ホーム>コラム

コラム

呼吸器の健康やウィルス対策には「風門(ふうもん)」のツボを強化しよう!

風邪(ふうじゃ)の入り口が風門(ふうもん)

『風邪』と書いて一般的には「かぜ」と読みますが、東洋医学的には『風邪』と書いて「ふうじゃ」と読みます。東洋医学では、風などの自然現象や暑さ寒さ、湿気や乾燥など、人を取り巻く外的環境も病の原因になると考えられており、これを「外邪(がいじゃ)」と呼びます。外邪の一つである「風が運んでくる邪」が「風邪(ふうじゃ)」です。風が運んでくる邪とは、いわゆる邪気や風邪菌などのウィルスです。

風門(ふうもん)は風邪の原因となる「ウィルス」の侵入口

202042182129.jpg

この風邪(ふうじゃ)が入ってくる入口が「風門(ふうもん)」というツボです。風門は首の下、左右の肩甲骨上部の間に背骨を挟んで2か所あります。

風邪をひくときは、背中に悪寒を感じ、風門というツボ周辺がゾクゾクすることがあると思います。風門は風邪などの原因となるウィルスの侵入口であるとも考えられています。現に筆者も以前に風邪をひいた際に、風門に風邪菌が入ったという瞬間的な感覚を覚えたことがあります。
風門のエネルギーが枯れていると風邪をひきやすくなってしまいますので、風邪やウィルスに対する免疫力を上げるには「風門のパワーアップ」が大切です。

風門の働き

★全身を温める働き
★血流を良くする働き
★自律神経を整えるスイッチの働き
★呼吸器を良くする働き
鍼灸においては風門のツボにお灸をすることで、呼吸器粘膜を丈夫にし、肺の働きを強化するとされています。

風門をパワーアップするには・・・?

★風門付近(うなじから背中上部)を温める
★風門付近(うなじから背中上部)の保湿
★トルマリンやテラヘルツ、水晶などのパワーストーンを活用する(ページ下方に商品紹介あり)

うなじ~風門あたりを温めましょう!

風門を温めると風邪予防、自律神経の乱れによる頭痛、肩こり、首の痛み、耳鳴り、腰痛、便秘、眼精疲労、全身の疲労感、倦怠感などの改善につながります。
うなじを温めると太い血管(動脈・静脈)が拡張して、血流が増え、酸素や栄養分が脳や筋肉などにたっぷりと送られて、疲労物質が体外へと運び出され、疲労感や不快感が緩和されます。

うなじ~風門を温めるには、首周りにストールやマフラーを巻いたり、タートルネックを着たり、肩の下にカイロを貼ったりしましょう。睡眠時に首~肩周りにタオルを巻いて眠ることも効果的です。夏でも冷房による冷えの対策には首元に薄手のスカーフを巻くことがお奨めです。いずれにしても首周りに寒さを感じないことが大切です。

余談ですが、首のみならず、手首、足首も含めた3か所の首のケアはとても重要です。硬くなったり、乾燥しないようにいつでも調子を整えておくことが、氣の流れや血液循環を促すことになり、代謝を高め健康にも繋がります。

うなじ~風門あたりを保湿しましょう!

風門付近の皮膚の乾燥も「風門のエネルギー枯れ」につながります。風門のみならず皮膚の乾燥は全身のどこであっても、体調の不調につながるといわれています。皮膚は肉体のバリア機能を持っていますので、たかだか皮膚の乾燥と侮らないことが大切です。皮膚の乾燥によって「むくみ」や「冷え」「アレルギー症状の悪化」「自律神経の乱れ」などが引き起こされることもあります。

うなじ~風門あたりを温め、保湿することで、風門の機能がパワーアップし、冷えや血行不良、自律神経の乱れを食い止め、ウィルスに対する抵抗力を上げることも可能です。

入浴後は皮膚の水分が失われて乾燥しがちです。お風呂あがりのタイミングで、首周りや肩の下あたりに乳液やオイルなどを塗ってうなじや風門の乾燥を防ぎましょう!

手洗いに伴う手の乾燥にもご注意を!

最近はコロナウィルス対策で以前よりも手洗いの回数が増えていることと思います。
石鹸を使用することで手の皮脂も落とされ、手の乾燥や手荒れが悪化しますので、手洗い後には指先から手首までハンドクリームを塗る習慣を持つと良いでしょう。男性の方も普段はハンドクリームを持ち歩く習慣は少ないと思いますが、この機会にぜひハンドクリームの導入をお試しください。

手は様々なエネルギーが入りやすい箇所ですので、いつも皮膚の状態を整えて皮膚バリア機能を万全にしていると安心です。皮膚の状態が良いと良いエネルギーを受け取りやすくなります。

風門のケアと心身の活性化におすすめの商品

パワーストーンを利用しましょう!

★テラヘルツマット 
テラヘルツのさざれ石を用いたマットで、首や肩、腰の下などに敷いたり、不調な箇所に乗せたり当てたりしてご使用頂けます。ケイ素(高純度シリコン)のパワーで心身を活性化します。肩の下あたりに敷いてお休み頂ければ、風門のケアにもなります。ハナレイオリジナルの新商品。因みに筆者はこのマットを就寝前にガスストーブの前に数分置いて、温めて使用しています。ホンワカ温まって気持ち良いです。

★テラヘルツ&水晶マット 
テラヘルツと水晶のさざれ石を用いたマットで、首や肩、腰の下などに敷いたり、不調な箇所に乗せたり当てたりしてご使用頂けます。ケイ素(高純度シリコン)と水晶のパワーで心身を活性化します。ハナレイオリジナルの新商品。

★ブラックトルマリンのさざれネックレス
首周り~胸~みぞおちにかけてマイナスイオンと遠赤外線を補給し、新陳代謝と血液循環を促します。
首のハリや肩コリ、電磁波や疲労物質の除去、血流促進、免疫力UP、冷えの緩和、グラウンディング、邪気除けなどにもお奨めです。首周りを守るので風門のエネルギーUPにもお奨めです。

★トルマリン・ネックピロー(現在売り切れていますが、制作中です)
首や肩、腰などがコリ固まっている時に肩や首。腰の下に敷いてお休みください。額に乗せてお使い頂ければ「思考や目」の疲れも緩和します。ハナレイオリジナル商品。

★トルマリン・アイマスク
眼精疲労や眉間のチャクラの調整用に開発した商品です。目の上に乗せても重くない適度な重さで耳にひっかけるループがついています。しばらく目の上に乗せていると、目がスッキリします。目や額の上のみならず、首の下や肩の下、腰の下に敷いてのご使用も可能です。ハナレイオリジナル商品。

ヘンプ(麻)が首回りにあると邪気除けに有効です

ヘンプ(麻)は周波数が高い植物で、大麻は古代の日本では神様を繋ぐ依り代として、そして、神道ではお清めのツールとして使用されて来ました。
現在でも伊勢神宮のお札は『神宮大麻』と呼ばれています。
ヘンプ(麻)はパワーストーンと同様にエネルギーが高く邪気除けにも優れたパワーを発揮します。

当店では石を入れて首から下げられる、手作りのヘンプ(麻)製のネックレス型ホルダーを販売しております。邪気除け、グラウンディング、風門ケアに「トルマリン」や「テラヘルツ」のタンブルストーンを入れてみてはいかがでしょうか?

胸部(ハートチャクラ)上部の胸腺もまた免疫力を司ります。胸腺はちょうど風門の表側(身体前面)に位置します。胸腺には「緑色」のストーンが有効ですが、特に「アベンチュリン」がお奨めです。

⇒ヘンプ・ネックレス(ホルダータイプ) 麻の石入れはコチラから
※タンブルストーンはヘンプ・ネックレスSサイズに入ります。

⇒ブラック・トルマリンのタンブルストーンはコチラから
⇒テラヘルツのタンブルストーンはコチラから

⇒アベンチュリンのタンブルストーンはコチラから

⇒水晶のタンブルストーンはコチラから

 


春を迎えるこの季節、暖かい日と寒い日が入れ替わりながら、私たちは気温差の変動が大きい日々を過ごしています。このような季節は気温や気候の変動に身体がついて行けず、自律神経も乱れがちです。
コロナ疲れによる緊張感で自律神経の乱れに拍車がかかっているようにも思います。
自律神経の調整と風邪や呼吸器、ウィルス対策に、ぜひ「風門」のケアにも意識を向けてみてくださいませ。

 


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

2020年3月24日 牡羊座新月~魂の炎を燃やして~ニュートラルからのスタート

2020年3月24日の18:28に牡羊座5度の位置で新月が起こりました

土星が山羊座から水瓶座に移動⇒水瓶座の時代に向けての試運転開始

新月の2日前の3月22日に土星が山羊座から水瓶座に移行したことで、非常に厳しいプレッシャー(忍耐・停滞・制限・困難・先が見えない)から解放されて、自由・希望・未来がイメージできるといった明るいエネルギーに変わりました。

桜も一気に満開になり、心なしか街中でも人出が多くなっていたように思います。
そろそろ、留め置かれていることに対して人々が生き詰まって来た証なのでしょうが、下落続きであった日経平均株価も3月23日には久しぶりに上昇しました。コロナウィルスについてはさらなる拡大が続いており、世界的にまだまだ深刻な状況の中で経済や流通、雇用など・・・今後も大きな波乱が予想されます。
しかし一方で、土星が水瓶座に入った頃からエネルギー的には多少、緊張感がほぐれて来たように感じます。水面下では着々と未来に向けての明るい兆しが繋がって来ているのではないでしょうか?

関連記事「3月22日に土星が山羊座から水瓶座に移動~アクエリアスエイジに向けての試運転開始」はコチラ

3月24日牡羊座新月を起点として2020年のエネルギーが本格始動!!

牡羊座のキーワード

パイオニア(開拓者)・スピード感・チャレンジ精神・勇気・前進・希望・リーダーシップ・シンプル・無垢・無鉄砲・生命力・直感力・行動力・決断力・競争・スポーツなど。

20194605320.jpg

3月20日(春分の日)には宇宙元旦を迎え、宇宙新年が始まりました。
宇宙元旦とは、牡羊座から始まる12星座の新しいサイクルが始まることを意味する占星術的表現です。春夏秋冬、春から始まる一年のサイクルの幕開けを意味します。

まだまだ世界的な混乱と不安感、経済的危機の真っ只中にはありますが・・・

占星術的な一年の始まりを意味する「宇宙元旦(春分)」直後の牡羊座新月です。12星座のトップバッターである「牡羊座」での、スタートを意味する「新月」なので、何もかもまっさらな「ぴかぴかな一年生」のようなフレッシュな心もちで新年度をスタートしたいものです。

注目すべきは・・・全惑星が順行中での新月であるというコト

全惑星(10天体)の順行期間中に、牡羊座の新月を迎えることができるわけです。
全惑星とは、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10天体のことです。

全惑星が順行している中で、牡羊座の新月が起こることは奇跡とも言えるくらい、非常にレアなことです。このことからも、とても重要な新月であると言うことができます。

全惑星の順行期間は4月25日までの期間限定。

あらゆることのスピードが加速します

全惑星の順行期間中は、あらゆることのスピードが加速します。
願いや思いを現実化するスピードが速まりますので、ぜひポジティブな決意や指針を表明してください。

3月22日に土星が水瓶座に入ったことで、変革のエネルギーも早回しになります。
怒涛の勢いでモノゴトが進展して行くので、
様々なことがバタバタと決まっていったり、逆に崩れたり、目まぐるしい日々になるでしょう。更新(アップデート)の速度がフル回転で作動するようなイメージです。そのためには、デリートするコトの量もおのずと増えていきます。失うコトや手放すモノも多くなります。

NTTドコモは3月25日に、auは3月26日に、ソフトバンクは3月26日にそれぞれ「5G」の新サービスを開始します。ますます世の中がスピードアップ、ヒートアップしていきますので、自分自身としっかりと繋がって、ぐらつかないように、流されないように心がけてくださいませ。

牡羊座はやる気満々の熱い星座ースピードアップ&ヒートアップ

牡羊座を守護する惑星は火星

2019101420632.jpg

牡羊座(火星)は、「火」のエレメント(元素)を持っており、「男性宮(陽性)」のエネルギーに属する「活動宮」です。

火も男性も活動も、全て陽性のエネルギーです。牡羊座がどれだけ「陽気」が強いかということがわかります。

火星は火のような「パワー」を象徴し、行動力・実行力・積極性・エネルギッシュ・集中力・情熱・やる気・スポーツ・勝負事・外科手術・身体の頭部&脳などを司ります。

牡羊座5度のサビアンシンボルは『羽のある三角形』(A triangle with wings)

占星術での5度は『刺激を求めて冒険する』を意味します。これはあらゆる星座に共通します。
今まで経験したものを持って、次のステージに変化しようとしている姿です。

上向きの三角形は『陽のエネルギー』(男性的)を表しています。
羽(翼)は『自由に向かって飛び立つ』決意を表しています。

2020324141423.jpg

「羽のある三角形」は翼をもった三角形が、燃える炎のように湧き上がる熱意を燃やして、天の方向に飛び立とうとしている様子です。
まさに、次の世界に向けてのTAKE OFFの瞬間です。

・心の衝動の炎を燃やしています。
・希望に向かって飛び立つ勇気を持っています。
・自分の直感に従って行動しようとしています。
・精神的に高いところを目指そうとしています。
・自分の目指す世界を自由に飛び回ろうとしています。

魂の炎を燃やしましょう!

