して、男性優位(男尊女卑、権力)社会実現のためのマジックではなかったのか・・・?と疑ってもいいのかもしれません。このような数々の「封印マジック」が働いて、日本の世がここまで乱れきってしまったということです。

節分にまつわる「鬼」のはなし

では、封印されている「鬼」とは何なのでしょうか?鬼は実は、「古事記」にも「日本書紀」にも登場する、天地開闢(てんちかいびゃく)の折に現れた根源神、「国常立尊(クニトコタチノミコト)」であるという見方があります。
「国常立尊」は、泥海の状態にあった地球の天地を、修理して固めて、地球の基礎を創りました。それゆえ「日本の国土創生の神」とも言われています。「日本書紀」では、国常立尊は最初に現れた神で、「純男」・・・陽気のみを受けて生まれた神で、全く陰気を受けない「純粋な男神」とされています。

節分にまつわる「鬼」のはなし

因みに「鬼」は音読みすると「キ」ですが、「キ」は「黄」や「氣」、つまり太陽の色やエネルギーを象徴します。実のところ、「鬼」はパワーの大きな、エネルギーの高い、陽気の強い、純粋で太陽のような、「国常立尊」的存在なのかもしれません。
「国常立尊(クニトコタチノミコト)」は長きに渡り、丑寅の方角に「鬼」よばわりされて封印されていたのですね。 豆まきの風習も手伝い、日本人みんなで、知らず知らずのうちに封印して来たという事です。 この神が封印された事により、世の中には陰気が蔓延し、世は更に乱れた。再び、この国常立尊が世の中に現れた時、世の立て直しが起こると言われています。

 今年2013年のテーマは「地球の再生」「基礎固め」。  ⇒ 2013年 “五黄土星の年”・・・再生の年 参照

国常立尊様は、今年ぜひとも活躍して頂きたい神様ではありませんか!  
そろそろ、鬼というダミーのお面をかぶせて、純粋な陽気(太陽)のパワーを持つ「地球再生」の神様を封印している場合ではない筈です。 今年の節分の豆まきは「鬼はうち~」「福もうち~」に変えてみるのも良いかもしれません。
ついでに今年の旅の計画に「国常立尊(クニトコタチノミコト)」詣を入れてみてはいかがでしょうか?

【参考】「国常立尊(クニトコタチノミコト)」を祀る神社

 

ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.hanalei-stone.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10

PAGE TOP