・自分の本能に従って、衝動的に沸き起こる感情や熱意に従った行動を起こしてください。
・周囲の状況や意見から意思決定するのではなく、自分の気持ちや思いを重視して意思決定をしてください。
・新しい考え方に変えてみる、新しい価値基準を持つ、新しい事を始めてみる等・・・新しい何かを起動してください。
・自分に正直に、そして自分を信じて進んでください。
・願いや希望は叶うと信じ切ってください。自らの意志が自らの人生を操縦します。

やる気満々すぎて、浮足立つ傾向も出やすくなるので、常に丹田に意識を集中して、足元(グラウンディング)を安定させるように心がけてください。

癒し(ヒーリング)を取り入れましょう!

春はデトックスの季節です。冬の間に溜めこんでいた毒素が出てきて体調を崩しやすくなります。また、土星が山羊座から水瓶座に移動したことで、緊張感も少しほぐれて来ます。心身の緊張感が緩むと、溜め込んでいた疲労感を感じられるようになります。この時期は体調管理、セルフケアをしっかり行って体調を整えて、軽やかにこれからのシーズンを過ごして行きましょう。
⇒「浄化・デトックスをサポートするフラワーエッセンス&精油」はコチラ

キロン(傷ついたヒーラー)が癒しをサポートします

健康や労働を表す第6ハウスに「太陽・新月・キロン」がコンジャンクションして(重なって)います。
キロンは冥王星の衛星で、傷と癒しを司り「傷ついたヒーラー」とも呼ばれます。
破壊と再生の象徴である冥王星の衛星なので、プチ冥王星として「傷と癒し」を象徴します。
今般傷ついた(疲れた)心、身体、そして労働面に癒しを与えるパワーが強まりますので、さまざまな癒しを取り入れて自らを癒してあげましょう。

ヒーリングセッション、マッサージ、オイルトリートメント、エステ、アロマテラピー、自然散策など・・・ご自分を癒してくれるお好きなものでメンテナンスすると良いでしょう。

牡羊座は肉体の部位では、頭部や脳と関わります。頭皮マッサージやヘッドトリートメントを受けると効果が上がるのでお奨めです。気分転換にヘアスタイルを変えてみて、意識的に新しい自分に生まれ変わってみるのも「牡羊座新月」らしい行動です。

ハナレイのヒーリングメニュー

★ヘッドトリートメントはコチラ

★ボディトリートメントはコチラ

★フェイシャルトリートメントはコチラ

★クリスタルヒーリングはコチラ

★レムリアンヒーリング®はコチラ

★フラワーセラピー(メモリオイル/フラワーエッセンス)はコチラ

★「浄化・デトックスをサポートするフラワーエッセンス&精油」はコチラ

新月には願い事の宣言を!

新月から満月に向かう期間は、モノゴトを拡大、膨らませるパワーを得ることができます。夢や願望を叶えるパワーも膨らみます。そのため、新月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に願い事や目標を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。願い事の数は2つから10個までが妥当。
「私は〇〇〇を達成しました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。
書くのが面倒なら、心に念じて新月を思って誓いを立てるのでも良いと思います。

3月24日の新月は18:28に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に願い事の誓いを立ててみてください。
8時間以内となると3月24日の26:27(3月25日02:27)までです。

8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(
3月26日16:18 ~ 22:38)は避けましょう。
ただ、今回はほとんどボイドタイムには引っ掛かりませんね。

ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

最後に

現在、コロナウィルス蔓延の状況下で、ヒト、モノ、お金の動きが著しく停滞しており、波乱ずくめの毎日が続いております。東京オリンピックの延期も決定したようです。地球丸ごと、全人類には大変な試練と困難が訪れていますが、過去の在り方、暮らし方においての過不足や反省点、改善点なども顕著に見えて来ているように思います。さまざまなことに損害や被害が発生し壊れることで、一度ニュートラルに戻って、整理、整備して・・・そして、よりよい未来に向かって全人類が飛び立とうとしている。そんなエネルギーを感じる「2020年3月24日牡羊座新月」です。

私たちは暗闇の中にいるわけではありません。未来へと続く希望の光が明るく照らしてくれています。
その気配を感じとって、アクエリアスエイジへの道を切り開いて行きましょう!

 


長い文章を最後までお読み頂き、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

3月20日春分(宇宙元旦)さぁ、分離から統合に向けての準備を万全に!!

山羊座の時代から水瓶座の時代に移行する“繋ぎ目”ー最後の調整期間に入ります

宇宙元旦とは春分の日のことで、占星術においては「太陽が牡羊座の位置に入る日」です。
牡羊座は12星座のスタートを切る星座で、宇宙元旦は牡羊座から始まる新しいサイクルの始まりを意味します。春分から始まる新たなサイクルは「風の時代」にスムーズに移行するための「締めくくり」期間となります。

「地のエレメント」から「風のエレメント」への切り替えが起こります
 

2020年12月後半より、いよいよ本格的な水瓶座(風)の時代に入ります

2020年は「地の時代」から「風の時代」への切り替えのための重要な“繋ぎ目”の年です。
2020年12月後半に木星が山羊座から水瓶座に入るタイミングで、『地のエレメント』から『風のエレメント』に完全に切り替わる「グレート・ミューテーション」が起こります。グレート・ミューテーションはおおよそ200年間~240年間に1回起こるレアなイベント。私たちは約200年間続いていた「地の時代」から、これから約200年間続く「風の時代」に切り替わる大きな節目を迎える訳です。
エレメント(元素)が変わるということは、今まで住んでいたステージが一変しますので、これまでの常識が覆されると言っても過言ではなく、私たちには常識外や想定外のことを受け入れる準備が迫られます。

エレメント(元素)の切り替えと同時に「パラダイムシフト」が起こります

パラダイムシフトとは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することです。変化できていない部分は、強制的に変化を余儀なくされることでしょう。

私たちは、これからの9か月間に、このパラダイムシフトについて行けるように最終的な準備を進めることになります。歴史的な「時代の大転換期」ですので、新しい価値観に合うように、自分自信を慌ただしく変化させて行かざる得ません。

コロナウィルスショック、人・モノ・お金の動きの停滞、経済活動の大混乱、株価の大暴落、オリンピック開催の危機、これらの大混乱のさなかでの準備なので、本腰を据えていかないとなりません。
ある意味大きなお試しとなります。しかし、困難の後には平穏が待っているものですから、くじけずに乗り越えて行きましょう。

水瓶座は変革の星ー新しい風を持ち込みます

水瓶座のテーマは・・・?

水瓶座を守護する惑星は『天王星』です。天王星の象意は「改革・刷新・先進的・独創性(オリジナリティ)・個性」などです。水瓶座は、過去のものを一度壊して全く新しいものに刷新していくパワーを持っています。

社会の中で出来上がってしまっている、または今まで当たり前だと思ってきたルールや固定観念、常識といったものを改革します。そして、ひとりひとりの独自性を活かして、それぞれが自立し、皆で繋がりながらより良い未来を創造していくことが水瓶座のテーマです。

水瓶座(風)の時代には、トップが偉ぶってのさばって、富を吸い上げるのではなく、個々人の能力を認め合って、尊重しあって、最高の収穫を得て、皆で分かち合う・・・というビジネスモデルが描けます。

トップが偉ぶってのさばって、富を吸い上げている組織や国は、正されるために大きな揺さぶりを受けることになります。このままでは、立ち行かなくなるという気付きを得るための揺さぶりです。
おそらく現在の「コロナウィルス」による揺さぶりは、水瓶座(風)の時代を迎える準備として世界中に現れてきているのだと思います。

物質重視から非物質重視へ

地のエレメントから風のエレメントに変わることで、物やお金などに価値を置く「物質重視」の価値観から、ネットワーク、知識、コミュニケーション、心、波動など「非物質重視」の価値観へとシフトします。

物質を進化させる時代から目に見えない非物質を進化させる時代に変わります。
非物質に対する研究が加速度的に進み、人々の理解も深まって行くでしょう。

縦社会から横社会へ

水瓶座(風)の時代には、グローバルな視野を持ち、組織や体制にとらわれない自由で平等な世界を目指します。

トップが下々を統制、コントロールしていた「縦社会」(三角形/ピラミッド構造)から、中心が求心力となって、個人と個人が連携して総合力を発揮する「横社会」(円/らせんの構造)へと変化します。

依存から自立へー支配体制からの卒業、そして自由へ

個々人にとっては、支配体制からの解放ということになり、依存や寄生といったことからは脱却せざるを得なくなるでしょう。寄りかかっていた後ろ盾や、組織や体制という傘に守られているという図式がなくなる訳ですから、自由を得ることができる一方で、自己責任で生きて行かなければならなくなります。

それには自信に裏打ちされる『自立』が問われることになります。
自信とは自己を信頼できている状態。自己を信頼するには、自分自身と繋がり、外部に振り回されていない状態、つまりセンタリングが必要です。そして、自立とはエネルギー的に自分の力で地球上に立てている状態、つまりグラウンディングが必要です。

グラウンディングとセンタリングができていれば、自分自信の真我(高次の自己)と一体化することが容易になります。他人の価値観でモノゴトを選択、決定するのではなく、自分の心や魂の深いところの考えに従って人生を歩んで行くことができるようになります。そのような状態が「真の自由」なのです。

真の自由は自立あってのこと。グラウンディングとセンタリングができていないと自由を得ることができません。

地球ごと反省中ーコロナウィルスから得る教訓《強制的なリセット》

自己管理・足元固め・助け合いの精神・強い精神力・ペースダウンを養うチャンスとなる

現在、非常事態の渦中で、国内はもちろん、全世界で協力してコロナウィルスの対策を行っています。コロナウィルスに起因する全世界的な株価の大暴落や経済的マイナス影響も、全世界で手を取り合って一致団結して打開策を打って行かなければならなくなっています。もはや、一国主義だけの対策を練っていてもお手上げの状況が来ています。

この緊急事態は世界にとっては、多大な被害と損害が出ており、とても痛ましいことであり、大きなショックです。一日も早くこの事態が終息に向かうことが待ち望まれます。

しかし、別の方向からこの事態を眺めてみると、国家も組織も個人も常識外や想定外のことを受け入れる準備であり、ある意味、縦社会や一国主義を崩壊させるための地球レベルでの『強制的なリセット』であるととることができます。
強制的に人々の動きがストップされることで、働き方そのものや働く時間の見直しであったり、国や社会の決まり事の見直しであったり、様々な不足の再確認であったりと・・・見直しのための良ききっかけになっています。また、少ない物資を取り合うのではなく、「皆で分かち合うことの重要性」を強制的に学ばされている機会になっているのではないでしょうか?

個人にとっても強制的に行動を制限されることで、自分自身を振り返る時間が増え、一人一人が「自己管理」に対する認識が上がったように思います。皆さんが今まで以上に「免疫力」を意識することで、生活習慣や食事の見直し、休息をとること、睡眠をしっかりとることなどに気を配る傾向が増えていることでしょう。また、ゆっくりと家の掃除や片づけを行う時間も確保できたのではないでしょうか。いつも忙しく、せかせかと急いでいるライフスタイルからゆっくりと静かにする時間を与えられたことで、世界的な大きな巻き戻しが起こっているように感じます。

コロナウィルスから得る教訓《まとめ》

・いつまでも他人や国任せで浮足立っていないで、「足元をしっかりと固めて」踏ん張り抜く。
・自らの健康管理をしっかりとする。
・不安感に流されないで、強い精神力を養う。
・皆で協力し合うことの重要性。

IT社会が構築してしまった「浮足立ったバーチャルな世界観」そして「人に時間的ゆとりを与えないスピード重視の時間感覚」。これらが行き過ぎたツケが、世界的「足止め状態」を引き寄せたように思えてなりません。

この世界的な大打撃と試練は、今後の世界がバランスを取り戻すための「強制的なリセット」である。。。と思います。

「分離の時代」から「統合の時代」へ

〔地の時代=組織・体制・統制の時代〕⇒〔風の時代=個人力・自立・協調の時代〕

体制や組織の傘の下で統制されていた時代から、個人個人が自立して、皆で協調して助け合って行く時代に変わります。

地球上の人種、宗教、国籍、性別、文化を超越してワンネス(一体)となって行く時代でもあります。あらゆる個性を持った人々を融合して、ひとりひとりの実力を活かし、それぞれが個性を保ったまま協力し合う総合力、調和力の時代です。

二元論(分離)から一元論(統合/ワンネス)へ

分離(競争してせめぎ合う)時代から統合(皆で協力して助け合う)時代へと変わります。
勝ち負け、損得、内側と外側、あなたと私、国内と外国など、2つの事象にモノゴトを分けて捉える二元論に基づいた価値評価が崩壊し、全てはひとつで繋がっていて宇宙の一部であるという一元論に基づいた価値へと変わって行きます。

全体は個であり、個は全体である

自分と世界はイコールです。自分と宇宙はイコールです。
つまり、自分の進化も世界の進化も宇宙の進化も同時進行であるということになります。
だから、世界を変えるには自分を変えるしかありません。

他人が悪いとか、社会が悪いとか、国家が悪いとか、世の中が悪いと嘆いていても始まりません。

自分の現実がうまくいかない原因は自分自身の中にあります。
自分の内面が変われば、自分の現実世界も変わります。

ワンネス意識(一元論)とは、自分と外側を分けて考えない意識です。
魂の自分と肉体の自分を分けて考えない意識です。
区切りをつけたり、区別をしない意識です。

「全体は個であり、個は全体である」という概念が腑に落ちて、ワンネス意識に一歩でも近づくこと。

それが水瓶座(風)の時代に向けて一人一人が準備すべき「最終調整」なのではないでしょうか?

全ては宇宙の一部で、ひとつで繋がっています。


長い文章を最後までお読み頂いて、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

2020年3月10日乙女座満月~キャラバン隊の一員になれるかな!?

3月10日 (大安)02:48頃に乙女座20度で満月が起こります

特徴的な3つのポイント

スーパームーンに近いパワフルな満月です⇒月と地球の距離がかなり接近します。
・同じ日に水星(乙女座の守護惑星)の逆行が終了し、全天体が順行に戻ります。
グラウンディング&基礎固めが促されます。⇒「地」のエレメントの手厚いサポート

詳しくは後述します。

春分の日(3/20)に向けての調整~最終的な浄化と準備を万全にする

春分の日(宇宙元旦)から始まる新たなサイクルに移行するための、または、水瓶座(アクエリアス)の時代に適合して行くための・・・『総仕上げ』⇒確実な調整&浄化&基礎固めの満月になります。

春分は「太陽が牡羊座の位置に入る日」で占星術においては『宇宙元旦』とも呼ばれ、牡羊座から始まる12星座の新しいサイクルが始まることを意味します。

春分の日の近辺から、私たちを取り巻く潮流は大きく変わることでしょう。
コロナウィルスの鎮静化や世界経済の復興と安定を願わずにはいられません。

乙女座の特徴

202039225139.jpg

守護惑星:水星
エレメント:地
属性:女性星座(陰性)
宮:柔軟宮

キーフレーズ:I analyze(私は分析する)

乙女座のテーマは・・・?

自らを整理整頓して不要を削ぎ落しシンプルになる⇒ピュアな自分との出会い⇒自らの再認識⇒社会での役割を自覚する⇒個を仕上げる

・調整⇒整理整頓・メンテナンス・軌道修正
・浄化⇒現実面の浄化・物質的な浄化(借金の返済なども重要)
・デトックス⇒肉体のデトックス・思考のデトックス
・責任感⇒自らの役目・役割の把握
・個の完成⇒社会で活きるための個性を完成させる

・柔軟性⇒考え方や行動パターンなどの変化・思い込みの解除
・謙虚・献身⇒人や社会に役立つ自分になる

乙女座満月を期に本当に必要なものだけを仕分けし、整理整頓そしてメンテナンスしましょう。滞っていた雑務やお金などの物質面に関することを片付けるにも絶好のタイミングです。無意識に溜め込んでいた肉体や心の疲労に気付き、心身のメンテナンスに着手し、デトックスに有効な食事、運動、生活習慣に切り替えましょう。さらに、乙女座は「人の役に立つ」ことを喜びとし、謙虚で献身的な愛情を持つ星座です。人や社会の役に立つ自分の役割は何なのか?を自らの内側に問いかけ、そのための確固たる『個』を完成させましょう。

これらのテーマを遂行させるために~自らを見極める

自らを見極めるには、外側に向いている意識を内側に向けることが必要です。個を完成させるためには「自分の個性」が何で、自分にとって大切なものは何なのか、自分は人や社会のために何ができるのか、役割な何なのか、ということを見極めなければなりません。

つまり「自分育成」という大学(最終段階)を卒業するのが乙女座での目的です。
社会に出る一歩手前の「自分育成」の総仕上げの段階です。

意識が外側に向いている時は人や周囲に惑わされたり、人やネット情報や社会通念に振り回されてしまいがちです。外部の人や情報に染まってしまっている状態です。自らの色を取り戻し自らを見極めるには、内面や心の奥に意識を合わせることが必須です。内面から沸き起こる思いが「本当に必要なもの」に気づかせてくれます。

意識を内側に向けるために必要なこと

・クリアリング⇒持ち物・家や部屋・チャクラ・オーラなどの浄化
・リリース⇒固定観念・不必要な縁(習慣、環境、職場、人間関係)
・静けさ⇒慌てずペースダウン・リラックス・落ち着き
・センタリング⇒ぶれない・太陽神経叢(第3チャクラ)の調整⇒自分を信じる
・グラウンディング⇒浮足立たない・第0、第1、第2チャクラの調整⇒潜在能力開花

乙女座の各要素がサポートします

「女性宮」⇒『内面』に意識を向きやすくしてくれます。
「地」のエレメント⇒『グラウンディング』をサポートします。
「水星」(守護惑星)⇒『浄化』と『円滑な流れ』をサポートします。
「分析力」⇒自らの『仕分け』を容易にします。

「柔軟性」⇒『変化』を容易にします。

スーパームーン・全天体の順行・グラウンディング&基礎固め

スーパームーンに準じる大きな満月

2019220203352.jpg

スーパームーンは月と地球の距離が近くなることで、通常よりも一際大きく見える満月のこと。スーパームーンの時は、満月の光がダイレクトに届くので満月から受けるパワーも大きくなります。その影響は満月の前後にも反映されます。

今回の満月は、地球にかなり接近している満月なので、スパームーンに近いパワーを持っています。満月なので、もちろん浄化やリリース(手放し)のパワーが増大します。因みに、正式なスーパームーンは来月(4月8日)の天秤座満月です。

好転反応(解毒のための一時的な悪化現象)や眠気に襲われる人も多い筈です。

水星逆行の終了とともに全天体が順行へ

乙女座満月の約10時間後の3月10日12:50頃には10天体のうち、唯一逆行していた水星が逆行を終了し、全天体が順行に戻ります。水星は乙女座の支配惑星なので、乙女座はますます勢いをつけます。この満月を境にこれまでせき止められていた流れが開放されてぐっと勢いを増して行くことになります。

水星の逆行中は、コミュニケーション、会話、社交、交通網、ネットワーク、通信、流通、神経、思考面などに支障が出やすい状態でありましたが、これらの支障はよくなるための好転反応と捉え、正すべき部分は修正して、今後のスムーズな流れにうまく乗れるように軌道修正を行いましょう。

3月10日~4月25日までは全天体が順行しますが、それ以降は年内での全天体順行期間はありません。全天体とは、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10天体のことです。

全天体の順行期間中は、未来へと進むエネルギーが加速しやすく、願いや意志が具現化しやすいといわれており、新たな方向性に向けての変化もさらにパワフルに進み始めます。様々な問題が解決し始め、ここしばらく停滞していたこともスムーズに進むようになるでしょう。

しかし、天体の逆行の開始時と終了時の前後は「留(りゅう)」と呼ばれる、留め置かれるようなエネルギーとなり、不具合が出やすい状態になるので注意が必要です。
そのような状態が起こったとしても、「留」の影響と認識して慌てずに落ちついて対処しましょう。

「地」のエレメントの強力なタッグ~基礎固めをしっかりとする

火星、木星、土星、冥王星の4惑星が山羊座に滞在中です。山羊座も乙女座も同じ「地」のエレメントを持っています。山羊座は乙女座の満月とは120度(トライン)という暖かい角度で調和しています。120度(トライン)はお互いが同じエレメントを持つ角度で、敵対することなく、緊張感もつことなく、リラックスして調和して協力し合える角度です。

さらに、山羊座を支配する惑星はグラウンディングの象徴「土星」。土星は土台、基礎、基盤、ベースをサポートするので、徹底的な地固めをサポートしてくれるでしょう。何度もお伝えしてきましたが、地固めができてこその変化や変革、次元上昇です。足元がぐらついているようでは、変化・変容は容易ではありません。

全体的な惑星の配置をみても、月は乙女座(地のエレメント)、火星、木星、土星、冥王星は山羊座(地のエレメント)、金星と天王星は牡牛座(地のエレメント)にそれぞれ滞在しているので、合計7つの星が地のエレメントの星座に滞在していることになります。

徹底的に基盤を固めて、しっかりと身支度を整えなさいと言われているようで、身が引き締まる思いです。ただ、惑星の配置が調和的な暖かい配置なので、無理なく足固めの波に乗れそうです。

乙女座の月が働きやすいように、その他の惑星が全力でタッグを組んでサポート体制を組んでいるような配置でもあるので、自分自身の基礎をしっかりと固めた(つまりグラウンディング)上で、整理整頓と調整を念入りに行いなさいという宇宙の意志を感じます。新たな時代を迎え、そのエネルギーに順応し円滑に人生を進めて行くためには、確固たる自らの基礎が必要で、何事も一歩一歩着実に取り組む姿勢が大切だからです。

乙女座20度のサビアンシンボルは「キャラバン車」

まず、20度という度数は「外部からの影響に左右されない」ということを示します。個を確立してぶれないということ。センタリングや太陽神経叢(第3チャクラ)の強化にも通じるテーマです。これはあらゆる星座の20度に共通の意味です。
サビアンシンボルとは、「12星座」と「ホロスコープ(360度の丸い円)」の1度1度全ての意味から割り出すメッセージのこと。

「キャラバン車」は多様性・バラエティ・協調性・調和・実践を象徴

20203100216.jpg

キャラバンを組むとは、さまざまな人々や荷運びの動物達が力を合わせて、次なる目的地を目指すための「隊」を組むこと。

「キャラバン車」は、様々な人がこれまで得た経験やスキルを持ち合って、新しい理想的な場を探し求めていく様子を表しています。

多様性を受け入れ、バラバラだった個性を協調させて、ともに前進することです。

「キャラバン車」は、適材適所でそれぞれの役割を分担し、人々や環境と協調・調和してひとつにまとまり進むことで、まだ見ぬ目的地にたどり着ける、ひとりの力では成し遂げられないことも可能になる、ということを物語っています。

驚くことに、ちょうど昨夜(3/8)TV(テレビ朝日開局60周年記念番組)で放送していた「天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間」がまさしく「キャラバン車」そのものでした。かの有名な「ナスD(テレ朝ディレクター)」を中心とする取材班が5000M級の厳寒のヒマラヤの山々をキャラバンを組んで、ヒマラヤの奥深い辺境の高地に住む人々を取材したドキュメンタリーです。あり得ないような厳しい寒さと空気の薄さの中で人知を超えるような天空の山々を辿る取材を、日本人スタッフ、ネバール人シェルパたち、そしてヤクなどの動物たち皆の力を合わせて敢行。・・・そしてたどり着いた「天空のヒマラヤ部族の村」。過酷な環境に逆らうことなく調和して生きる、天空の山に暮らすヒマラヤ部族の人々の素直さと朗らかさと満ち足りている様子が印象的でした。

「キャラバン車」は❝アクエリアスの時代❞の在り方を示している

アクエリアス(水瓶座)の時代は、地球上が人種、宗教、国籍、性別、文化を超越してワンネス(一体)となって行く時代でもあります。あらゆる個性を持った人々を融合して、ひとりひとりの実力を活かし、それぞれが個性を保ったまま協力し合う総合力、調和力の時代です。自分の個性を活かし、グループや社会全体に役立てる時代でもあります。「多様性の中の統一」がキーワードです。

乙女座20度の満月は、アクエリアス(水瓶座)の時代に向けての最終的な調整のエネルギーを送ってくれているように痛感します。周囲と連携してよりよい未来を創っていくための「個」の認識と調整が問われています。

調和を乱さずに自らの役割をしっかりと生きる。そして確実に前進する。

さて、あなたは「キャラバン隊」の一員になれるでしょうか・・・?

満月にも願い事の宣言を!

満月を過ぎて新月に向かうまでの期間は、月が欠けていくのと同じように、手放したり削ぎ落すための策を積極的に進めると良い時期です。

なので、満月の日におすすめの願い事は、手放しやリリースについての決意表明です。
手放しやリリースするものは、不必要な習慣・人間関係・モノ・考え方・生活スタイル・トラウマ・環境・体重など。心身やオーラの浄化にも適しています。

満月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に決意や願い事を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。決意や願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を手放しました。」「私は〇〇〇を辞めました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

ボイドタイム(VOID TIME)に注意

ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

満月の時間は3月10日02:48です。
皆さんもぜひ、8時間以内に決意や願い事を書いてみてください。
8時間以内となると3月10日の10:47までです。
8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(3月10日17:33 ~ 3月10日19:04)は避けましょう。


長い文章を最後までお読み頂き、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

2020年2月24日魚座5度での新月~サビアンシンボル「教会のバザー」を紐解く。

魚座の新月は浄化力が極めて高い新月です

3月20日の春分の日に向けての最後の新月です

201938153714.jpg

2020年2月24日の0:33に魚座5度の位置で新月が起こりました。
魚座の支配星は「海王星」です。海王星は水のエレメントを持ち、非常に高い浄化力を持っており、とりわけ感情や心の浄化に大きく作用します。

春分の日は『宇宙元旦』とも呼ばれており、太陽が12星座の始まりの牡羊座に移動する占星術的新年を迎える日でもあります。

12星座の最後の星座である魚座で一年を締めくくり、牡羊座からまた新たなステージが始まります。

この新月を期に、春分の日から始まる新たなサイクルに向けての『総仕上げのための最後の大きな清め』の追い込みが始まります。

スピリチュアルな目覚めがあなたの価値を変える!

魚座「5度」の“サビアンシンボル”は『教会のバザー』

サビアンシンボルとは、占星術のホロスコープ(360度)の1度ごとに記されているシンボルのことで、象徴的な意味を持ちます。

数字「5」の持つ意味とは・・・?

20202241704.jpg

「5」は1~9までの数字の中心であり、宇宙や魂の中心を司る数字でもあります。
「5」は宇宙の中心神とリンクする神秘的なパワーを象徴する数字で、自分自身の中心=「本来の自分」「本質的な自分」を表すとも考えられます。

タロットカード(大アルカナ)における「5」のカードには「教皇」が描かれています。優しさ、慈悲、包容力を示すと共に、精神的な援助者が表れることを意味します。

陰陽道においての「五芒星」は魔除けの呪符として用いられています。
アメリカの国防総省の建物「ペンタゴン」(五角形という意味)は五角形をしています。要塞になぞらえて設計されたそうですが、外部からの侵入者や敵から身を守るという魔除けの意味も込められていたのかもしれません。

エンジェルナンバー「5」は変化の数字です。
「5」の数字を頻繁に見る時は、人生における重要な変化が訪れようとしていることを表し、自己の解放や明確なビジョンを持つことを促されています。

カバラ数秘術における「5」は、体験・成長・変化を示します。

“サビアンシンボル”「教会のバザー」の意味とは・・・?

占星術での5度は『刺激を求めて冒険する』を意味する・・・つまり「変わりたい」のですね

2020224171443.jpg

安定に飽きて新しい刺激を求める。
変化への欲求があり、冒険することで自由に動きまわる。
※魚座に限らずあらゆる星座の5度に共通の意味です。

魚座5度のサビアンシンボル「教会のバザー」は、自分が飽きてしまったありきたりなものも、教会という神聖な場所でのバザーに出品してみると、神聖という付加価値が付き、新たな魅力をもった商品として生まれ変わる。ということを意味します。

魚座は『目に見えないエネルギー』を象徴する星座

それは、聖なるもの、スピリチュアル、直観力、愛、ヒーリング(癒し)、感情、心・・・など。

サビアンシンボル「教会のバザー」を深読みすると・・・?

スピリチュアルな視点で過去の自分を見てみると、新たな自分の価値を見出すことができます。

スピリチュアルな視点で過去のネガティブな思い出やトラウマを見てみると、それらはあなたをもっともっと光らせるために用意された教材だったということに気が付きます。

スピリチュアルな視点で見るとは、モノゴトを表面的な部分や外観、一般的な常識や社会通念、表層的な現実だけで捉えるのではなく、モノゴトの内側にある本質的な部分を感じてみるということです。本質を見抜けるようになるためには、心静かに自らを内観し、自らの不要を削ぎ落とし、直観力を磨く必要があります。

本質的な部分には真(まこと)の真理しかありません。真理は動くことのない普遍的なことなので、愛を持って受け入れることができるのです。

目に見える現実だけを捉えるのではなく、その奥に隠れていた意味を感じることが出来れば、今までの辛い、暗い、苦しい、悲しい思い出を否定することなく受け入れられるようになるものです、あなたのネガティブな感情はポジティブな感情へと変換されます。このことを「浄化」だったり「清算」といいます。

魚座は『浄化・清算』を象徴する星座~負を受け入れ、許し、肯定する

浄化や清算とは何かを外側へ放り出したり、捨て去るということではありません。
自分の心の中で折り合いをつけて、納得して、受け入れるということです。

浄化や清算とは、嫌なことを切り捨てるということではなく、心から受け入れて感謝して、ポジティブな気持ちに昇華させること。

負のものがポジテイブに変換された状態が浄化されたということになります。

また、魔除けや邪気除けには、自らに内在する負の感情や記憶を受け入れた上で、ポジティブなものに変換するアプローチが必要となります。なぜなら、自らに内在する負のエネルギーが魔や邪を引き寄せるからです。変換が完了すれば浄化された状態になり、邪気の影響を受けなくなります。因みに不安感、罪悪感、恐怖心なども負の感情です。

変化するには、自分の殻から出ることも必要です

自分の存在価値を他者の力によって変化させる

前述のように、タロットカード(大アルカナ)「5」のカードには「教皇」が描かれていて、精神的な援助者が表れることを意味します。

自らの殻を破って変化するには、周囲からの刺激も必要です。頑固に自分流のやり方を守っていることで堂々巡りになってしまうことも多々あります。

「5」のカードには、周囲や精神的な年長者に耳を傾けることで自らを変化させて成長させるという意味が込められています。他者から何かアドバイスを貰えるような機会があれば、素直に受け取り、自らの変化に活かすようにしましょう。そこには愛ある教えがあるかもしれません。

2020年2月24日魚座新月のまとめ

新月なので、新しい何か(コト・やり方・考え方)を始めましょう!

魚座はスピリチュアリティを喚起し、クリエイティブな感性や感受性を刺激するパワーを持っています。インスピレーションやイマジネーションを働かせて、より創造的な方向に向けて舵を取りましょう。

第3ハウスで起こる新月なので、コミュニケーションや情報、通信などに大きな影響力を持っています。ポジティブな言葉を発言、発信することが内面の浄化に繋がります。

水星が逆行中(3月10日まで)なので、コミュニケーションの行き違いや通信関係、交通網などに支障が出る可能性もあります。その場合はアタフタしないで、仕方ないと受け入れて、頭を切り替えて対処しましょう。水星の逆行中は、過去の縁に意識が向きやすくなるので、懐かしい人たちとの交流があるかもしれません。また、先人(親や祖父母、ご先祖など)とのわだかまりやカルマなどに意識が向くことも想定されます。

ホロスコープ上では現実(物資面)と夢(精神的面)が攻めぐ惑星の配置になっているので、上手くバランスをとって行きましょう。

宇宙元旦(春分の日)に向けての大浄化が起こるので、様々なギクシャクが好転反応として起こり得ます。ひとつひとつの事がらに丁寧に向き合い、気付きを得てその意味が腑に落ちたら、浄化がひとつ完了します。好転反応は好転するために、正す部分を教えられている現象なので、有難く受け入れましょう。

気付きとは思考で考え抜くことではありません。大切なのは感覚的に浮かぶイメージやアイデアを信頼してみることです。それがあなたの心の奥から出てきた真の回答だからです。

「こうあるべき」「こうであるに決まっている」という自らの思い込みを緩めることで、自らを許し、他人を許すことになります。自分以外の価値観も受け入れられるようになれば、案外簡単に現状の負のスパイラルから抜け出せるものです。

過去のあなたから新しいあなたへとバージョンアップすること、それが過去を手放すことであり、マイナス感情やトラウマ・カルマの浄化にも繋がります。

新月には願い事の宣言を!

新月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に願い事や目標を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を達成しました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

2月24日の新月は0:33に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に願い事を書いてみてください。8時間以内となると2月24日の08:32までです。

8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(2月25日23:13~ 2月26日03:48)は避けましょう。
ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。


長い文章を最後までお読み頂き、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

2020年2月9日 獅子座満月~魂を燃やして光輝けば世界はもっと明るくなる!

2月9日(日)16:33頃に獅子座で満月が起こります

太陽のパワーを持つ満月です

202029173139.jpg

獅子座を守護する惑星は『太陽』。
太陽は自ら光を発し、自分のエネルギーで輝く恒星です。
太陽は、太陽系の中心にあって光を周囲の惑星に与えています。
太陽の恵みによって、地球上のあらゆる生命も生かされています。

人の中心は魂です。
人々の魂が光輝けば、地球のエネルギーも光ります。

獅子座を守護する星は「太陽」~自信を持って自らの輝きを表現しよう!

獅子座(太陽)は、「火」のエレメント(元素)を持っており、「陽性」のエネルギーに属する「不動宮(固定宮)」です。

太陽の示す象意

物事の中心・自己・自我・自尊心・創造性(クリエイト)・情熱・喜び・華やか・リーダーシップ・プライド・自己アピール・自己表現・ドラマチック・公明正大・寛大・寛容・無邪気・父親など。

獅子座満月のテーマは・・・?「自分」「光」そして「発信」

光源になるのは「自分」。スポットライトを浴びるのも「自分」です。

世の中で輝く自分になるためには、まず自分自身の光を認知する必要があります

・自分自身を理解する。
・自分の魅力や輝く部分を知る。
・自分が心から楽しいと思うことを再確認する。
・人目を気にしない。自分を信じる。
・自分の個性や魅力を堂々とアピールし「自分らしさ」を自由に表現する。
・勇気と自信を持って立ち上がる(行動を起こす)。
・夢に向かって邁進する。
・自分のオリジナリティを外部(社会)に向けて発信(アウトプット)する
・唯一無二の自分の輝きを認め、自らの光を周囲に向かって放ち、自他ともに活きる。

魂の輝きとは、心から楽しいと思えることをイキイキと実践している姿かもしれません。
あなたの魂が輝く瞬間、あなたは世の中に光を与え、人々に希望や喜びを与えることができるのです。

第1ハウスでの満月⇒自分自身にフォーカスせざるを得ない

第1ハウスは「自分自身」や「持って生まれたもの」「始まり、スタート」を表すハウスです。
獅子座も「自己」や「個」「自己表現」を表します。

トコトン「自分」というものに意識のフォーカスが当たり、「自分」というものを考えさせられる満月になります。

内側からも外側からも、主観的にも客観的にも「自分って何?」という課題に向き合うことになるでしょう。

そして、否が応でも自分が自分らしく生きていくための何かを「スタート」せざるを得ない状況がやって来るでしょう。

あなた独自の個性を尊重、そして表現して行きましょう

獅子座満月が起こる第1ハウスの向い側の第7ハウスには水瓶座の太陽があります。
水瓶座は個性、独創性、オリジナリティ、改革などの象意を持っています。
満月が起こる獅子座も、太陽が滞在する水瓶座も「個性」や「オリジナリティ」を表しますので、今回の満月では、自らの個性を尊重して、それをどのように外部に発信するのか、また、どのように社会に活かすのかを感じ取る良い機会になります。

自分の個性が表現できていない人は、水瓶座の力を借りて、自らの考え方や行動パターン、表現方法などに改革を起こしましょう。

今年の年末には本格的な水瓶座の時代がスタートします。水瓶座は個性重視の星座なので、水瓶座の時代には個性的であることや独創的であることがもてはやされるようになるでしょう。
人目を気にして人と同じように生きる無個性の時代は過去のものになります。
なので、これからは自らの個性を存分に尊重しましょう。そして自己アピールすることにブレーキをかけないように心がけてください。

獅子座(太陽)はポジティブさの王道

ネガティブな思考や自信のなさとは思い切ってさようならしましょう。
今までの自分とは違う考え方を取り入れて、勇気を持って新しい自分をスタートさせましょう。

自信がない人はとかく「不可能」とか「無理」とか思いがちですが、不可能という概念は無意識下で自らに制限をかけてしまいます。
信じる者は救われる、と言いますが、どんなことも可能にする種は自らに内在しています。その種を発芽させるために水を注ぐのは、自分自身の信念に他なりません。信念、それは信じ抜く心です。

ネガティブな人には成功はやって来てくれません。
獅子座満月の力を借りて、信念を持ってプラスのエネルギーを燃やしましょう。

山羊座に木星・土星・冥王星がコンジャンクション中

社会での構造改革が進みます

木星・土星・冥王星が一つの星座に集結すること=「トリプル・グレート・コンジャンクション」とも呼ばれています。昨年の12月3日に始まったトリプル・グレート・コンジャンクションは340年ぶりのとてもレアなイベントです。2020年~2021年にかけて、この配置が継続します。トリプル・グレート・コンジャンクションが起こる時には、とてつもなく大きな変革が起こると言われています。今回は山羊座でのトリプル・グレート・コンジャンクションで、山羊座は社会、構造、体制などを司りますので、社会的な大変革が起こることが予想されます。古い時代から受け継いでいる社会のルールや常識が覆され、改革を余儀なくされることが避けられなくなります。

現在、大きな問題となっている新型コロナウィルスの発生も、中国が改革されるための一端を担っているように感じます。

個人においても様々な構造改革をせまられます

山羊座は「現実的」な部分を司りますので、個人においても自分自身の現実的な部分(肉体の健康、仕事、異性、人間関係、家族、結婚生活、収入など)に改革をせまられることが次々と浮上してくることでしょう。そのサインは様々な不具合となって現れてきます。改革のためには自らの思考パターン、行動パターン、心の構造などが崩され、その結果、新しい自分に生まれ変わるための再構築が促されます。

慣れ親しんだ自らの構造を崩すことは容易ではありませんが、重たい周波数を持つ過去の自分にいつまでも浸っていないで、変化していく新しい波に乗っていくために、今までと違ったモノの味方や考え方、やり方、在り方を受け入れて行きましょう。

ただし、このような改革を迫られるのは、まだ本当の自分に気が付いていない人や自分自身に正直な生き方をしていない人たちです。

もう既に、自らに変化を起こし、自分らしく生きている人たちは、特に抵抗や葛藤もなく順調にものごとがスピーディに進みますので、そのまま波に乗っていれば良いと思います。

全天体が順行しているので、変化へのスピードが加速します

新しく生まれ変わるために世の中が騒々しく動きます

201918192345.jpg

現在、全天体が順行しております。逆行している天体が一つもないというありがたいパターンです。

全天体とは、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10天体のことです。

全天体の順行は2月16日までです。
2月17日から3月10日は水星が逆行します。その後、3月11日~4月25日も全天体が順行します。今年度の全天体順行は4月25日までです。

全天体の順行期間中は、未来へと進むエネルギーが加速しやすく、願いや意志が具現化しやすいといわれており、新たな方向性に向けての変化もスムーズに進みます。

この滅多にない貴重なタイミングを見逃すことなく、無駄にせず、産みの苦しみが伴ったとしても、変化・改革への道を恐れぜずに突き進みましょう。

火星と太陽の相乗効果で「火」のパワーが強化されます

いささか暑すぎ!!!

202029174336.jpg

射手座に滞在中の火星が「獅子座満月」と「水瓶座太陽」の両方にとても調和した形をとっています。それは、火星がとても協力的な体制をとってくれるということを意味します。

火星も太陽も共に「火」の性質を持つ惑星です。
火星が滞在中の射手座そのものも「火の」性質を持ちますので、火星はかなりイキイキとそのパワーを発揮しています。

「火」は直感、瞬間的な判断力、瞬発力、情熱、意欲、能動、肯定、スタート、始動、正義、明るさ、表現、競争、闘いなどのパワーを持ちます。

 情熱(パッション)が沸き上がり、気力が充実し、直感が冴えたり、衝動的に行動を起こしたくなるかもしれませんが、その情熱や衝動を止めずに行動してもOKです。

火星は争いや闘い、怒りといった要素も持ちますが、今回は調和的な体制をとっているので、正義感を伴う怒りであれば、あえてその怒りを表現しても良いように思います。清廉潔白や正義といった真っすぐで潔い闘志が「火」の性質ですので、修正すべき事柄に対しての怒りであれば、うまくこの世に反映されて行くことでしょう。ただし、火星が下記に記載の「アウト・オブ・バウンズ」と呼ばれる動きをする期間は、火星のパワーが全開になり過ぎますので、喧嘩や口論などが過熱し過ぎないように、争い事は未然に食い止める努力が必要かもしれません。

火星のパワーが通常よりも大きくなります・・・アウト・オブ・バウンズ

2月9日(満月)~3月3日までは、火星が「アウト・オブ・バウンズ」と呼ばれる普段の領域を超える動きをします。そのため、火星のエネルギーが強力になり過ぎて、自らの中で火のエネルギーをコントロールすることが難しいこともあるかもしれません。この時期は事故やケガ、火傷、火事にも注意が必要です。
「火」のパワーが強すぎる(元々備わっている)人は、運動やスポーツを取り入れて身体を動かすことで火のエネルギーを使うとバランスが取れます。
また、自らの「火」のパワーが足りない人、つまり意欲が持てない人や気力が出ない人、身体が冷えている人などは、意識的に太陽や火星に意識を合わせて、自らの「火」のエネルギーを活性化してください。活力や行動力、情熱、意欲につながります。

満月にも願い事の宣言を!

満月を過ぎて新月に向かうまでの期間は、月が欠けていくのと同じように、手放したり削ぎ落すための策を積極的に進めると良い時期です。

なので、満月の日におすすめの願い事は、手放しやリリースについての決意表明です。
手放しやリリースするものは、不必要な習慣・人間関係・モノ・考え方・生活スタイル・トラウマ・環境・体重など。心身やオーラの浄化にも適しています。

満月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に決意や願い事を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。決意や願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を手放しました。」「私は〇〇〇を辞めました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

ボイドタイム(VOID TIME)に注意

ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

満月の時間は2月9日16:33です。
皆さんもぜひ、8時間以内に決意や願い事を書いてみてください。
8時間以内となると2月9日の24:32までです。
8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(2月10日01:09 ~ 2月10日08:40)は避けましょう。

2月9日獅子座満月からのメッセージ

不可能を可能にする能力は一人一人に備わっています

今回の満月の“サビアンシンボル”は「中毒したニワトリ」(獅子座21度)

中毒したニワトリ=飛べない鶏が酔って飛ぼうとする。

ニワトリは本来は飛べない鳥ですが、中毒=酔ってしまった状態で気が大きくなり、飛べるか飛べないかなんて気にしないで飛ぼうとするニワトリを表しています。

やりたいことを顕在意識や思考で止めないで、思い立ったらすぐにやってみよう。
情熱が沸いたらマイナス要素を考えないで挑戦しよう。
不可能という概念は自らの可能性を規制して自らを縛ることになります。
自分の限界を超えてでも、やりたいことはやり遂げよう。
不可能を可能に変えたときに、自らの能力は拡大して行きます。


※2月9日 獅子座満月のサビアンシンボルの度数は21度です。
サビアンシンボルとは、「12星座」と「ホロスコープ(360度の丸い円)の1度1度全ての意味から割り出すメッセージです。


長い文章を最後までお読み頂き、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

節分にまつわる「鬼」のはなし~「国常立尊(クニトコタチノミコト)」詣での奨め

豆まきは旧暦の新年を迎えるための大祓いの儀式

節分にまつわる「鬼」のはなし

2月4日の立春を境に季節が春に移り変わります。
その前日、2月3日は節分です。節分は本来、季節を分けるという意味において春夏秋冬、一年間に4回あるべきものですが、現在では旧暦での新年が始まる日(立春/2月4日)の前日のみが節分の風習として残っています。
節分(2月3日)は旧暦の大晦日(おおみそか)にあたるので、大祓いという意味合いから、禍(わざわい)を払って福を呼び込むために「豆まき」が行われます。季節の変わり目に、厄介事や邪気を払い、福を呼び込む儀式です。

そのため、邪気を払い、福を呼び込むために、私たちは「鬼は~そと~」「福は~うち~」というかけ声とともに、当たり前のように、何の疑いもなく、豆まきを行っていますが・・・。

鬼は本当は福をもたらす存在

節分にまつわる「鬼」のはなし

鬼は一般的には、怖い存在で災いや厄介をもたらすものとして理解されています。しかし、日本には鬼を守り神として信仰している地方もあり、「鬼瓦(おにがわら)」や秋田県の「ナマハゲ」など、「鬼」を味方につけて、その怖い形相で厄を払ってもらい、福を得るという風習も存在します。実際に、古来より「鬼はうち~」「福はうち~」と言って豆まきを行うエリアもあるほどです。鬼も福もどちらも福をもたらすと信じられているからです。

このように、本来、鬼は「恐ろしい怪物」であると同時に「幸せをもたらす、強い守り神」という面も持っているのではないでしょうか。鬼の他にも、たとえば「不動明王」や沖縄の「シーサー」など、憤怒顔の怖い形相の神様が厄払いの強いパワーを持っているケースも多く見受けられます。

因みに、成田山新勝寺や浅草寺では、「鬼は外」は言わないで「福は内」のみの発声で豆まきを行っています。この2つのお寺では、不動明王や観音様の前では鬼すらも改心するので、祓う必要はないという考えのようです。

 鬼の角(つの)は天からのエネルギーを受信するためのアンテナ⁉

節分にまつわる「鬼」のはなし

「おに」という言葉の語源は「おぬ(隠)」であると推測されています。「おぬ」・・・つまり、「いない」「姿の見えない」「この世のモノではない」という意味を持ちます。山岳信仰で有名な奈良県のあるエリアにおいては、「超能力をもっている」人たちの事を「鬼」と恐れ、差別したという歴史もあるようですが、この人たちは今の世なら、「ヒーラー」や「チャネラー」として『師』と仰がれ、良い意味で注目を集めていたに違いないでしょう。

 鬼には角(つの)が生えていますね。実は、鬼の「角」はアンテナの働きをするものなのです。尖っているものはどんなものでも受信力を持ちます。例えば、仏塔、ピラミッド、水晶の原石、屋根などです。天然石ではルチルクォーツと呼ばれる針水晶の針の部分です。これらは、エネルギーの受信を容易にできる尖った形です。一角獣のユニコーンも同じことかもしれません。アンテナが受信力の高さ、つまりパワーを表しているのです。

花嫁衣裳の角隠しも、女性のパワーを閉じ込めるための風習⁉

202024194417.jpg

豆まき以外にも、例えば、和装の花嫁衣裳の場合、花嫁さんは角隠しをかぶりますね。白無垢の花嫁さんはとても美しいものですが・・・これも女性の角=アンテナ(エネルギー受信力や直観力)を隠し封印して、男性優位(男尊女卑、権力)社会実現のための仕掛けではなかったのか・・・?と疑いたくなります。

一般的に女性の方が男性より右脳が発達しているために、宇宙や神仏、自然界と通じる能力も高く、それゆえ、この世の本来あるべき在り方を感じ取る力や天からの智慧などを受け取る力が高いものがあります。

角隠しは、男性優位社会の中での女性にパワー(フォース)を持たせないための仕掛けであったとも考えられます。

豆まきは鬼を封印するためのマジックであったかも⁉

節分にまつわる「鬼」のはなし

鬼は「陰陽道」においては丑寅(うしとら)を意味しますが、丑寅とは方角においては「北東」、つまり、「鬼門」にあたります。どおりで鬼は「牛の角」と「虎の牙と爪」を持ち、「虎皮のパンツ」をはいていますね。「鬼門(きもん)」は鬼が出入りする良くない方角と忌嫌われてきました。それゆえ、節分の豆まきでは「悪い鬼は外」と日本人は信じて疑わずに、「鬼」を封印して来たのです。
ここに「マジック」が働いています。鬼を遠ざけることで、邪気を祓い幸せをもたらす存在を敢えて封印してきたということになるわけです。

では、なぜわざわざ鬼を封印する必要があったのでしょうか?

それは、だれかが意図的に封印したというよりは、自然の摂理の中でそうなってしまったという説明が正しいでしょう。
なぜならば、世の中が再生するために、世の中を破壊する(世を荒廃させて乱す)というサイクルの中に時代があったからです。角隠しも豆まきと同様の理由からです。

 丑寅の方角に封印されていた鬼は「国常立尊(クニトコタチノミコト)」

節分にまつわる「鬼」のはなし

では、封印されている「鬼」とは何なのでしょうか?
鬼とされているのは「古事記」にも「日本書紀」にも登場する、天地開闢(てんちかいびゃく)の折に現れた根源神、「国常立尊(クニトコタチノミコト)」であるという見方があります。
「国常立尊」は、泥海の状態にあった地球の天地を、修理して固めて、地球の基礎を創りました。それゆえ「日本の国土創生の神」とも言われています。「日本書紀」では、国常立尊は最初に現れた神で、「純男」・・・陽気のみを受けて生まれた神で、全く陰気を受けない「純粋な男神」とされています。

節分にまつわる「鬼」のはなし

ところがこの「国常立尊」は長きに渡り、丑寅の方角に「鬼」よばわりされて封印されていたという説があります。

「鬼」は音読みすると「キ」ですが、カタカナの「キ」は「黄」や「氣」、つまり太陽の色やエネルギーを象徴します。

実のところ「鬼」はパワーの大きな、エネルギーの高い、陽氣の強い、純粋で太陽のような「国常立尊」的存在なのかもしれません。

豆まきの風習も手伝い、日本人みんなで、知らず知らずのうちに純粋な男神である「国常立尊」を鬼と忌み嫌い、封印して来たという事になります。 この神が封印された事により、世の中には陰気が蔓延し、世は更に乱れました。

ですが、この国常立尊が再び世の中に現れた時、世の建て直しが起こると予言されています。

国常立尊の再来と共に世の建て直しが起こり、純粋な陽氣が満ち溢れている日本国家が実現するというシナリオです。

そして・・・東日本大震災の起こった後、国常立尊の封印は説かれ、東日本(日本列島における丑寅=北東)に国常立尊が再び降臨し、東日本の復興を手伝ったとのことです。現在、東北地方は以前にも増して光が増しています。それは、純粋な「陽氣」が日本国に蔓延し始めたということでもあります。

世の建て直しは本格的に始まりました。

世の建て直しとは、日本のカラーを赤から金に変化させること?

純粋な陽氣は赤ではなく、金で象徴されるのかもしれません

日章旗(太陽がモチーフの国旗)が表現するように、本来の日本国は純粋な陽氣が満ち溢れている国である筈です。
現在の日章旗は白地に赤丸ですが、古くは赤地に金丸でした。

文武天皇(683年~707年)以来、平安時代末期頃までは「日輪」は「赤地に金丸」で描かれていました。
古代においても太陽を赤い真円で太陽を表すことは一般的ではなく、高松塚古墳、キトラ古墳に描かれている日象は金色です。日章旗が赤丸に変わったのは、平安時代の末期。
源平合戦で政権側の平氏が「赤地に金丸」を使用していたのに対し、源氏は「白地に赤丸」の旗を使用しており、源氏が勝利したので「白地に赤丸」が天下統一の象徴となり、それ以来現在に至るまで、日章旗は白地に赤丸のまま継承されています。

国常立尊は「艮の金神(うしとらのこんじん)」とも呼ばれます(日月神示)

国常立尊は日本の国土の神様。そして純粋な陽氣の神様です。
国常立尊は『日月神示(ひつきしんじ)』という書の中では、「艮の金神(うしとらのこんじん)」と表現されています。丑寅の方角におられる(又は封印されている)金色の神様という意味です。

日月神示(ひつきしんじ、ひつくしんじ)は、神典研究家で画家でもあった岡本天明(1887年~1963年)に「国常立尊」を中心とした複数の神霊達によって降ろされた神示で、自動書記によって記述したとされる文書です。

「日月神示」には現代の世に活かされるべき様々な智慧などが記述されていますが、この書が予言書とも呼ばれるように、現代社会の有り様が見事に予言されております。そして、中でも印象に残るのは「世の中の九分九厘が悪神の天下になったときに、最後の一厘で神業が発動され、大どんでん返しがおこり、世の建て替え建て直しが一気に始まる」という記述です。この「神一厘の仕組み」が発動されたのちに、この世の大変革が起こり、世の中が建て直され「ミロクの世」に変わるという予言です。

岡本天命にこの神示が下りたのが1944年、つまり終戦間際の時代です。「日月神示」の解読は非常に難解であるうえ、神示にはこの時代のフィルターがかかっていますので、「日月神示」の解釈本を読んでみても、いささか解釈の言葉や文体に古さを感じます。「悪神の天下になったときに」という表現は、「悪心を持つ人々の天下になったときに」と置き換えた方がわかりやすいかもしれません。「自分や自国の利益の追求のためには、他者や他国、地球を潰しても良い」と考えている人々や国家の代表がのさばっている時代、と考えても良いと思います。

しかし、そんな「悪神天下」の時代もそろそろ終焉を迎えます。
世の建て直しが音を立てて猛スピードで進んでいくことでしょう。

あなた自身の建て直しのためにも「国常立尊」詣でを!!

2020年は地の時代の最終章。本格的な風の時代(水瓶座)に入る前に最終的な地固めが必須となる年です。
2020年の12月後半に地球上では元素の切り替え(地⇒風)が起こります。
地固めができていないと、風の時代に入ってから漂うことになってしまいます。
一人一人が地固め、つまり強固なグラウンディングをすることが何よりも重要な課題となります。

しっかりとした地固めができていないと建て直しはできません。
日本国の建て直しの一端を担うためにも、グラウンディングのエネルギーと純粋な陽のエネルギーを授かりに「
国常立尊」詣でにお出かけになってみてはいかがでしょうか?

※水瓶座の時代(アクエリアスエイジ)の次期については諸説ありますが、2000年に一度の切り替えで魚座(支配)から水瓶座(公平)の時代に移行したのは西暦2000年。2000年から4000年までが水瓶座の時代になります。その中にあって、2000年~2020年は魚座から水瓶座時代への移行期にあたる時期で「地」のエレメントを持つ時代です。

【参考】「国常立尊(クニトコタチノミコト)」を祀る神社


この記事は2013年1月に掲載したものをリライトしたものです。

関連コラム「日本人のこと」(2012年掲載)


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから
各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから
各商品の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

1月25日水瓶座新月~"Break through myself "「自分を打ち破ろう」がテーマです

1月25日(土)06:43頃に水瓶座で新月が起こりました

自分自身の殻を打ち破り、しがらみから解放されましょう!

202012512026.jpg

先月12月の山羊座新月は基盤作り、社会、体制、責任、自己管理といった現実的で堅苦しい部分がテーマでしたが、今回の水瓶座新月では、改革、先進的、未来的、閃き、自由奔放、個性、独創的、型破り、ユニーク、オリジナリティ、反骨精神など・・・自由で未来志向のエネルギーにうって変わります。

山羊座は「地」の作用が強く、水瓶座は「天」の作用が強いということもできます。
地道な「地」から創造的な「天」への変化で・・・気持ちはだいぶ軽やかなものになるでしょう。

山羊座の保守的なエネルギーで基礎作りを強いられていたところ、今度は型破りで自由奔放さを求められるエネルギーに変わるので、その変化に戸惑う状況も出て来そうです。

「地(土台)」が固まったからこそ、「天(未来や理想)」を創造することができるわけですので、土台がしっかりとできている人は、その変化の波に違和感なく乗って行くことができるでしょう。

水瓶座のテーマは・・・?

社会の中で出来上がってしまっている、または今まで当たり前だと思ってきたルールや固定観念、常識といったものを改革します。そして、ひとりひとりの独自性を活かして、それぞれが自立し、皆で繋がりながらより良い未来を創造していくことが水瓶座のテーマです。

第1ハウスでの新月⇒自分自身を信じましょう

第1ハウスは「自分自身」や「持って生まれたもの」を表すハウスです。つまり、水瓶座×第1ハウス×新月では、自分の中で起こす“break through”(突破)が課題となります。現在の息苦しさ、生き苦しさから脱却するための現状打破を後押しする新月となります。

自分自身が心から進みたい道は何なのか?そのための手段にはどんなことがあるのか?他人に依存することなく、最後は自分自身で取捨選択しましょう。それが自立への道であり、自分を信頼することであります。成功への道は自分を信じることから始まります。

必要なのは、頭で信じることではなく、心で信じること。
頭でこれでいいんだよね、これで大丈夫だよね、と反芻するのではなく、一瞬にして全身全霊で腑に落ちることが自分の心の底で信じ切れている結論です。迷わなくても一瞬にして出るゆるぎない結論です。

不可能という概念は無意識下で自らに制限をかけてしまいます。
信じる者は救われる、と言いますが、どんなことも可能にする種は自らに内在しています。その種を発芽させるために水を注ぐのは、自分自身の信念に他なりません。信念、それは信じる心です。

自分の魂が最大限のパワーを発揮できる、より自由な世界へ・・・

水瓶座新月の前後には、社会の慣習や周囲の目や自分自身の固定観念などの窮屈さから解き放たれて、自由になろう!というテーマを突き付けられることでしょう。自由とはあらゆる制限がない状態、何でも自分自身で選択して行ける状態。一見、とても楽チンな概念のように思えます。しかし一方で自分自身に責任を持てないと自由を得ることはできません。自由とは、ただ好き勝手に行動するというニュアンスとは少し違います。自分自身の信念と自信(自分を信じること)を持てて、はじめて自由になれるのです。

水瓶座新月を機に、未来の自分に向けての行動を起こしましょう

持って生まれた自分の才能や資質を活かして行くために、これからどんな方向性を目指せばよいのか?

その答えが自分の中に芽生えている人は、即行動あるのみ。水瓶座(天王星)がスムーズでスピーディーな流れをサポートしてくれるでしょう。

これからの自分の方向性がイマイチ良くわからない人は、まずは身辺整理から始めて身軽になりましょう。いわゆる断捨離です。雑多な荷物が多い人は自分自身のエネルギー体(オーラ体)にも不必要な情報やごみが溜まっていて、真実が見えてきません。シンプルになることで、数々の言い訳や逃げ道がキレイに取っ払われて、虚勢をはって生きている鎧を脱ぎ捨てることができます。そうすれば、ようやく真実の自分が見えてきて、本来の自分の道を歩めるようになります。

見えないエネルギーのネットワークがあなたをサポートします

変革に不安をおぼえた場合は、「一人ではない」ということを念頭においてください。
人は皆、見えないエネルギーや縁によってネットワークされています。宇宙、大地、自然界の神羅万象、過去・未来・現在、あらゆる神仏、動植物、そして人々・・・あらゆる存在や現象、時空と繋がって支えあって人はこの世に存在しています。

まだ見ぬ未開拓の未来にも必ず自分を支える仲間がいます。自分に共感して力を貸してくれる人々や様々なご縁が出て来るものです。水瓶座(天王星)は物理的な制限(山羊座的)に捉われないネットワーク力を誇りますので、自分と相性の良い、高次元での縁やチャンスを運んで来てくれると信じてください。

現状を打破して、進みたい未来へ進むためには、今、何をすべきなのか・・・?小さなことからでも良いので自己改革のための行動を起こしましょう。

水瓶座新月を機に、迷わず一歩を踏み出してみましょう。

新月の始動パワーをサポートするバックアップ体制が整っています!!

それは・・・全天体の順行、そして1月25日が「一粒万倍日」であるということ。

全天体が順行しているので、変革が順調に進展します

宇宙の追い風にのって、自らの未来を創造して行きましょう!

201918192345.jpg

水瓶座の支配星である天王星が、1月11日に順行に戻ったことで、現在は全天体が順行しております。

全天体とは、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10天体のことです。

全天体の順行は2月16日までです。その後、3月11日~4月25日も全天体が順行します。今年度の全天体順行はこの2回のみとなります。

全天体の順行期間中は、願いや意志が具現化しやすいといわれており、新たな方向性に向けての変化もスムーズに進むと思われます。

天体の順行期間には、未来へと進むエネルギーが加速するでしょう。

腰が重く動きが鈍いと、宇宙の流れに乗りきれなくなってしまいますので、勇気をもって前進を心がけてください。

全天体の順行期間中は、あらゆるチャレンジが吉と出ます。
この滅多にない貴重なタイミングを見逃すことなく、無駄にせず、新たなことを始めたり、自らの成長につながる学びや行動を積極的に行って行きたいものです。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)とは・・・?

2020120152632.jpg

一粒万倍日は一粒の籾(もみ)が万倍にも実る素晴らしい稲穂になるという意味で、何かをスタートするには最良の日とされます。撒いた種が後になって万倍になって返ってくるとされる吉日で、この日に始めたことが大きな成果を生み出すと信じられています。一粒万倍日はひと月に4回~6回訪れます。

新月には願い事の宣言を!

新月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に願い事や目標を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を達成しました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

1月25日の新月は06:43に迎えます。皆さんもぜひ、8時間以内に願い事を書いてみてください。
8時間以内となると1月25日の14:42までです。

8時間以内に間に合わなかった場合は48時間以内でも大丈夫です。
その場合は、ボイドタイム(1月26日04:08~ 1月27日08:45)は避けましょう。
ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

ということは、1月25日中の願い事が良いですね。

1月25日 水瓶座新月からのメッセージ

地球のアセンションが進み、周波数が高まりつつある中で、
地球を取り巻くエネルギーがやさしいものに変わってきました。

過去の重たい周波数の中で四苦八苦しながら、
虚勢をはって鎧をまとって生きて来た、やさしい魂の持ち主たちよ。
もう
、そろそろ自分の殻から出てきても大丈夫です。
強がらなくても、あなたの光は人々に十分に伝わります。
さぁ鎧を脱いで
、やさしいあなたを存分に表現して行きましょう。
人々も本当はやさしさが欲しいのですから。

 

長い文章を最後までお読み頂き、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

2020年1月11日蟹座満月+半影月食~神聖な女性性(男女ともに)に向けての大浄化

身内、家族、母性、心、感情などがテーマです。

1月11日 AM04:21 頃に蟹座の位置で満月が起こります

1月11日の満月には特筆すべき5つのイベントが伴います。

①月のホームグラウンドである蟹座での満月⇒月のエネルギーが拡大・倍増します

②部分月食(半影月食)を伴う満月⇒パワフルです

③全ての10天体が順行に戻ります⇒未来へと進むエネルギーが加速する

④1月11日は鏡開きの日⇒宇宙の創造性のエネルギーとリンクしやすい日

⑤蟹座満月の真向かいの山羊座からの影響が大⇒現実面・仕事・基盤作りにも意識が向きます

蟹座を守護する惑星は「月」。水のエレメント(元素)を持ちます。

蟹座(月)は、「水」のエレメント(元素)を持っており、「女性宮(陰性)」のエネルギーに属する「活動宮」です。

201972195514.jpg

月も水も陰性(女性性)の性質を持っております

陰性の性質が強調されます。⇒  「受動的」「優しい」「穏やか」「引く」 「隠れている」  「静か」 「暗い」 「内向的」 「見えない」 などの性質が陰性の性質です。

「隠れている」「見えない」部分が明るみになり、自らが見ようとして来なかった、又は見ることができなかった負の感情があふれ出すような状況や出来事が起こるかもしれません。

月の示す象意

心、感情、母、母性、内面、女性性、無意識、潜在意識、受容性、看護、養育、住環境、故郷、やさしさ、おもいやり、胃、胸部、肝臓、水(液体)など。

蟹座満月は神聖な母、聖なる女性像を象徴します

蟹座の象意は・・・?

母性、家族、身内、仲間、保護、住環境、心、感情、プライベートなど

蟹座は保護する対象(子供や家族)のために自らの身を挺して守ることができる、母のようなエネルギーを持ちます。また、硬い甲羅に象徴されるように、強い防衛本能を持ち、自らの力では太刀打ちできないような事柄や相手に対しても果敢に立ち向かう勇気を持っています。

蟹座が象徴するように、神聖なる母性や女性性は強さやタフさを兼ね備えているものなのかもしれません。

やさしさやおもいやりは強い母性の賜物(たまもの)といえるでしょう。

月の本拠地「蟹座」での新月なので、月の持つ性質が拡大・倍増します

蟹座の守護星は「月」です。蟹座は月にとっての本拠地(ホームグラウンド)なので、月が活き活き、のびのびとパワーを発揮することができます。

蟹座満月の近辺では『母性的エネルギー』が高まります

占星術的には太陽は男性性とつながり、月は女性性とつながります。男性にも女性性があり、女性にも男性性があります。蟹座は非常に母性的エネルギーが高い星座です。母性とは、全てのものを抱擁、擁護し、育む、大らかで愛情深い性質のことです。これは女性のみならず男性にも必要な要素です。

蟹座満月の愛情に満ちた光を受け取り、満月のエネルギーが自らのオーラやチャクラを満たすイメージを持ってみましょう。

2020年11月11日 蟹座満月に向き合いたいテーマは・・・?

・家族間や身内との絆や理解を深める
・家庭内でのやさしさや思いやりを持つ
・身近な仲間や職場での仲間との理解を深める
・プライベートの充実
・母親との良き関係を築く
・母としての責任や役割を再確認する
・女性性(陰性)の調整(男女とも)
・住環境や職場環境を居心地の良いものに整える
・心や感情に関わるトラウマ・カルマの解放
・自らの基盤作り(グラウンディング強化)
・親族、親との関係性を良好にする
・先祖供養

半影月食という部分月食を伴うパワフルな満月です

201971614484.jpg

月食とは、太陽・地球・月の順番に一直線に並んだとき、つまり満月の時に月が地球の影に隠れて、月が欠けて見える現象です。月の一部が隠される現象を部分月食といい、月の全てが隠される月食を皆既月食といいます。

半影食とは、月の一部または全部が半影だけに入った状態。半影は薄い影なので、目で見ただけでは月が欠けているかどうかは、はっきりとはわかりません。

部分月食は1月11日の未明から明け方にかけて起こります。
食の始まりは02時8分頃、食の最大は04時10分頃、食が終わるのは06時12分頃です。食の時間帯は日本全国同じだそうです。

半影月食は、通常の満月よりも運気への影響が大きい!!!

月食は地球を挟んで太陽と月が一直線に並ぶ現象なので、地球に対しては太陽と月の両方から強力なエネルギーが注がれます。陰と陽、双方のエネルギーを受け、必要なエネルギーを受け取ると同時に不要なエネルギーの放出が起こるので、地球上では大きなデトックスが起こるでしょう。

さらに半影月食は、占星術の考えでは通常の満月よりも運気への支配力が強くなるそうです。

月食は通常1年に1回か2回ほどしか起こりませんが、2020年に日本で見られる半影月食はあと2回あります。6月6日の04:25と11月30日の18:43です。次に半影月食を年に3回日本で観測できるのは2049年、およそ30年後になるそうなので、今年は月のエネルギーを見逃すことができない年になりそうです。

月食のパワーは満月の巨大バージョン

月食は巨大な浄化・デトックスのパワーを持ちます。
様々な不必要を浄化・リリースし、さらなる上の波動領域へと歩みを進める良きタイミングとなります。
一人一人が新しい次元と同調し、真実の自分を生きていくために必要な浄化とリリース(手放し)を促します。満月と月食が重なる2020年1月11日は、満月×満月の巨大バージョンのエネルギーで、巨大な浄化パワーが皆さんにも及ぶことでしょう。

日食・月食のパワーは半端ない!!

日食や月食を伴う新月や満月は通常の新月・満月と比べるとエネルギーが巨大になります。
そのため、
地球上では大きな変化が起こりやすいといわれており、大きな浄化&好転反応が様々な形で起こる可能性も大きくなります。

個人レベルにおいても好転反応が強烈に出てくるので、体調を崩したり感情が不安定になる人が多いと思われます。人間関係や現実面、物質の紛失や破損という形で好転反応が出ることもあります。
しかし、これも毒や膿を出してリセットするためのプロセスなので自らの不具合としっかりと向き合って、自らを振り返り、反省し、手放しや改訂ができる部分には即刻着手しましょう。

このような影響は日食・月食・新月・満月の当日だけではなく、前後3日間くらいかもう少し長く続くことがあります。

そして・・・もう既に宇宙のリズム、地球のリズムと同調してアセンションの波にうまく乗れている人は、ぐーんとパワーアップし飛躍的に好調になったと感じるかもしれません。

全天体の順行期間に入りました。宇宙からは未来を切り拓くための追い風が吹きます。

宇宙の追い風にのって、自らの未来を創造して行きましょう!

201918192345.jpg

最後まで逆行していた天王星が、1月11日の10:48に順行に戻り、全天体が順行する状態になります。

全天体とは、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10天体のことです。

全天体の順行は1月11日から2月16日までの約1か月間です。その後、3月11日~4月25日も全天体が順行します。

全天体の順行期間中は、願いや意志が具現化しやすいといわれており、新たな方向性に向けての変化もスムーズに進むと思われます。

天体の順行期間には、未来へと進むエネルギーが加速するでしょう。

腰が重く動きが鈍いと、宇宙の流れに乗りきれなくなってしまいますので、勇気をもって前進を心がけてください。

全天体の順行期間中は、あらゆるチャレンジが吉と出ます。
この滅多にない貴重なタイミングを無駄にせず、新たなことを始めたり、自らの成長につながる学びや行動を積極的に行って行きたいものです。

1月11日は鏡開きの日。スピリチュアルなアンテナも全開になります!!

1月11日は「1」が3つ並ぶ神聖な日です

1月11日は『鏡開き』の日ですね。丸餅を鏡に見立てて餅を割り、鏡を開く事によって今後(未来)の運が開けるようにと願いを込めて行う伝統行事です。

「11」という数字は、カバラ数秘術では「スピリチュアル」を象徴する数字とされていますが、「11」には次の扉を開くという意味もあります。より高い次元を目指す創造力を表す数字です。

111が並ぶと「1」のエネルギーは最強になります。「111」は、高次元への扉を開き、創造力をもたらす数字ということになります。創造は前向きで未来的、物事を生み出すチカラ、幸福へと繋ぐ概念です。

1月11日、鏡開きの日は自らの未来への扉を開き、バージョンアップをはかるきっかけとなる吉日です。

⇒詳しい記事はコチラから

山羊座からの影響が大きい~公私のバランスもテーマとなる

蟹座満月が真向かいの山羊座に滞在中の太陽・水星・木星・土星という影響力の大きい天体たちと向かい合う配置になっており、山羊座のエネルギーの影響も大きく受けることになります。それは、現実面、仕事、基盤作り、グラウンディングなどをサポートするエネルギーです。
蟹座自体はプライベートや家庭に重きが置かれる星座ですが、山羊座からの影響により、仕事と家庭、社会と身内といった公私のバランスを取ることにもフォーカスが当たるでしょう。

満月から新月に向かう期間は排出する、捨てる、削ぎ落とすパワーが高まります

これからの未来で本来の自分を生きるために、新たな自分に生まれ変わるために、不必要なモノ・考え方・生活スタイル・習慣・トラウマ・環境・体重・肉体の不調などは、次の新月(1月25日)までの間に、着実に手放して行きましょう。

満月には「浄化・リリース(手放し)」のエネルギーが高くなります。
半年前(7月3日)の蟹座新月で立てた誓いや願い事が達成できているのかを自らチェックして、さらに削ぎ落とすものがあれば浄化・リリースしていく良きタイミングとなります。

削ぎ落とせるものは、落とせば落とすほど、シンプルな自分、無垢な自分、本来の自分に近づくことができます。仮に雨か曇りで月が隠れていても、満月のパワーは充分に受け取ることができます。

満月には手放し・浄化・リリースについての決意表明の宣言を!

満月を過ぎて新月に向かうまでの期間は、月が欠けていくのと同じように、手放したり削ぎ落すための策を積極的に進めると良い時期です。

なので、満月の日におすすめの願い事は、手放しやリリースについての決意表明です。

満月を迎えた時間から48時間以内(最強は8時間以内)に決意や願い事を、自筆で紙に書いておくと叶いやすいといわれています。決意や願い事の数は2つから10個までが妥当。「私は〇〇〇を手放しました。」「私は〇〇〇を辞めました。」のように、既に叶った時の形の肯定文で書くとよいそうです。

蟹座満月には、家庭・家族・母・女性性・心・感情・住環境・職場環境・仕事などの問題に対する不安やトラウマ、マイナスイメージを手放す宣言がお奨めです。

2020年1月11日のお奨め行動は身内や家族、仲間と過ごすこと。共に過ごすことが難しい場合は、電話やメール、SNSなどでコミュニケーションをとってみましょう。
月食&鏡開きのパワーを存分に受け取るには、神社仏閣の参拝や
パワースポット巡り、瞑想や内観、その他スピリチュアルな行動もお奨めです。

ボイドタイム(VOID TIME)に注意

ボイドタイム(VOID TIME)とは惑星のエネルギーを遮断してしまう時間帯のことです。

満月の時間は1月11日04:21です。
ボイドタイムは1月11日08:58~1月11日21:26です。
願い事(宣言)をする場合には、満月の起こった時間から8時間以内に書き出すのがパワフルであるといわれていますが、ボイドタイムは避けて願い事(宣言)を致しましょう。

8時間以内のタイミングを逃した場合は、満月の時間から48時間以内でもOKです。

1月11日 蟹座満月からのメッセージ

地球はマザーアースと呼ばれる『母なる』私たちの住処(すみか)。
大地に根ざし、地球意識を開くことが、私たちの内なる母性の開花へと繋がります。

地球は本来、全人類にとっての安住の地である筈です。

我々の住処(すみか)が居心地の良い、安心できる場所であるために、
ひとりひとりにできる何らかのことを行動に移してみてください。

人類みんなで地球を労われば、地球はもっともっと笑ってくるでしょう
地球はもっともっと優しさを与えてくれるでしょう。
地球はもっともっと愛に満ち溢れることでしょう。

地球を労われば、地球人も元気になります。

地球と地球人が元気になるように、月はいつでもエネルギーを送っていますので、
気がない時はいつでも、月を見上げてくださいね。

 

長い文章を最後までお読み頂き、ありがとうございました。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

数字「3」のはなし~なぜ「3」という数字が縁起が良いのか?

HOT TOPIC(1月1日)「お屠蘇のはなし~邪気払いや無病息災のための祝い酒」にて、下記を掲載しました。その続きを書きたいと思います。

3段重ねの盃それぞれに、3回に分けて酒を注ぎ、3回で飲むというお屠蘇の所作は『祝い酒』のしるしであるという ことができます。これは神前結婚式での三三九度の所作と同じです。
また、三が日の来客には、お屠蘇をすすめてから、新年のあいさつを交わすことが習わしです。


なぜ「3」という数字が縁起が良いのか?ということを紐解いてみたいと思います。

「みつ」という読みが縁起が良い

数字の「3」は、その読みが「みつ」であることから、「満つ(みつ)」や「充つ(みつ)」と意味を重ね合わせて、満たされる、思いや願いが叶う、充足感などを象徴する演技の良い「言葉」として考えられてきました。

三位一体は宇宙の根本原理~それは「安定」を表す

202014173638.jpg

「3」は魂、精神、肉体という三位一体を意味することから、さまざまな宗教においても需要な数字とされてきました。例えば、日本神道では、アメノミナカヌシ、タカミムスヒ、カミムスヒの三神を宇宙の根本神として「造化三神」と呼びます。ヒンドゥー教では、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの三大神がそれぞれ、創造、維持、破壊を司るとされています。また。キリスト教の宗教画にもよく正三角形が描かれており、この正三角形は神と子と聖霊の三位一体(トリニティ)を表しているそうです。

私たちの住んでいる三次元世界もまた、縦・横・高さという3つの座標で表される広がりから成り立っています。「過去・現在・未来」「上・中・下」「朝・昼・晩」「司法・行政・立法(三権分立)」など、この世には「3つ」で表されている表現が多く見られます。

このように、人間界や自然界を包括する宇宙の法則の中には「三位一体」という根本原理が存在します。

なぜならば「三位一体」は『安定』を作る概念だからです。
例えば、三角形は四角形に比べて「強い」構造を持っている安定した形で、建築物や橋の設計にもよく使用されている形です。

物質を形成する原子も、安定を求めて三角形に並ぶ性質があります。

二元性を超えて「3」に行きつく~ワンネスの世界

「1」はモノゴトが生まれることを表す『スタート』の数字。

「2」は『二元性』を表わす数字。
二元性とは相反する両極の性質を持つ「陰と陽」が対立して成り立っていると捉える概念。
「善と悪」「正と負」「光と闇」「過去と未来」「肉体と精神」「男と女」「あなたと私」などのように、モノゴトを二つの性質に区分、あるいは区別して捉える「分離的概念」の世界。
全ての物事を二つに割り切ってしまう考え方で、私達が現在生きている三次元世界での一般概念です。

「3」は二元性を統合することで、次に行きつく次元を表す数字。
それは、『一元性=ワンネス』の世界です。
一元性とは、「善であり悪でもある」「正であり負でもある」「光であり闇でもある」「肉体であり精神でもある」「過去であり未来でもある」「男であり女でもある」「あなたであり私でもある」という、全てのことが区別、分離されることなく一つで成り立っているという在り方です。
そこにあるのは、否定も肯定も、ジャッジすることもなく、ただ「ありのまま」を受け入れる境地です。

物事は1つで生まれ、2つになった時に異なる性質が表れ、3つ目が現れることで無限の可能性が広がります。

次世代の“量子コンピュータ”も「異なる2つの状態が同時に存在する」という概念を持つ

一般的な古典コンピュータの場合、基本的には「0」か「1」の羅列で情報を表現します。電気の流れがオンかオフかの状態を「1」か「0」で表します。これは、ある意味二元性的なアプローチです。
ところが量子コンピュータでは、「0」「1」という情報単位に、「0であると同時に1でもある」という情報単位を付加します。このような考え方を付加することによって、0と1のどちらの可能性も秘めた状態(重ね合わせ状態)の表現も可能になりました。このことで、量子コンピュータでは保持できる情報量が爆発的に増加します。

つまり、全てのことが区別、分離されることなく表現できる可能性が膨大になることで「可能性が無限大」になるということになります。

量子コンピュータもまた、二元性を超えた「一元性の要素を備える」3つ目の次元に到達したことを示しているのではないでしょうか?

「3」は仏教では「2」を超える『悟りを表す数字』

20201417397.jpg

仏教では「3」という数字は「2」を越える「中道」という悟りの概念を示します。中道は悟りを目指す上で大切にされている概念で、対立または矛盾しあう両極端の立場を離れ、両極端のどちらにも偏らない中正な立場を貫くことです。これもまた、ポジティブもネガティブもない、区分や区別、分離といった概念がないという「一元性」つまり「ワンネス」の世界に似ています。

お釈迦様も息子のラーフラ(ラゴラ尊者)に、「二を超える生き方をせよ」とおっしゃっていたそうです。

「3」は観音様とのご縁の数字

202014174034.jpg

仏教では、三十三間堂(1001体の千手観音を安置)や三十三観音などからも「3」という数字が観音様とのご縁の数字であるということがわかります。観音様は男も女も超えた存在。つまり陰陽が統合された高次元の存在であるということができます。

皆さんも「三十三観音巡り(巡礼)」という言葉を目や耳にしたことがあると思いますが、観音様が衆生済度(しゅじょうさいど)のために三十三体に姿を変えると説く経説に因んで、全国に「三十三観音霊場」が設けられています。衆生済度とは「生きているものすべてを迷いの中から救済し、悟りを得させること」という意味です。

※「18」もまた、観音様とのご縁の数字です。毎月18日は観音様の縁日(えんにち)で、18日の日に観音様をお参りすると観音様とのご縁が結びやすいといわれています。

水瓶座(アクエリアス)の時代は女性性の時代

タロットカード大アルカナの「3番」は『女帝』のカード

202014174257.jpg

地球の大きな変革サイクルの流れでいうと、西暦2000年頃、水瓶座(アクエリアス)の時代に入っており、その後の約2000年間が水瓶座の時代とされています。過去2000間年の時代はイエス・キリストの生誕(西暦の始まり)を起点としており、魚座(パイシス)の時代でありました。※水瓶座の時代の年代には諸説あります。

そして、中くらいの変革の流れでいうと、2020年12月22日には木星が水瓶座と重なり(グレートコンジャンクション)、そのタイミングで元素が「地」から「風」に切り替わり(グレートミューテーション)、水瓶座色がより濃厚になり本格的な水瓶座の時代を迎えます。水瓶座は風の性質を持っています。

魚座(パイシス)の時代は「男性性/男性原理」が中心となっていました。
水瓶座(アクエリアス)の時代は「女性性/女性原理」が中心となります。

魚座時代の象徴は「支配/分離(二元性)」です。
水瓶座時代の象徴は「自立/ワンネス(一元性)」です。

水瓶座時代は女性性の時代なので、「調和・平和・愛」が重んじられます。

さて、ここでタロットカードアルカナ「3番」『女帝』のカードのお話です。
女帝3番は、豊かさや愛情、繁栄、豊穣、母性愛、包容力、実りなどを象徴する「太陽・陽・母性」を表わす数字です。

つまり、タロットカードにおいても「3」は水瓶座の時代を象徴する「女性性」を表わす数字であるということができます。

そういえば、女の子のお祝い「雛祭り」も3月3日ですね。

「3」は奇数⇒変化への可能性を持っている

「3」は奇数で陽の性質を持ちます。奇数は割り切れないことから『変化』する可能性を秘めています。

私たちも「2」から「3」へ・・・一人一人の可能性が有限から無限へ

水瓶座(アクエリアス)の時代に合致した在り方を目指しましょう!

分離の世界から脱却して、否定的な考え方や自分の価値観で人やモノゴトを決めつけることを卒業して、どんなことも尊重してみるところから始めると良いと思います。
ただ、やみくもに嫌がるのではなくて、そこには何か意味があるんだということに着目してみましょう。
そうすることで、相互理解が生まれやすくなります。

全てを受け入れること、つまり、あらゆることに抵抗感がない状態になるのはそんなに簡単ではない筈。
でも、全ては繋がっていて、お互いに支え合っているということを意識においてみましょう。
自分と全体(自分以外の全て)は切っても切れない繋がりがあります。

『個は全体』であり『全体は個』であります。一元性の考え方です。
「個が活きれば全体が活きる」。「全体が活きれば個が活きる」。
だから、自分というオンリーワン(唯一無二)の「個」を活かして生きて行きましょう。
「個が活きる」・・・それが自立です。
一人一人の自立が全体を輝かせることになります。

「ワンネス」とは・・・とてもシンプルな状態です。

自分自身もシンプルになり「ワンネス」の境地に近づけば近づくほど、あなたという『個』の可能性が際限なく華開くことでしょう。

♪NO.1にならなくてもいい。もともと特別なOnly One♪


このように「3」は、あらゆる角度から考察してみても、素晴らしい意味を持つことから縁起が良いとされてきたのですね。


ストーンショップ「ハナレイ」TOPページはこちらから

各商品の通信販売はこちらから

各種“パワーストーン”の通信販売はこちらから

各種“フラワーエッセンス”の通信販売はこちらから

ハナレイへのアクセスはこちらから

店舗スケジュール

PAGE TOP